ホーム 海外仮想通貨 海外仮想通貨コラム

海外仮想通貨コラム

海外取引所に送金するのにおすすめの国内取引所!実際の送金方法と一緒に解説!

目次 海外取引所に送金するなら送金手数料無料のGMOコインが1番おすすめ 【スマホ版】GMOコインの海外取引所への送金方法 【PC版】GMOコインの海外取引所への送金方法 海外取引所へ送金するのにおすすめの国内取引所 まとめ 海外取引所に送金するなら送金手数料無料のGMOコインが1番おすすめ 海外取引所に送金をするのであれば、GMOコインが1番おすすめです!   GMOコインは、国内最大手の取引所の1つであり、GMOグループが運営している為、信頼性・安全性は非常に高いです!   そんなGMOコインが海外取引所を使う上でおすすめの理由は「送金手数料が無料」「主要通貨が取引所形式で売買可能」だからです! ここからは、その理由についてもう少し深堀りしていきます! GMOコインの詳細を見る 仮想通貨の送金手数料が無料 GMOコインの仮想通貨送金(送付)手数料は完全無料です!   その為、海外取引所を使う上で無駄な手数料を取られることがありません! 海外取引所を使うなら、GMOコインに登録しておいて損はありません!   ただ、送付する通貨によっては最低送付可能量が比較的高い通貨もあります。 以下の表を参考に、ご自身が送付したい金額に適した通貨を選択するのが良いでしょう。 送付するのに必要な最低金額 BTC:0.02BTC ETH:0.1ETH BCH:0.02BCH LTC:0.1LTC XRP:50XRP XEM:100XEM XLM:60XLM BAT:40BAT OMG:100OMG XTZ:5XTZ QTUM:5QTUM ENJ:10ENJ GMOコインの詳細を見る 主要な通貨を取引所形式で購入可能 GMOコインでは、海外取引所で基軸通貨となるような主要な通貨たちを取引所形式でお得に買う事ができます!   GMOコインであれば、送金手数料だけでなく無駄なスプレッドや取引手数料(Maker:ー0.01%)も掛からず主要通貨の購入から海外取引所への送付まで出来ます!   上記でも言いましたが、送付できる最低金額は通貨によって違いますのでそこには十分注意しましょう!   取引所形式で売買可能な通貨 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) ビットコインキャッシュ(BCH) ライトコイン(LTC) リップル(XRP) 少しでも早く送金したい場合はリップルかステラかネムを使おう! 少しでも早く海外取引所に送金して、取引のタイミングを逃したく時ってありますよね。 そんな時は、リップル、ステラまたはネムを使うことをおすすめします!   通貨の特性的にそれら3つの通貨は送金が最短で数秒で完了します!その中でもリップルであれば、GMOコインで取引所形式で扱われているのでお得に購入でき、迅速に送金までする事ができます!   GMOコインの詳細を見る   *リップルの送金時には「宛先タグ」が必要となります。こちらの宛先タグをちゃんと記入できないと着金しない事がありますのでお気をつけください。 リップル ステラ ネム 送金所要時間 最短数秒〜 最短数秒〜 最短1分〜 最低送付金額 50XRP 60XLM 100NEM 取引所形式 ◯ ✖︎ ✖︎   【スマホ版】GMOコインの海外取引所への送金方法 実際にGMOコインから海外取引所への送金方法を解説します! ここでは、GMOコインのスマホアプリでの送金方法を解説します! PCから送金される方は、こちらから「PCでの送金方法」をご確認ください!   GMOコインから海外取引所への送金方法【スマホ版】 Step1:ホーム画面の「預入/送付」から送金する銘柄を選択する ...

