CoinPartnerSELECT_

18 投稿0 コメント

Fxbeyond(FXビヨンド)の評判は?出金拒否の噂やリアルな口コミまとめ!

  「Fxbeyondが気になるけど、どんなFX業者なのか分からない……」   そのように悩んでいる方も多いのではないでしょうか?   Fxbeyondはつい最近日本向けのサービスを開始したばかりのFX業者であり、なかなか取引に踏み切れない方も多いと思います。   この記事ではFxbeyondの評判やメリットやデメリット、気になる口コミなどを徹底検証いたします!   この記事を読めば、Fxbeyondに関して不安がなくなり、取引を始めやすくなりますので、まずはご一読を!   Fxbeyondについてまとめると... 業界トップクラスのハイレバレッジ 分析ツールが優秀 入出金が素早い まだ実績は少ないが、今後期待できる業者! 定期開催のボーナスが優秀 今後に期待できる新興業者! Fxbeyondの登録はこちら 目次 FxBeyondの基本情報は? 【良い評判】FxBeyondのメリットは? 【悪い評判】FxBeyondのデメリットは? FxBeyondのリアルな口コミは?出金拒否がある? FxBeyondの評判まとめ   FXBeyondの基本情報は?   FXBeyondの運営会社は2020年12月に設立されました。比較的歴史の新しい会社です。   会社はパナマ籍で、金融ライセンスもパナマのものを取得していますが運営会社はベトナムにあります。   基本情報は以下の通りとなります。   運営会社 Beyond Systems Inc 会社所在地 パナマ共和国 最大レバレッジ倍率 1111倍 追証 なし ロスカット水準 証拠金維持率50% 入出金手数料 無料 日本語対応 ○     fxbeyondは公式ウェブサイト内に運営会社や関連会社の住所や金融ライセンスのライセンス番号などを公開しています。   ライセンス番号まで公開しているFX業者は珍しく、運営体制の透明性の高さが分かります。   【良い評判】FXBeyondのメリットは?   ここではFXBeyondのメリットを見ていきましょう。   FXBeyondには以下のようなメリットがあります。   FXBeyondの7つのメリット ボーナスキャンペーンが豪華 最大レバレッジは1,111倍と高い 入出金が素早い 分析ツールが優秀 ゼロカットシステムを採用している 日本語対応が充実している 取り扱い商品が豊富   それぞれについて詳しく解説していきます!   ボーナスキャンペーンが豪華   海外FX業者を探す際には、ボーナスキャンペーンの有無や金額はとても重要です。   特に初心者の方は、初期費用を抑えるためにも、ボーナスを重視しておきたい方も多くいるのではないでしょうか?   ボーナスが豪華なことで知られる海外FXですが、その中でもFXBeyondはボーナスキャンペーンが豪華な業者であり、他の業者よりも多くのボーナスを得られます。   過去には100%入金ボーナス(入金した額と同等の額がボーナスとして付与される)が開催されていたこともあり、これは他の業者と比較してもトップレベルに豪華なボーナスと言えます。   ただしFXBeyondはボーナスキャンペーンを常に用意しているわけではありません。 実際、2021年10月現在は、開催中のキャンペーンがない状態となっています。   口座開設を検討する方は、公式ウェブサイトからボーナスキャンペーンの有無を確認することをおすすめします。   \ ボーナスに備えて今すぐ登録! / FXBeyondの詳細を見る 最大レバレッジは1,111倍と高い   FXBeyondは最大レバレッジが1111倍という高い水準を誇ります。 この倍率は国内FX業者はもちろん、他の海外FX業者と比べても高いです。   レバレッジとは、資金の何倍分までの取引ができるかという数値です。 レバレッジ1111倍ということは資金の1111倍分までの取引ができるということを示しています。   レバレッジが高いと、少ない資金で大きなリターンが狙えるというメリットがある他にも、資金効率が良くなり、複数のポジションを持てるといった効果もあります。   初心者のうちからハイレバレッジの取引をすることはオススメしませんが、取引に慣れてくると、レバレッジの高さは大きな武器になるでしょう。   入出金が素早い   海外FX業者を使っていて意外とネックとなるのが、入出金の遅さです。 海外送金をすることになるため、数営業日かかってしまうケースも少なくありません。   しかしFXBeyondは入出金いずれも海外FX業者の中でも最速水準を誇ります! 特に出金は素早く、海外FX業者にもかかわらず当日中に出金されることまであるようです。   またFXBeyondは通常のカスタマーサポートのほかに入出金専用のお問い合わせ窓口を用意しています。   入出金という海外FX特有の不安を克服している点も、大きな強みと言えるでしょう。   分析ツールが優秀   FXBeyondは利用者に独自の分析ツールを提供しています。     この分析ツールは自分の残高だけでなく取引の勝ち負けの比率や平均利益・平均損失など、様々なデータを分析することが可能な優秀なものです。   自分の過去のデータを振り返ることで、その後の取引でより利益を出しやすくなります。   分析ツールと聞くと、経験者向けのメリットのように思うかもしれません。   ですが初心者の方であっても、データの使い方を徐々に学んでいき、取引のレベルを上げていくのがオススメです。   ゼロカットシステムを採用   FXBeyondは他の海外FX業者と同じく、ゼロカットシステムを採用しています。 ゼロカットシステムとは取引によって損失が口座残高より大きくなったときに、マイナス分を業者が補てんしてくれる仕組みです。   国内FX業者ではゼロカットシステムを採用することはできないため、マイナス分は「追証」という借金となってしまいます。   FXBeyondなら、実質的な借金を背負うリスクを恐れずに、高いレバレッジをかけて取引を行うことができます。   日本語対応も充実している   FXBeyondは海外FX業者の中でも日本語対応が充実しているのも大きなメリットです。 公式ウェブサイトは日本語に完全対応しており、文章にも不自然さは感じられません。     更にFXBeyondはサポートも日本語に対応しています。   日本人スタッフが複数人配置されており、日本語によるお問い合わせも24時間可能です。   メールでお問い合わせをした場合も、国内FX業者のように自然な日本語でやり取りができます。   取り扱い商品が豊富   FXBeyondは取り扱い商品が豊富です。   まずFXの取り扱い通貨ペアは31ペアと、他の海外FX業者と比べても多いです。   またFXBeyondでは貴金属やエネルギー(資源)、ビットコインなどの暗号資産、株価指数や株式などの金融商品も取引できます。   ひとつの業者で幅広い商品を活かしたバリエーションのある取引ができるのはFXBeyondのメリットと言えるでしょう。   【悪い評判】FXBeyondのデメリットは?   続いてFXBeyondのデメリットを見ていきましょう。 FXBeyondには以下のようなデメリットがあります。   FXBeyondのデメリット ...