海外でしか買えない仮想通貨おすすめランキング2021年完全版|国内には上場していない700通貨を徹底考察

「海外取引所でしか買えないおすすめの仮想通貨ってなんだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか?   確かにたくさんありすぎて何を買えばいいのかよくわからないですよね。   この記事では700種類の通貨を徹底比較し、海外でしか買えないおすすめの仮想通貨と購入できる海外取引所を紹介していきます! この記事を読めば将来性の高い仮想通貨を今日から手に入れることができます! この記事でわかること 海外通貨おすめNo.1はCOSMOS 草コインおすすめNo.1はCAKE 海外仮想通貨で利益を最大化・損益を最小化する方法 海外仮想通貨の購入は圧倒的にBinanceがおすすめ! Binanceの詳細を見る 目次   海外限定の仮想通貨おすすめ銘柄ランキングBEST5 海外限定のおすすめ草コインランキングBEST3 海外仮想通貨の銘柄で利益を最大化するポイント 今後伸びる可能性が高い海外銘柄の特徴 海外のおすすめ仮想通貨 まとめ 海外限定の仮想通貨おすすめ銘柄ランキングBEST5 まず最初に紹介するランキングは海外でしか買えない仮想通貨700種類を徹底比較して分かった2021年注目の仮想通貨BEST5です!   国内取引所では買えない、将来性抜群のおすすめ海外仮想通貨とその理由・将来性を解説していきます! 2021年おすすめ海外仮想通貨BEST5 1位:COSMOS(コスモス/ATOM) 2位:FTXトークン(FTT) 3位:バイナンスコイン(BNB) 4位:Polkadot(ポルカドット/DOT) 5位:Cardano(エイダコイン/ADA) ※必ず当たることを保障したものではないので、あくまで投資は自己責任でお願いします。 COSMOS(コスモス/ATOM) 通貨単位 ATOM 時価総額 ¥492,955,191,467 時価総額ランキング 22位 発行上限 237,928,231 ATOM コンセンサスアルゴリズム PoS 公式サイト 公式HP Twitter CoinMarketCapより引用/2021.3.19.現在   2014年にTendermint社が設立され、ビットコインやイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決すべくCOSMOSは開発されました!   ビットコインは新しいブロック作成に10分ほどかかりますが、COSMOSは1~3秒でブロック作成が可能です。 また、異なるブロックチェーン同士をつなぐクロスチェーン技術を持ち合わせることから様々な分野での活躍が期待され注目を集めています。 COSMOS(コスモス/ATOM)の将来性   COSMOSはTendermintを使って分散型アプリケーションや分散型取引所を作成することが可能です! このような技術は多くのアプリ開発者から注目され、他にも様々な分野に応用できるので将来性がかなりあると言えるでしょう。   また、大手取引所Binanceのブロックチェーン技術にも使われているので今後も需要があるでしょう。   ATOMは流通量がかなり少なく希少性が高いので、年利もかなり高く、ステーキングなどの資産運用でも人気の通貨です!   COSMOS(コスモス/ATOM)のおすすめ海外取引所 取引方式 現物・信用・先物取引 取扱通貨数 200種類以上 取引手数料 【スポット取引手数料】 メイカー:~0.1% テイカー:~0.1% 日本語対応 公式HP:〇 アプリ:〇 日本語チャット機能 公式サイト 公式HP Twitter Facebook   ATOM購入におすすめの取引所はBinance(バイナンス)です!   CoinMarketCapの海外取引所総合ランキング・24h取引高ランキングでは世界第1位を誇り、取扱通貨数は200種類以上、手数料も安く、セキュリティ対策も万全の超ハイスペックな取引所になります!   利用者は全世界で1000万人を超え、日本語対応しているので日本人ユーザーもかなりいます。   取扱通貨数は200種類を超え、ATOM以外にも様々な仮想通貨(暗号資産)や草コインを取引することができるので登録しといて損はないでしょう!   ATOMは以下の通貨で取引することができます。 USDT・BUSD・USDC・BNB・BTC   Binanceの詳細を見る FTXトークン(FTT) 通貨単位 FTT 時価総額 ¥421,531,630,775 時価総額ランキング 26位 発行上限 350,000,000FTT コンセンサスアルゴリズム - 公式サイト 公式HP Twitter Facebook CoinMarketCapより引用/2021.3.19.現在   FTTとは2019年7月29日に上場したFTXの独自トークンになります。   持っていると手数料割引など、FTXユーザーにお得な特典が付いてきます! FTTはFTXユーザーに有利なだけでなく、投資的な観点から見ても魅力的な仮想通貨(暗号資産)です。 FTXトークン(FTT)の将来性   FTTには以下のようなメリットがあります。 先物取引において証拠金として利用できる 一定量保有すると先物取引で手数料を割引することができる ...

仮想通貨トロン(TRON/TRX)とは?特徴から今後の将来性・購入方法まで徹底解説!