Binanceの取り扱い通貨一覧!オススメ草コインや次にあがる通貨は?

  「Binanceの取り扱い通貨が多いことは知ってるけど、実際どんな通貨があるのか分からない・・・」   「Binanceが取り扱っている通貨の中で、これから期待できる通貨はどれなのか・・・」   このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?   草コインも多く扱っていることから「Binanceが取り扱っている通貨が数十倍〜数百倍になる」ということは少なくなく、見逃してしまうのは勿体無いです。   ただ「Binanceが扱っている通貨のどれがこれから価格上昇が見込めるのか」という点は、しっかりと情報を集めないとわからないですよね。   そこでこの記事では、Binanceの取り扱い通貨一覧から、人気の高い草コインなどについて解説していきます。   Binanceの取り扱い通貨の全体像や、今後伸びそうな草コインをご紹介するので、「購入する草コインの目星」をつけるヒントにしてみてください!   Binanceの取り扱い通貨をざっくりまとめると Binanceは300種類の通貨を扱っている Binanceの取引高は世界No. 1 おすすめの草コインはIOST、Raydium、My Neighbor Alice Binanceの主要な取引方法は5つ \ 取引高世界No. 1! / Binanceに登録する   目次 Binanceの取り扱い通貨は300種類以上 Binanceで取り扱われている人気草コインベスト3 バイナンスの取引方法と対応通貨 【まとめ】Binanceの取り扱い通貨数は世界最大規模   Binanceの取り扱い通貨は300種類以上 Binanceの取り扱い通貨は、記事執筆時点で300種類を超えており、非常に多種多様な仮想通貨が取り扱われています。   国内仮想通貨取引所は、仮想通貨の取り扱いに際して厳しい手続きを設定しており、取り扱い通貨のバリエーションに定評のあるコインチェックでさえ、取り扱い通貨数は17種類となっています。   このような背景から国内仮想通貨取引所と比較すると、海外取引所であるBinanceの取り扱い通貨がかなり豊富であることが分かるのではないでしょうか。   Binanceなら「BTC(ビットコイン)」「ETH(イーサリアム)」「XRP(リップル)」といった主要通貨はもちろん、国内仮想通貨取引所が扱っていないような草コインと言われる通貨も購入可能です。   Binanceの取り扱い通貨の一覧は、コチラからチェックできます。 Binanceで取り扱われている人気通貨 これから、いくつかBinanceが取り扱っている以下の主要な人気通貨をご紹介します。   BNB ビットコイン イーサリアム リップル   どれも著名な仮想通貨のため、少なくとも名前は聞いたことがあるという方が少なくないでしょう。これから、1つ1つ解説していきます。 BNB BNBは、Binanceが主導して開発した仮想通貨です。   「Binanceが開発した」ということもあって、Binance関連のプラットフォーム・製品との相性が良く、ここ数年ではBSCとの親和性の高さが顕著です。   BSCはBinanceが開発したスマートコントラクトを実装しているブロックチェーンで、基軸通貨にBNBが用いられています。(BSCはBinance版のイーサリアムのようなもの)   こういった背景からBNBは、BSC全体の取引量が増えたり、Binance関連のサービスが盛り上がると恩恵が受けやすい存在になっているので、価格上昇のきっかけとなる可能性が多数存在しており、ポテンシャルが高い通貨です。 ビットコイン Binanceが扱っている300種類を超える通貨の中には、もちろんビットコインも含まれています。   ビットコインは仮想通貨の王様・母親的な存在なので、特段の説明は必要ないと思いますが、未だに象徴的な存在として、大きな時価総額を持っています。   数年前のように、ビットコインで「数十倍〜数百倍」といったリターンを期待することは難しいものの、仮想通貨の中では比較的価格変動が落ち着いているため、仮想通貨の入門として優秀な存在です。 イーサリアム イーサリアムは、基礎的な部分はビットコインを参考にしながら、スマートコントラクトを実装することで、ブロックチェーンを用いて契約を行えるようにした革命的な仮想通貨です。   