「トロン(TRON/TRX)ってどんな仮想通貨なんだろう?」 そんな疑問をお持ちではないですか? 確かに海外の暗号資産(仮想通貨)って情報もそこまで多くないので、安心して取引できるのか、将来性はあるのかなどとても気になりますよね。 そこで今回は海外投資エージェントがトロン(TRON/TRX)の特徴から将来性・購入方法まで徹底解説します! ぜひ取引する上での参考にしてください! この記事を簡単にまとめると トロンは動画コンテンツを配信できるプラットフォーム 資金調達(ICO)が独自にできる 提携先が豊富で今後の事業の拡大性が高い クリエイターを応援しやすいプラットフォーム! 世界最大級の仮想通貨取引所 Binanceの詳細を見る 目次   トロン(TRON/TRX)とは トロン(TRON/TRX)の今後・将来性とは? トロン(TRON/TRX)の最新価格・チャート トロン(TRON/TRX)を購入できる海外取引所 トロン(TRON/TRX)の購入方法 トロン(TRON/TRX)の注意点 トロン(TRON/TRX)に関するQ&A トロン(TRON/TRX)とは トロン(TRON/TRX)の基本情報 通貨名 TRON 通貨単位 TRX 開発者 Justin Sun 発行枚数 1000億TRX 承認アルゴリズム DPoS 公式サイト tron.network トロン(TRON/TRX)は2017年に発行された比較的歴史の浅い仮想通貨で、TRONはプラットフォームの名前、TRXが通貨の名前になります。 そんなトロンを開発したのは世界的にも活躍しているJustin Sun氏です。 彼は世界最大の経済紙であるForbesで「アジア圏で活躍する30人」に選ばれるほどの人物でありストリーミング配信アプリ:Peiwoの創設者兼CEOでもあります。そんな彼が開発した通貨としてトロンは非常に注目を浴びています。 動画コンテンツを配信できるプラットフォーム トロン(TRON/TRX)は動画などのコンテンツを自由に配信できるプラットフォームです。 従来の動画サイト(YouTubeなど)は広告収入に頼ったサービスなのでコンテンツの面白さなどがそこまで重要な要素にはならず、広告さえ流れればどんなに面白くないコンテンツでも広告料が入るという仕組みでした。 そこでトロンの動画サービスではこのような状況を打開するためにコンテンツ自体の面白さ・評価によってお金が発生する仕組みを作りました。そのような仕組みを作る事によりしっかりと質の高い動画が高い評価を受けるため、結果としてトロンのコンテンツ全体の質が上昇することにもつながります。 個人で資金調達(ICO)が独自にできる トロン(TRON/TRX)では資金調達(ICO)ができるという特徴があります。 クリエイターはコンテンツを作るための費用が無いときなどはICOで独自のトークンを発行し、それを売ることで資金調達を行います。発行したトークンはネットワークを流通し、そのクリエイターの作品に価値がつけば、同時にトークンのレアリティも高まり価値も上昇するので、クリエイターの実力も可視化されやすく評価の基準が分かりやすくなります。 本人確認なしで簡単取引! Binanceの詳細を見る トロン(TRON/TRX)の今後・将来性とは? 提携先が豊富で事業の拡大性が高い トロン(TRON/TRX)は様々な大手企業と提携しており今後の事業の拡大性が非常に高いといえます。 そんなトロンの主な提携先がこちらの4つです。 Peiwo:ストリーミング配信 Game.com:ブロックチェーンゲーム開発 Obike:自転車シェアリング Baofeng:中国版Netflix(動画配信サービス) このように、トロンは各界隈の大手企業と提携を結ぶことで、トロン自身の信用性を高め、トロンを利用してもらう機会を増やすことで、サービスの活性化を促しています。 独自の承認アルゴリズム(DPoS)を採用している トロン(TRON/TRX)ではDPoSを改良したものを承認アルゴリズムとして採用しています。 DPoSとは簡単に言うと、PoWとPoSの欠点を改善した承認アルゴリズムです。 DPoSでは、トークン保有量に応じて選ばれた投票者が承認者を選出することで、トークン保有量が多いユーザーだけが承認権を得るというデメリットを補っており、承認者以外にも報酬を獲得する参加者をランダムに選出することで、投票権を持つトークン保持者にもインセンティブが与えられるような仕組みになっています。 このように、トロンでは独自に改良した承認アルゴリズム(DPoS)を採用しています。 誰もが満足できるエンターテイメントシステムを提供している トロン(TRON/TRX)では、従来のようなプラットフォームで流れる広告から収益を上げるのではなく、プラットフォーム内のコンテンツ自体から収益を上げる仕組みを構築しているので、コンテンツ作成者は自分が面白いと思うものを配信し、ファンはそれをトークン購入という形でサポートすることで、トロンネットワークの経済を回しています。 また、コンテンツ作成者は、従来の中央集権的なプラットフォームにチャネル料金を支払う必要がありません。 そのため、トロンではコンテンツ作成者自身がコンテンツの所有権を持つ、無料のコンテンツエンターテイメントシステムを提供することができます。 クリエイターとの距離が近い トロン(TRON/TRX)はクリエイターを応援しやすいプラットフォームです。 クリエイターが出している商品を購入したり、メッセージを送るなどの従来の応援方法に加え、ファンはクリエイターが発行している独自のトークンを購入するという形で直接的にクリエイターを応援することができます。また、チップをあげるなどといった応援も可能です。そして、クリエイター側はファンから資金面で応援してもらうことで、より面白い・質の高いコンテンツを作成することができます。さらに、資金面だけではなく、独自のコミュニティを形成することもできるので直接交流などもすることができます。 結論:トロン(TRON/TRX)の今後の展望と将来性は? トロン(TRON/TRX)の将来性は比較的高いといえるでしょう。 先ほども述べたように、様々な企業と提携していることで今後の事業の拡大にはつながります。さらには日本の企業との提携が決まればより認知度も上がり、国内取引所での取扱いが始まるかもしれません。(2021年3月17日よりBITPointにて取り扱いが開始されました) また、資金調達(ICO)ができるのでクリエイターは自身の作りたいコンテンツを作成し、その評価によって作品の価値が決められるため今後トロンのプラットフォームを利用したいと思うクリエイターが増える可能性は非常に高く、結果的にプラットフォームが活性化していくと予想することができます。 ICOの自体の規制は気になりますが、プロジェクトそのものはうまくいけば、将来が楽しみだと言えるでしょう。 日本語に対応している! Binanceの詳細を見る トロン(TRON/TRX)の最新価格・チャート

Filecoin(ファイルコイン/FIL)の購入方法とマイニングについてチャート分析を踏まえた将来性・価格動向と共に解説!