イーサリアムのスマートコントラクトを利用したさまざまなプロジェクトが立ち上がっており、話題になった「Uniswap・Compound」みたいなプロトコル・サービスの根幹的な存在にイーサリアムは位置しています。   ガス代の高騰や、BSCといった競合の登場から課題・懸念点は見られるものの、未だにスマートコントラクトを実装したプロジェクトの仮想通貨としては、最も大きな時価総額を持っているのがイーサリアムです。 リップル リップルは、送金に特化した仮想通貨です。   中央集権的な面があること、開発の体制・背景という側面から見ると、非中央集権的なビットコイン・イーサリアムといった仮想通貨とは特色が異なるのがリップルです。   中央集権的であることが故のリスクを持っているものの、中央集権的であるからこそできる設計を導入していることから、送金に伴う処理速度や費用に関してはトップクラスのスペックを持っています。 Binanceで取り扱われている人気草コインベスト3 やはり、Binanceの取り扱い通貨が300種類以上もあることから、気になるのは「次のビットコイン・イーサリアムになれるポテンシャル」を持った通貨ではないでしょうか。   これから、激選した「人気の草コインベスト3」を「IOST」「RAY」「ALICE」という3つからご紹介していきます。 IOST 1つ目にご紹介したい人気の草コインは「IOST」です。   IOSTは、IOSTのプロジェクトに関連するプラットフォーム、仮想通貨などの総称です。   スマートコントラクトを実装していることから、イーサリアムのようにIOSTのブロックチェーン・スマートコントラクトなどのエコシステムを利用して、さまざまなサービスが開発されるプラットフォームとしての素質を持つ仮想通貨にあたります。   処理速度や独自のコンセンサスアルゴリズムなど、さまざまな特徴がありますが、その中でも特筆したいのは「開発者の参入障壁が低い」という点です。     というのも、IOSTは開発言語としてJavascriptを採用しており、イーサリアムなどで採用されているものよりも、容易に使いこなせることができます。   「開発者が簡単に開発できる」ということは「魅力的なサービスが出てくる可能性が高い(多数の参入者が出てくる可能性があるため)」という点にも繋がってきます。   このような点から、IOSTは他の類似プロジェクトの差別化・付加価値が明確です。   もしも成功すれば、プラットフォームという性質上、第2のイーサリアムになるポテンシャルも持っているので、注目しておきたい通貨の1つであると言えるでしょう。 Raydium(RAY) Raydiumは、ブロックチェーン上に構築されている取引所である分散型取引所(DEX)の1つです。   Raydiumが、UniswapやSushiSwapと大きく異なるのは、イーサリアムではなく「Solanaブロックチェーンを利用している」という点です。   Raydiumが採用しているSolanaブロックチェーンは手数料が安く、手数料の安さに定評のあるBSCよりも、手数料が低くなっています。(厳密には、ガス代と言われるトランザクションに伴う手数料です)   BSCが取引量を向上させた背景として、Uniswapなどの流行に伴いイーサリアムの手数料が高騰し、BSCを採用しているPancakeSwapなどにユーザーが避難したことを指摘する声は少なくありません。   この点を考慮すると、イーサリアム・BSCに手数料などの観点から優位に立っているSolanaを利用したRaydiumが次世代のUniswap・PancakeSwapになる可能性はあると言えるのではないでしょうか。   Raydiumはガバナンストークン(Raydiumの運営に影響を与えるトークン)として、RAYというトークンを発行しており、RAYを購入しておけば、Raydiumの取引量増加に伴って価格上昇が期待できます。 My Neighbor Alice(ALICE) 「NFTブームに乗り遅れた感がある・・・」 「ブロックチェーンゲームに興味があるが、Axie Infinityは旬が過ぎた感じがする・・・」 といった意識がある方におすすめなのが、My Neighbor...