「Filecoin(ファイルコイン/FIL)ってどうやって購入しよう?」 あなたは今こうお考えではないですか? 確かに今後の将来性があるなら購入したいですよね。 この記事では海外投資エージェントがファイルコイン購入におすすめの取引所やそこでの購入方法、将来性、マイニングについてなど徹底的に解説していきます! この記事を読めばファイルコインを取引やマイニングでスムーズに手に入れることができます! ファイルコインの魅力 ICO資金調達額は歴代2位の280憶円超えで上場前から大きな期待 ウィンボルクス兄弟など多くの有名投資家も目をつけているコイン! 今のネットワークを支配しているHTTPに代わる新たなネットワークを作成 Googleなどの大企業もファイルコインの基盤となるIPFSネットワークを採用 業者に資金を預けるだけの投資、ファイルコインの配当が最も高いマイニングもおすすめ! FIL購入におすすめの取引所 Binanceの詳細を見る 目次   Filecoin(ファイルコイン/FIL)とは Filecoin(ファイルコイン/FIL)の将来性は?チャート分析を踏まえて今後を予想! Filecoin(ファイルコイン/FIL)購入におすすめの取引所 Filecoin(ファイルコイン/FIL)の購入ステップ Filecoin(ファイルコイン/FIL)のマイニングとは Filecoin(ファイルコイン/FIL)のマイニングにおすすめの会社 Filecoin(ファイルコイン/FIL)に関するQ&A Filecoin(ファイルコイン/FIL)まとめ Filecoin(ファイルコイン/FIL)とは プロジェクト名 Filecoin(ファイルコイン) トークン名 FIL コンセンサスアルゴリズム Proof of Storage 発行上限 20億FIL 時価総額 ¥100,654,894,872 時価総額ランキング 39位 公式サイト 公式HP Twitter ファイルコインは2017年からICOが開始され、2020年10月にローンチされた比較的新しいコインです。 ここからは有名投資家たちも上場前から注目していたファイルコインの特徴を解説していきます! ICOの資金調達額が歴代2位 ファイルコインのICO資金調達額は280億円以上で歴代2位を記録しています! このICOにはウィンクルボス兄弟やスカイプ、コインベース、スタンフォード大学など多くの有名投資家や大企業が参加しています。 このような多くの資産を運用している投資家が投資しているファイルコインは上場前から将来性がかなり期待されていました。 ネットワークの仕組み変革するIPFS ファイルコインは分散型ストレージシステムです。 ユーザー同士で直接データファイルを共有できるP2P方式というブロックチェーン技術を用いることで今まで使われていたHTTP方式のネットワーク問題を解決します! ユーザー同士が直接やり取りするので管理者に依存せず、負荷が分散されアクセス集中でサーバーが重くなることも減り、データ管理のコストも削減できます。 Google、NASA、Wikipediaなど多くの大企業がこのようなIPFSのネットワークを採用すると発表しているので今後も多くの需要が見込まれます! まさにファイルコインはネットワークをHTTPからIPFSに変革させる重要なコインと言えるでしょう。 FILを買うならココ Binanceの詳細を見る Filecoin(ファイルコイン/FIL)の将来性は?チャート分析を踏まえて今後を予想! Filecoin(ファイルコイン/FIL)のチャート分析・価格動向

WBTC(Wrapped Bitcoin)とは?特徴・将来・購入できる取引所・BTCとの違いを解説!

「WBTC(ラップドビットコイン/Wrapped Bitcoin)ってどんな暗号資産なんだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか? 確かにビットコインと似ていますが国内取引所にはない銘柄なのでわからないですよね。 この記事では海外投資エージェントがWBTCの特徴やメリット、チャート分析、購入におすすめの取引所まで詳しく解説していきます! この記事を読めばWBTCの特性を理解し今日から取引することができます! WBTCの魅力 保有・送金だけじゃない!WBTCを使えばイーサリアム上でBTCが利用可能に BTCを保有しつつBTCをDeFi系レンディングサービスに使える! 価格は1BTC=1WBTC、BTCのステーブルコイン BTCを保有しつつ更にそのBTCを資金運用したい方におすすめ! BTC保有だけが目的ならWBTCは購入しない方がおすすめ WBTC購入にオススメ Binanceの詳細を見る 目次   Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン/WBTC)とは Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン/WBTC)のメリット Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン/WBTC)の将来性は?チャート分析を踏まえて今後を予想! Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン/WBTC)購入におすすめの取引所 WBTCとBTCは何が違うの? Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン/WBTC)に関するQ&A Wrapped...