海外FXの始め方は?初心者が注意すべきポイントと心構えを解説

  「海外FXの始め方がよく分からない・・・」   今回はこんな悩みを解決していきます!   海外FXに興味があるけど、始め方から不安な事って多いですよね。   たしかに、海外FXならではのデメリットありますが、使ってみると想像以上にメリットも大きいです。   この記事を読めば、海外FXの始め方の要点を押さえて、非常に簡単に始め流ことができるようになるでしょう!   海外FXの始め方ガイド 海外FXのメリット・デメリットを知ろう 海外FXはレバレッジの高さなど好条件が魅力 世界中の海外FXで見れば、悪質な業者もいる 初心者は大手でボーナスを利用して海外FXを始める 海外FXはWeb上の手続きで簡単に始められる \ 無料で誰でも3,000円相当のボーナス! / XMの詳細を見る 目次 海外FXを始める前に知っておくべき5つのメリット 海外FXを始める前に知っておくべき4つのデメリット オススメの海外FX口座 海外FXの始め方!口座開設方法 海外FXの始め方 まとめ 海外FXを始める前に知っておくべき5つのメリット   国内にも多くのFX業者がある中、海外FXを利用する人は多いです。   なぜなら、国内FXでは提供できない、様々なメリットがあるからです。   少額資金でもFXを始めやすい環境だったり、ボーナスを受け取れるFXのお得な始め方などがあります。   海外FXのメリットは5つ ハイレバレッジで資金効率が良い 追証がなく借金のリスクがない キャンペーンが充実している ロスカット水準が引く 取引制限がゆるい   これらのメリットについて、順番に解説していきます。   ハイレバレッジで資金効率が良い   海外FXでは圧倒的なハイレバレッジで資金効率良く取引ができます。   なぜなら、日本の最大25倍までのレバレッジ規制の様に、海外で規制がないケースが多いからです。   例えば、海外FX業者で有名なXM Trading(エックスエム)だと最大888倍のレバレッジを提供しています。   日本国内の法人口座でも、最大100倍程度がレバレッジの目安ですから、海外FX業者のレバレッジ条件は、個人でもプロのトレーダー以上の好条件ですね。     追証がなく借金のリスクがない   FXを始めたばかりだと、取引で失敗して大きな借金をするかもと心配になります。   しかし、海外FXなら少なくとも取引で負けて借金を抱える心配はありません。   なぜなら、ゼロカットシステムにより、口座残高を超える損失は発生しない仕組みになっているからです。   実は、国内FXではゼロカットシステムを採用できません。   なので、口座残高を超える損失(追証の支払い)がないのは、海外FXを利用する大きなメリットです。   キャンペーンが充実している   海外FXを利用するメリットは、キャンペーンが非常に充実していることも挙げられます。   口座開設、入金、取引など普通にFXをしているだけで、ボーナスを受け取れるのです。   例えば、口座開設キャンペーンを実施している海外FX業者では、口座開設とWeb上で完結する本人確認で3,000円~20,000円相当のトレード資金が手に入ります。   入金した金額より多くのトレード資金、時には入金いらずの無料でFXを始められるのも、海外FXならではのメリットです。   ロスカット水準が低い   ゼロカットシステムを採用していることもあり、海外FXではロスカット水準の低い業者が多いです。   ロスカットとは、証拠金維持率が一定水準をした回ると、強制的に損失が決済される仕組みです。   FXでは、ロスカット採用は一般的な取引ルールになります。   海外FXでは、ロスカット水準を証拠金維持率50%未満とする場合が多く、中には証拠金維持率0%をロスカット水準とする業者も存在しています。   ロスカット水準が低いと、強制ロスカットまで耐えられる値幅が大きくなるので、少額資金で極限まで生かした取引が可能です。   取引制限がゆるい   海外FX業者では、透明性の高いNDD方式を採用するケースが多く、取引制限がゆるいメリットがあります。   NDDとは、ノーディーリングデスクの略で人為的にディーラーが介入せず、取引システムで私達の注文が処理される発注方式です。   海外FXは、取引システムによって注文が高速処理されるため、取引できるロット数も大きい傾向があります。   海外FX業者の中には、トレード資金が十分なら発注できるロットは無制限といった所もあります。   海外FXを始める前に知っておくべき4つのデメリット   海外FXのデメリットは4つ 信託保全がない場合が多い 悪質な業者も存在する スプレッドが広い ...

海外FXに違法性はある?よくある悩みと日本人向けの注意点を解説

  「海外FXは違法だ」「無登録で運営」などの情報を見たことはありませんか。   海外FXは国内FXよりも圧倒的に高いレバレッジを利用できたり、ゼロカットシステムなど優れた取引条件が魅力です。   しかし同時に「海外」ということで「怪しい業者」と言われることもあります。   今回はそんな海外FXに関するよくある悩み、日本人向けに海外FXの注意点などを解説していきます。   この記事を読むことで、海外FX業者が金融庁から警告を受けている理由などを理解し、リスクを頭に入れた上で安心して取引できるようになるでしょう!   目次   そもそも海外FXを使用することは違法なの? 海外FX業者側は違法なの? 海外FXが違法になる条件は? 安心して取引できる業者選びのポイント 安心して使用できる海外FX業者は? 【まとめ】海外FXは違法ではないが詐欺に注意 そもそも海外FXを使用することは違法なの?   結論から言うと、日本人が海外FX業者を使用してFX取引しても全く問題ありません。   日本の法律では、日本人(日本居住者)が海外FX業者を使用することは合法で許可されています。   それではなぜ「海外FXは違法性がある」というような話があるのでしょうか。   それは海外FXを利用・取引をして利益を出したトレーダーが、確定申告や納税をしていない事例が多数あったからです。   脱税をした方の中には、海外FXの利益にかかる税金・ルールなどを理解していなかった方もいるはずです。   海外FXで取引して年間利益が基準額を超えた場合、投資家は確定申告・納税義務をする必要があります。   まとめると海外FXを利用した取引で利益をいくら出したとしても、確定申告をして納税をすれば違法性はなく、個人での使用も全く問題ないです。   海外FX業者側は違法なの?   続いては、海外FX業者の方は違法性があるのかです。   結論、FX業者が日本居住者に対して"勧誘行為"をしなければ違法ではありません。   金融庁は、多くの海外FX業者に対して警告を行なっています。 そして警告を受けている業者には、優良FX業者もあります。   つまり、警告を受けていたとしても一概に違法性があるという訳ではありません。 違法ではないのに警告を受けている理由は?   日本の金融庁のライセンスを取得していない海外FX業者が、日本居住者に対して金融商品取引業を行う業者に警告をしています。   つまり無登録で、"日本居住者"に対してFX取引サービスを提供している業者に警告しているのです。   ただし日本居住者に対して勧誘行為をしなければ、無登録でサービス提供しても法律的には全く問題ありません。   そのため海外FX業者は「日本居住者を対象としたものではない」と公式サイトに記載をしている業者も多いです。     海外FX業者は「日本語が分かる海外居住者」に対してサービス提供しているスタンスなので法律的にはセーフです。   しかし金融庁は日本語の公式サイトも問題あるとして、日本語表記の公式サイトがある海外FX業者に対して警告を行なっています。   まとめると、   ・海外FX業者側は、日本語の公式サイトは海外に住む日本人を対象に作成したものとして合法性と主張している。 ・日本の金融庁は、日本語の公式サイトも日本人への勧誘に準ずるとして警告を出している。   このような構造から、海外FXは金融庁の警告を受けているということになるのです。 海外FX業者が金融庁に登録しない理由は?   それなら、「海外FX業者は金融庁に登録すれば良いのに」と思った方もいるはずです。 実際のところ、海外FX業者が金融庁に登録していない理由は明確にあります。   金融庁に登録してしまうと、海外FXの強みである以下のサービスを提供できなくなってしまうからです。   ・高いレバレッジ ・ゼロカットシステム ・豊富なボーナスキャンペーン   日本で登録すると海外FXの魅力的なレバレッジが最大25倍まで制限されてしまいます。   はっきり言うと、海外FX業者の立場では金融庁に登録するメリットがないのです。   海外FXが違法になる条件は?   海外FXでの取引は合法で、海外FX業者側も一概に違法性がある訳ではありません。   しかし当然ですが、違法となる場合があります。具体的には以下のような場合です。 そもそも詐欺業者だったとき 税務署に税金を申告しないとき 海外FX業者が勧誘行為をしたとき 上記の場合は違法になるので注意してください。 それぞれ詳細を解説していきます。 そもそも詐欺の業者だった   そもそもFX業者が詐欺業者だった場合、もちろん違法です。 これは海外FX業者が「怪しい」と言われたり、悪いイメージを持たれている原因でもあります。   FX業者として魅力的な取引ができるなどと宣伝して、投資家に資金を入金させることによって資金稼ぎをしている業者に注意してください。 例えば、規約違反をしていないのに利益を出金できないという場合は、詐欺業者と判断してほぼ間違いありません。   海外FXは自己責任なので、資金を返金を要求・請求などしてもうやむやにされてしまいます。 海外FXで得た税金を申告しない   冒頭の方で少し解説したとおり、海外FXで利益が出たら、その年の確定申告をしなければ違法です。   注意すべきことは、国内FX業者との違いです。 国内FX業者は利益が出た場合に、口座から税金を自動的に支払ってくれて確定申告が不要になる「特定口座」を利用できるサービスがあります。   しかし、海外FXでは利益が出たら必ず自己申告する必要があります。 このことを知っておかなければ、脱税として思い罰則を受けてしまうので利益が出たときは特に注意です。 税金に関して分からないことがあれば、税理士や税務署に質問しに行くこともおすすめです。 海外FX業者が日本人を勧誘する行為   こちらも先述したとおり、海外のFX業者が日本人を勧誘すると違法行為にあたります。   ただし、日本国内に子会社を設立して、金融庁のライセンスを取得している場合は別です。 具体的には、OANDA JapanのようなFX業者がそれにあたります。   また、FXブローカー業務をするには金融ライセンス取得が必要なので海外FX業者の多くは、世界各国任意の国で金融ライセンス取得済みです。 安心して取引できる業者選びのポイント   特にFX初心者がいきなり海外FXを利用する場合は、最大限の注意が必要です。 安心して取引できる業者選びのポイントは以下の内容です。 日本人へのサービス提供実績を見る 運営歴を見る SNSでの口コミを見る 約定力の高さを見る 上記を判断材料にしっかりと確認していきましょう。 それぞれ詳しく解説します。 日本人へのサービス提供実績を見る   当然ですが、日本人へのサービス提供実績を確認しましょう。 なぜなら海外FX業者は、サービス運営=日本人向けに運営している訳ではないからです。   業者によって世界各国にサービス運営しています。 また、同じFX業者だったとしても国によって、サービスの提供内容が異なっていることもあります。   そのような理由があるので、必ず日本向けサービス提供実績・サービス内容を確認してから口座開設をしてください。 運営歴を見る   海外FX業者と言っても、運営歴10年を超える業者、運営歴2〜3年程度しかない業者とさまざまです。   特に注意すべき業者は、運営歴が1~3年程度で金融ライセンスが未取得のFX業者です。 海外FX業者の設立当初は、金融ライセンスが未取得の状態が多いです。   金融ライセンスがないのは、最低限の安全性・信頼性を保証するものさえ証明できないことでもあります。 運営歴が短い業者は、特に慎重になって判断するようにしてください。 SNSでの口コミを見る   SNSが発展したおかげで、様々なサービスの実態・感想などを簡単に調べることができます。 口座開設をする前にSNSで口コミなどを確認しましょう。   ただし、ユーザーが多いほど口コミが多く、ユーザーが少ないほど口コミが見つからないという現実があります。 つまり無名の海外FX業者が詐欺業者だったとしても、口コミが無い場合は判断することが難しいのです。   さらに、悪質な個人またはグループが偽った情報・口コミを発信している可能性もあることに注意してください。 約定力の高さを見る   いくら高いレバレッジが利用できて、口座スペックが良かったとしても、約定力が弱いと全て台無しになってしまいます。 特にスキャルピングや価格変動が激しいときの注文では、約定力の高さが必須です。   約定力の高さは客観的な判断材料が、公式が発表している「約定スピード」しかありません。 あとは実際に利用してみての体感となるので、判断が難しい点ではあります。   なるべく良い業者を選んで、長期で利用していくためにも約定スピード、評価をしっかりと見てから口座開設をしましょう。 安心して使用できる海外FX業者は?   上記で解説した「安心して取引できる業者選びのポイント」を参考にしながら判断していきましょう。 人気・実績があり評価も高くておすすめの海外FX業者はXM Tradingです。 XM Tradingがおすすめできる点は以下の内容です。 XM Tradingのおすすめポイント 日本人の利用者数No.1(超人気) ...