COSMOS(コスモス/ATOM)の購入方法|将来性・価格動向をチャート分析と共に解説!

「COSMOS(コスモス/ATOM)はどのように購入すればよいだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか? 確かに国内取引所では見かけない通貨なのでよくわからないですよね。 この記事では海外投資エージェントがCOSMOSの特徴やチャート分析を踏まえた将来性、購入できる取引所と購入方法までわかりやすく解説していきます! この記事を読めば最適な取引所でCOSMOSを購入することができます! COSMOSの魅力 基礎となるTendermintで分散型取引所やDAppsが作成できる! 異なるブロックチェーンを繋げる技術は多くの開発者から注目されてる Biance DEX(分散型取引所)にも使われており将来性が高い 一時よりかなり価格が下がったので買うなら今! 報酬が高いステーキングが人気! ATOM購入に最適 Binanceの詳細を見る 目次   COSMOS(コスモス/ATOM)とは COSMOS(コスモス/ATOM)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! COSMOS(コスモス/ATOM)購入におすすめの取引所 COSMOS(コスモス/ATOM)の購入ステップ COSMOS(コスモス/ATOM)に関するQ&A COSMOS(コスモス/ATOM)まとめ COSMOS(コスモス/ATOM)とは 価格 ¥497.59 JPY 時価総額 ¥103,327,983,472 JPY 市場ランキング 29位 発行上限 237,928,231 ATOM コンセンサスアルゴリズム PoS 公式サイト 公式HP Twitter 2014年にJae Kwon氏によってビットコインやイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するためにTendermint Inc.が設立されました。 ビットコインは新しいブロック作成に10分ほどかかりますが、COSMOSは1~3秒でブロック作成が可能です。 また、異なるブロックチェーン同士をつなぐクロスチェーン技術を持ち合わせることから様々な分野での活躍が期待され注目を集めています。 基盤はTendermint COSMOSはTendermintというシステムを基盤としています。 Tendermintはブロックチェーンなどの分散化ネットワークでの不正を防止したり、簡単なプログラミング言語でDApps(分散型アプリケーション)を作成するなど優れた技術です。 大手取引所BinanceはこのTendermint技術を使ってBinance Chainという独自のブロックチェーンを作り上げました。 BinanceがTendermintを利用したことでCOSMOSの注目度そして将来性も上がったと考えられます。 優れたクロスチェーン技術 暗号資産(仮想通貨)は様々な種類が存在しますが、ブロックチェーンが異なるため暗号資産(仮想通貨)同士の交換ができません。 COSMOSは取引所を介さずCOSMOS...

仮想通貨IOTA(アイオタ)の購入方法とは?IOTAの特徴や将来性と共に徹底解説!

「IOTA(アイオタ)ってどうやって購入するんだろう?」 そんな疑問をお持ちではないですか? 確かに海外の暗号資産(仮想通貨)って情報も少ないし安全に取引できるか不安ですよね! そこで今回は海外投資エージェントがIOTA(アイオタ)の特徴・将来性や購入方法について徹底解説します! この記事を簡単にまとめると、、、 IOTAはIoT社会の実現・普及を目指した暗号資産(仮想通貨)である。 コア技術にTangleを採用してるから手数料が無料。 海外取引所から購入することができる。 IOTAを購入するならBinanceがおすすめ! 日本語に対応している! Binanceの詳細を見る 目次   IOTA(アイオタ)の特徴 IOTA(アイオタ)の今後・将来性とは? IOTA(アイオタ)の購入方法 IOTA(アイオタ)を購入できるおすすめ取引所3選 IOTA(アイオタ)で暗号資産(仮想通貨)FXができるおすすめ取引所 IOTA(アイオタ)に関するQ&A IOTA(アイオタ)購入のまとめ IOTA(アイオタ)の特徴 基本情報 通貨単位 IOTA 発行上限 約28億枚 開発者 David Sønstebø Sergey Ivancheglo Dominik Schiener Serguei Popov 承認アルゴリズム PoW(Proof of Work) 公式サイト Instagram Twitter YouTube LinkedIn Discord GitHub Reddit IOTA(アイオタ)はIoT(Internet of...

仮想通貨WAVES(ウェーブス)の購入方法を将来性と共に解説!