海外FXは大損する可能性がある?初心者のための注意点と回避方法を解説

  「海外FXを始めたいけど大損しそうで恐い・・・」   興味はあるけど、このように不安を感じて一歩踏み出せない方、多いと思います。   確かに、大損を恐れること自体は、常に慎重に取引をするために必要な考え方になります。   とは言え、海外FXだから大損するという考え方は正しいとは言えません。   なぜなら、海外FXは大損しない仕組みと方法があるからです。   今回は海外FXで大損をしない仕組みと方法をテーマに解説します。   海外FXの意外な安全性と回避方法を学び、安全に取引できる下準備をしておきましょう!   海外FXと大損のリスク FXは為替の値動きで利益を得る取引である 暴落=大損ではなく、下げ相場も稼げる特徴がある 国内FXと海外FXではレバレッジと追証ルールが違う 海外FXはゼロカットで口座残高以上に損失はない ルール作りと勉強、自己管理で大損は避けられる ボーナスを利用してローリスクで海外FXを使うのもコツ \ 全員3,000円+最大50万円の入金ボーナス / XMの詳細を見る 目次 FXとはどんな取引方法? 海外FXで大損してしまう3つの理由 海外FXで大損しないために気をつけるべきポイント リスクを抑えて海外FXを始めるなら! 海外FXの大損の危険性 まとめ FXとはどんな取引方法?   海外FXで大損することを恐れる前に、そもそもFXがどのような取引方法なのか知っておきましょう。   やったことのない方の中には、何となく、外国のお金を買ったり売ったりするというなんとなくのイメージで理解をしているかもしれません。   より具体的に、FXがどんな取引なのかを知らないと大損を回避するのは難しいでしょう。   そこでまず初めはFXの基本的な取引について一緒に学んでいきましょう!   為替の値動きを利用して利益を得る取引   FXは、為替の値動きを利用して利益を得ています。   通貨の価値は、一定ではなく円高・円安の様に他の国の通貨と比べた時に価値の変動があるのです。   割安で買って値上がったら売る、割高の時に売って値下がったら買い戻すといった取引をFXでは行っています。   また、実際に口座のお金を外貨にしているのではなく、口座のお金を担保に注文を厳密には借りています。   借りた通貨を売り、安く買い戻して返す「空売り(からうり)」があり、下げ相場でも儲けられるのがFXの特徴です。   国内FXと海外FXの違いは、主に2つ   国内FXと海外FXでは、「レバレッジの高さ」と「追証に関するルール」の2つが大きく違います。   なぜなら、同じFXでも国内と海外で規制が違うからです。   大損に繋がる原因も、実は国内FXと海外FXの違いが関係しています。   レバレッジの高さ   海外FX業者は、国内FX業者と比べて高いレバレッジを利用できる違いがあります。   なぜなら、海外FX業者が拠点を置く国の多くでは、最大何倍までとレバレッジ規制がないケースが多いからです。   日本では25倍、香港・韓国が20倍、アメリカとカナダが100倍とレバレッジ規制を行っています。   しかし、前述した5か国以外の国では、無制限あるいはレバレッジは海外FX業者が自由に決めて良いケースがほとんどです。   高いレバレッジを使った取引は、利益も大きいですが損失も大きくなるので、大損する可能性もあります。   追証なしのゼロカットシステム   日本国内のFXと海外FXでは、口座残高を超える損失が発生した場合のルールも決定的な違いです。   日本国内のFX業者では法律の都合上、口座残高を超えた損失は追証(おいしょう)として支払う必要があります。   口座残高にない損失は実質の借金です。   海外FXでは、ゼロカットシステムが採用されており、口座残高を超える損失は支払う必要がありません。   つまり、大損するにしても海外FXでは口座に入れたお金以上の金額にはならないのです。   海外FXで大損してしまう3つの理由   海外FXなどでは、FXで数億の利益をあげているなどの成功体験を目にする機会も多いかと思います。   とは言え、成功体験と一緒に失敗体験談も多く見られているのが事実です。   同じ海外FXでも成功と失敗があるのは、大損してしまう理由を知らないからです。   そこで海外FXで大損してしまう理由、代表例を3つまとめました。   実は、海外FXで大損してしまう理由の大半は自己管理で対処できます!   海外FXで大損する原因について、ここでしっかり学んでおきましょう!   常にハイレバレッジで取引してしまう   レバレッジは、自分で取引する数量をコントロールすれば、実はさほど大きなリスクはありません。   レバレッジを抑えることができれば、もし逆方向に相場が動いても余力を残せます。   例えば、最初は1倍のレバレッジで買い、値下がったとしても余力があれば追加で買うといった取引も可能です。   もちろん、必ずしもハイレバレッジが悪いとは限りません。   相場にチャンスと、チャンスを生かせるトレード技術があれば、ハイレバレッジで大きく稼げるのも海外FXの魅力だからです。   追証なしのロスカットに頼り切ってしまう   海外FXのゼロカットシステムによる、追証無しのロスカットに頼り切ってしまうのも大損の理由です。   国内FXと違い、海外FXはゼロカットシステムにより口座残高以上の損失がありません。   とは言え、口座残高0円は間違いなく大損です。   相場が予想と違うのに、損失が少ないうちに決済できず、ロスカットされるまで耐えるのは大損の理由になります。   ロスカットされる前に、損失を少ない状態で取引を終え、新しいチャンスに備えるのも立派なトレードです。   ワンクリックでクレカ入金できてしまう   海外FXでは、ゼロカットシステムよって口座残高を超える大損をしません。   しかし、ワンクリックで入金できるクレジットカード決済を使い過ぎると大損に繋がります。   なぜなら、クレジットカード決済で支払えない金額になるまで負け続ける可能性もあるからです。   負ける→口座残高が0円→クレカ入金、手軽だからと言って入金し続けるのは止めましょう。   ゼロカットシステムは、口座残高以上の損失を防ぐ役割で、決して万能ではありません。   クレジットカード入金は、余裕を持って支払える範囲に利用を留めましょう。   海外FXで大損しないために気をつけるべきポイント   海外FXで大損をしないために、気を付けるべきポイントを解説します。   単純に大損をしてお金を失わないだけでなく、大損しない取引を続けるだけでも資金を増やせる可能性は十分です。   大損を避け、損を小さく利益を残していけば、長くFXで稼ぎ続けられます。   あらかじめルールを決めておく   海外FXで大損をせず、稼ぎ続けるにはルールを決めておくことが重要です。   あらかじめルールを決めておくことで、大損に繋がる無理なトレードをしない様にできます。   投資の神様として知られる、ウォーレン・バフェットの ・「ルール1、絶対に損をしないこと。 ・ルール2 ルール1を絶対にしないこと」 の格言にあるように、利益よりまず損をしないことが大切です。   大損しないために、必ず損切りを決めてから注文するなどルールを決めておきましょう。   ルールに則って損切りする   ルールを決めるだけでは意味がありません。   ルールに則って損切りは徹底しましょう。   どうしても、損失が出た状態で決済をする損切りは、口座からお金が減るので抵抗を持ってしまいます。   とは言え、損切りをルール通りにできないと、ロスカットで大損する可能性が高いです。   FXでは、資金を投じて取引をするので、次のチャンスに資金を残す意味でも損切りはルール通りに行いましょう。   レバレッジをかけすぎない   必要以上にレバレッジを掛け過ぎない様にしましょう。   なぜなら、レバレッジを掛けるほど自分の持つ資金に対して、大きな金額が動くからです。   例えば、10万円の資金で1pips=1000円の取引から、普段より10倍高いレバレッジを使うと1pips=10,000円で利益・損失が変動します。   1pips負けるだけでも、10万円から9万円へと10分の1の資金を失ってしまうのです。   負けたらレバレッジを上げて、根拠のない取引で取り返そうとするのは大損に繋がります。   最初は少額の資金で慣れていく   最初のうちは少額資金で海外FXをやらないと損をしやすいです。   特に、FXが始めてなら何も初めから大きな金額で取引する必要はありません。   元から少額資金なら、口座残高の全てを失っても大損は避けられます。   何より、海外FXなら少額資金でもレバレッジを駆使して、ある程度の取引が可能です。   大損する前に、少額でFXに慣れていくのは、やはりデモ口座と違いリアルなお金が動くので、精神面でも良い練習になります。   投資自体の勉強を欠かさない   海外FXに限らず、投資で大損を避け、上手く稼いでいくには投資自体の勉強を欠かさないことも大切です。   例えば、外国為替市場に関連する、銀行の役割や各国の金利事情、政策や時事的な社会問題などが挙げられます。   または、為替の値動きからパターンを分析するなど、次の展開を予想するスキルの勉強も大切です。   とは言え、初心者のうちは「何から勉強すれば良いのか分からない!」といった方も多いと思います。   CoinPartnerでも、投資に役立つ知識や情報をオンラインサロンで配信中です。   無料のスタンダードプランもありますので、興味のある方はチェックしてみてください!   \ プロの講師陣から「投資の極意」を学べる / オンラインサロンの詳細を見る   リスクを抑えて海外FXを始めるなら!   海外FXを始めるなら、リスクを抑えて取引をしたいですよね。   やはり、最初のうちは少額資金で始めるのがオススメだと、大損しないためのポイントでも解説しました。   とは言え、少額資金で取引するには、ある程度のレバレッジも必要になるので、資金が多いに越したことありません。   そこで、海外FXの中でも、口座開設や入金でボーナスが貰える業者を選ぶのがオススメです。   ボーナスを利用することで、少額資金でもクレジットという証拠金に使えるポイントで有利に海外FXを始められます。   どこの海外FX業者を選べば良いか分からない方は、定番のXM Trading(エックスエム)から使ってみるのがオススメです。   XMなら、口座開設だけでも3,000円相当のボーナス、入金で最大50万円相当のボーナスが貰えます。   ボーナスの内容は定期的に変わってしまうこともあるので、気になる方は今のうちに登録・入金しておきましょう!     海外FXの大損の危険性 まとめ   海外FXと大損のリスク 暴落=大損ではなく、下げ相場も稼げる特徴がある 国内FXと海外FXではレバレッジと追証ルールが違う 海外FXはゼロカットで口座残高以上に損失はない ...