「WAVES(ウェーブス)ってどうやって購入するんだろう?」 そんな疑問をお持ちではないですか? 確かに国内で取り扱っていない通貨に関しては様々な疑問が生まれますよね! そこで今回は海外投資エージェントが最新価格やチャートから分かるWAVES(ウェーブス)の将来性や購入方法を徹底解説します! この記事を読めば、おすすめの取引所でWAVESを購入して取引できるようになります! この記事を簡単にまとめると、、、 WAVESは独自のトークンを発行できる。 LPoS方式を採用している。 海外取引所なら購入できる。 WAVESを購入するならBinanceがおすすめ! 日本語に対応している! Binanceの詳細を見る 目次   WAVES(ウェーブス)の特徴 WAVES(ウェーブス)の今後・将来性とは? WAVES(ウェーブス)の購入方法 WAVES(ウェーブス)を購入できるおすすめ取引所3選 WAVES(ウェーブス)に関するQ&A WAVES(ウェーブス)購入のまとめ WAVES(ウェーブス)の特徴 WAVES(ウェーブス)の基本情報 通貨単位 WAVES 総発行量 100,000,000WAVES 開発者 Sasha Ivanov 承認アルゴリズム LPoS方式 公式サイト Twitter medium Telegram reddit YouTube discord WAVES(ウェーブス)とは、2016年に最も金額を集めたロシア発のICOプロジェクトであり、個人が独自のトークンを発行できるプラットフォーム型の暗号資産(仮想通貨)です! 独自のトークンを発行できる ウェーブスでは誰でも簡単に独自のトークンを発行することができます。 独自のトークンは、トークンの名前・総発行量・最小単位などを決めるだけで発行することができます。 また、トークンを発行する目的・用途によって機能をカスタマイズすることができるので、「個人」や「小規模事業者」に対して強みを発揮しやすいです。 LPoS方式を採用している WAVESではブロックの承認システムに「LPoS方式(Leased Proof of Stake)」という珍しいシステムを採用しています。 LPoS方式とは、各ユーザーがトランザクションデータをすべて所有しているフルノードに自分の持っているWAVESを貸し出すことのできる方式です。 ウェーブスを借りる側はブロック生成がしやすくなって手数料をもらうことができ、貸す側は利息としてエアドロップを得ることができるのでWin-Winなシステムとなっています。 政府からの容認を受けやすい WAVESが拠点としているロシアでは暗号資産(仮想通貨)の規制が始まります。 法定通貨の存在を脅かすものとして、暗号資産(仮想通貨)が規制される動きは当然ですが、Wavesは暗号資産(仮想通貨)が法定通貨に取ってかわることを目指しているのではなく、様々なものをトークン化し、それらで取引を行うことができる便利な世の中を目指しています。 そのため、政府からの容認を比較的受けやすいのです。 実際、どのような対応を取られていくのかは不明なので、政府の動向はこれからも確認する必要があります。   独自のトークンを発行できる! Binanceの詳細を見る WAVES(ウェーブス)の今後・将来性とは? WAVESの最新価格・チャート TradingView提供のWAVESUSDチャート ...

仮想通貨EOS(イオス)の購入方法とは?EOSの特徴や将来性と共に徹底解説!

「仮想通貨EOS(イオス)ってどうやって購入するんだろう?」 そんな疑問をお持ちではないですか? 確かに海外の仮想通貨って情報も少ないし安全に利用できるか不安ですよね! そこで今回は海外投資エージェントが最新価格やチャートから分かるEOS(イオス)の将来性や購入方法を徹底解説します! この記事を読めば、おすすめの取引所でEOS(イオス)をお得に取引できるようになります! この記事を簡単にまとめると、、、 EOSはトランザクション処理速度が非常に優れている。 EOS上では取引手数料が無料。 コンセンサスアルゴリズムにDPoSを採用している。 EOSを取引するならBinanceがおすすめ! 日本語に対応している! Binanceの詳細を見る 目次   EOS(イオス)の特徴 EOS(イオス)の今後・将来性とは? EOS(イオス)の購入方法 EOS(イオス)を購入できるおすすめ取引所 EOS(イオス)で仮想通貨FXができるおすすめ取引所 EOS(イオス)に関するQ&A EOS(イオス)購入のまとめ EOS(イオス)の特徴 基本情報 通貨単位 EOS 発行年 2017年 開発者 Brendan Blumer Daniel Larimer トランザクション処理速度(件数/秒) 1,000,000以上 承認アルゴリズム DPoS 公式サイト Facebook Twitter Instagram LinkedIn YouTube GitHub medium 仮想通貨EOS(イオス)は2017年に、「EOSプロジェクト」を遂行するための資金調達に用いられた暗号資産(仮想通貨)です。 トランザクション処理速度が1,000,000以上と他をよせつけないほどの圧倒的な数値を誇っています。 トランザクション処理速度がとても優れている トランザクションとは「暗号資産(仮想通貨)データの取引」のことで、EOSはこのトランザクション処理速度が他を圧倒するほど速いです。 名称 処理速度(件数/秒) EOS(イオス) 1,000,000以上 BTC(ビットコイン) 6 ETH(イーサリアム) 15 XRP(リップル) 1,500 Google 40,000 ビットコインやイーサリアムなどでは送金する際に起こる遅延問題であるスケーラビリティ問題が深刻化しています。 ですがご覧の通りEOSはトランザクション処理速度が圧倒的に速いので、今後EOSのユーザーが増加したとしてもこの問題が起こる可能性は極めて低いでしょう。 取引手数料が無料 EOSは手数料を取らない代わりに年率5%のトークンが配布される仕組みになっているため、取引手数料が無料です。 取引手数料がかからないため、将来的にEOSをビジネスで利用する企業にとっては大きなコスト削減になります。 DPoSを採用している DPoS(Delegated Proof of Stake)とはEOSが採用しているコンセンサスアルゴリズムです。 簡単に言うと、PoW(Proof of Work)とPoS(Proof...

ビットコインSV(BSV)の買い方|将来性・おすすめ取引所・価格動向を徹底解説!

「ビットコインSVってどんな仮想通貨なんだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか。 確かに日本では扱っていないので詳しい情報がわからないですよね。 この記事では海外投資エージェントがビットコインSVの特徴やチャート分析を踏まえた将来性、購入できる取引所と購入方法まで詳しく解説していきます。 この記事を読めばビットコインSVの正体がはっきりわかり、取引まで開始できます! ビットコインSVの将来性 ビットコインを改良してできた第二のBTC 無駄を省いたシンプルさは汎用性が非常に高い 時価総額ランキング13位! BSV取引におすすめの取引所はFTX BSVを買うならココ FTXの詳細を見る 目次   BitcoinSV(ビットコインSV)とは BitcoinSV(ビットコインSV)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! BitcoinSV(ビットコインSV)が購入できるおすすめ取引所3選 BitcoinSV(ビットコインSV)の購入ステップ BitcoinSV(ビットコインSV)に関するQ&A BitcoinSV(ビットコインSV)まとめ BitcoinSV(ビットコインSV)とは 価格 ¥19,531.19 JPY 時価総額 ¥363,336,359,163 JPY 市場ランキング 12位 発行上限 2100万 コンセンサスアルゴリズム PoW ビットコインSVとはビットコイン(BTC)→ビットコインキャッシュ(BCH)→ビットコインSV(BSV)と2回のハードフォークを経てできたものです。 ここからはビットコインSVの特徴を紹介していきます。 安全かつシンプルな機能 まず、ビットコインキャッシュはビットコインの取引量増加により生じた送金コストと処理時間の増大(スケーラビリティ問題)を解決するために生まれました。 そのビットコインキャッシュがハードフォークされた際に生まれたのがビットコインSVになります! そしてビットコインSVは初期ビットコインのように無駄な機能を省き、ブロックサイズを大きくしてよりスムーズに安全に使用できることが目指されました。 ハッシュ戦争で敗北 ビットコインキャッシュがハードフォークされた際、ビットコインSVとビットコインABCに分かれました。 ビットコインSV:スムーズに使用できるほかはシンプル ビットコインABC:イーサリアムのような拡張機能の付け足しが可能 方向性がかなり異なることから対立は続き、どちらがより長いブロックチェーンを作成できるかを競うハッシュ戦争に発展しました。 ハッシュ戦争はビットコインABCが勝ったので、ビットコインキャッシュの通貨単位や名称を引き継ぎ、現在のビットコインキャッシュとなっています。 そして、敗北したビットコインSVは現在ビットコインキャッシュとは別物として存在します。 BSVが買える取引所 FTXの詳細を見る BitcoinSV(ビットコインSV)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! BitcoinSV(ビットコインSV)のチャート分析・価格分析 TradingView提供のBSVBTCチャート ...

ポルカドット(DOT)の購入方法|将来性・おすすめ取引所・価格動向を徹底解説!

「polkadot(ポルカドット)って人気みたいだけどなんでなんだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか。 たしかに人気のDeFiトークンですが他と何が違うのかわかりませんよね。 この記事では海外投資エージェントがポルカドットのチャート分析を踏まえた将来性、購入できるおすすめ取引所から購入方法まで詳しく解説していきます。 この記事を読めばポルカドットの将来性や他のDeFiトークンとの違いが分かるようになります! ポルカドットの魅力 より多くのトランザクションを簡単に処理できる点でイーサリアムより優れている 新しいブロックチェーンを作る技術は多くのアプリ開発者が注目しているため将来性が高い 現在のweb環境下の問題を解決した完全分散型のwebを実現し次世代のインターネット環境を担う DOTを買うならBinanceがおすすめ! 今すぐDOTが購入できる Binanceの詳細を見る 目次   polkadot(ポルカドット)とは polkadot(ポルカドット)の将来性を解説! polkadot(ポルカドット)購入におすすめの取引所3選 polkadot(ポルカドット)の購入ステップ polkadot(ポルカドット)に関するQ&A polkadot(ポルカドット)まとめ polkadot(ポルカドット)とは 価格 ¥540.15 JPY 時価総額 ¥481,816,248,950 JPY 市場ランキング 10位 発行上限 1000万 コンセンサスアルゴリズム GRANDPA ポルカドットはイーサリアムの共同創業者ギャビン・ウッド氏によって作られ、5月にローンチ、8月に取引が開始されました。 2021年1月現在、時価総額4位の人気DeFiトークンです! ポルカドットの特徴は以下の通りです。 より多くのトランザクションを簡単に処理 これまでのビットコインやイーサリアムのブロックチェーンはそれぞれが独立し一方向のみでした。 しかし、ポルカドットはパラチェーンを介してブロックチェーン間の相互運用性を実現しました。 また、トランザクションは順番に処理されることがほとんどですが、パラチェーン間のやり取りは並列処理で行われます。 よってポルカドットはイーサリアムより多くのトランザクションを簡単に処理することを可能にしました。 より高度なアプリやサービスを作成 異なるブロックチェーンを繋げるポルカドットのリレーチェーンは独自のアプリケーションロジックを持つことができるように十分に汎用的です。 そのため新しいブロックチェーンや機能を生み出すことが可能になり、それを使ったより高度なアプリやサービスの開発が実現できます。 このような技術からポルカドットは多くのアプリケーション開発者からも注目されています。 完全分散型のwebを確立 ポルカドットはweb3.0というプロトコルセットを登場させ、今までとはまったく別の新しいアプリケーション作成方法を提供しました。 この技術はユーザーが受け取っている情報や提供しているデータ、支払っている金額などについてユーザーに強力で検証可能な保証を提供し、管理者に権限が集中することを防ぎます。 またブロックチェーンにおいても、ポルカドットのリレーチェーンを通すことで情報や信頼できるトランザクションを交換できるインターネットが可能になります。 DOT購入におすすめの取引所 Binanceの詳細を見る polkadot(ポルカドット)の将来性を解説! polkadot(ポルカドット)のチャート分析・価格分析 TradingView提供のDOTBTCチャート ...

Chainlink(チェーンリンク/LINK)の買い方|今後や将来性、チャート分析と共に徹底解説!

「Chainlink(チェーンリンク)って人気みたいだけどこれからどうなるのかな?」 あなたは今こうお考えではないですか。 確かにこれからからも上がる可能性があるのならば購入したいですよね。 この記事では、海外投資エージェントがChainlinkのチャート分析や価格動向を踏まえた将来性・今後、購入できる取引所、買い方や保管方法まで解説していきます! Chainlinkとは 外部システムに繋がり管理する最初のミドルウェア 国際機関SWIFTとも連携 今後もChainlinkを使った技術発展が期待される 購入するなら長期保有がオススメ LINKを購入するならココ Binanceの詳細を見る 目次   Chainlink(チェーンリンク/LINK)とは Chainlink(チェーンリンク/LINK)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! Chainlink(チェーンリンク/LINK)が購入できるおすすめ取引所3選 Chainlink(チェーンリンク/LINK)の購入ステップ Chainlink(チェーンリンク/LINK)に関するQ&A Chainlink(チェーンリンク/LINK)まとめ Chainlink(チェーンリンク/LINK)とは Chainlink(チェーンリンク)はSergey Nazarov氏によって作られ、2019年5月にメインのネットワークがローンチされました。 イーサリアムベースの通貨でオラクルの分散型ネットワークを構築しています。 また、Chainlinkには以下のような特徴があります。 ミドルウェアとしての重要な役割 Chainlinkはソフトウェアとハードウェアの中間処理を行うミドルウェアの役割が期待されます。 スマートコントラクトの弱点をなくし、APIやwebアプリケーション、クレジットカードの銀行システムと結びつけることを可能にしました。 Chainlinkはこのような外部システムに繋がり安全に監視し管理できる最初のミドルウェアです。 国際機関SWIFTと連携 SWIFT(国際銀行間通信協会)は世界各地の銀行に電子メッセージを伝送するサービスを行っている国際機関です。 2016年にSWIFTはChainlinkを使ったPoCを発表しています。 このような大きな機関との連携で今後ますますの発展が期待されています! また、SWIFT以外にも多くの企業がChainlinkの技術を支持しています。 LINKを買うならBinance Binanceの詳細を見る Chainlink(チェーンリンク/LINK)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! Chainlink(チェーンリンク/LINK)チャート分析・価格分析
- Advertisment -
GMOコイン

海外投資エージェントおすすめ

海外取引所を徹底比較
2021年最新!主要海外取引所ランキング
海外仮想通貨入門
海外取引所での仮想通貨の始め方
ボーナスが豪華な海外取引所
海外取引所の豪華なボーナスやキャンペーン最新版
海外取引所で仮想通貨レンディング
利率の高い海外取引所で不労所得の作り方

海外取引所を始めて使う

海外取引所おすすめランキング