海外の仮想通貨取引所なら税金はかからない?対策方法と注意点を解説

  「海外取引所ならもしかすると、税金が掛からなったりする?」と考えている方も居るかもしれません。   しかし、そのような認識では無申告加算税・延滞税など、税金が掛からないどころか、多額の税金がペルナルティで追加されることもあります。   一方で、海外取引所は計算ソフトなどが対応しておらず、仮想通貨と仮想通貨で取引するケースも多いため、国内取引所と比較すると、税金がより複雑になりがちです。   この記事では、そのような海外取引所と税金に関する疑問を、1から10まで解説しています。 海外取引所の税金をざっくりまとめ 海外取引所でも税金はかかる 申告しないのはおすすめできない 利益の発生タイミングは主に3つ 利益圧縮や法人設立といった節税方法も 目次 海外取引所での利益に税金はかかる? 海外取引所での仮想通貨取引は国税庁にバレない? 仮想通貨の税金計算に必要な利益の計算方法は? 【具体例】仮想通貨の税金を計算してみよう 海外の仮想通貨取引所を使用する際の節税対策とは? 海外の仮想通貨取引所を利用する際に税金面で注意すべきこと 海外の仮想通貨にかかる税金について まとめ 海外取引所での利益に税金はかかる?   そもそも、海外取引所で取引した利益に税金はかかるのでしょうか?​​感覚的に「海外取引所なら税金はかからないんじゃ・・・?」と感じるかもしれません。   これから、海外取引所と税金の基本的な部分をチェックしていきます。 国内・海外問わず、仮想通貨の利益に税金はかかる 結論としては、国内・海外取引所のどちらでも、税金はかかります。また、税金の仕組み的にも、国内・海外取引所で違いはありません。   同じような投資という観点で見たときに、海外FXと国内FXで税率が異なることがありますが、仮想通貨についてはそのような違いは無いです。   そのため、国内・海外取引所問わずに、仮想通貨の運用によって出た利益は同じルールで申告し、しっかりと納税する必要があります。 仮想通貨の利益は雑所得に分類される 国内・海外取引所問わずに、仮想通貨の利益は「雑所得」に分類されます。 税制における所得には10種類あって、身近な「給与所得」から、株などによる所得にあたる「配当所得」などの種類が存在しています。   さまざまな種類の中で、どれにも分類されない場合に該当するのが「雑所得」です。雑所得は「総合課税方式」が適用されます。   総合課税方式は「他の所得と合わせて」計算され、その所得の合計額によって税率が異なってきます。税率は以下のとおりです。 (引用元:国税庁) 所得が高くなるほど、税率も高くなることが分かりますね。   本業の給与所得が年収700万円の場合で、仮想通貨によって100万円の利益が出ていた場合、所得金額は「800万円」となり、23%の税率が適用されることになります。 海外取引所での仮想通貨取引は国税庁にバレない? 「海外取引所なら、申告しなくても日本の当局にばれないんじゃ・・・」と考える方もいるかもしれません。実際のところ「いつ・誰が」バレるかについては、不透明な部分があります。   しかし、絶対におすすめできません。というのも、現時点では「クリーンな方法で日本円を用いた仮想通貨売買」を行う場合、最も効率的なのが国内取引所だからです。   どのちみ、海外取引所で利益が出たとしても、その資金を円に変えるには、国内取引所を通して日本円に換金する必要があります。   そして、国内取引所を通すと、その情報は日本の税務署・国税庁に公開されます。というのも、令和3年以降は国内取引所の支払調書の提出が義務付けられることとなりました。   支払調書とは、金融商品を扱っている業者などが税務署に提出する「顧客が利確した分の資料」のことです。   2019年には、この支払調書などについての要望書を一般社団法人日本仮想通貨交換業協会が提出していた資料が確認できます。   この資料ではっきりと「税務当局への支払調書の提出義務を負うこととなりましたが」という旨を確認できます。   (引用元:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会)   つまり、資金を移動させる中で、国内取引所を通す場合「税務署に仮想通貨取引の利益に関する資料は渡っている」ということです。   大抵の方は、海外取引所の利用にあたり、国内取引所を経由していることが多いですから、ばれないというのは難しいでしょうし、割に合いません。   安心して仮想通貨を取引するためにも、正直に申告しましょう。 仮想通貨の税金計算に必要な利益の計算方法は? 実際に仮想通貨の税金を納税するときに気になるのが「どのように利益を計算すれば良いのか?」という点です。   前提として、仮想通貨は「含み益(売却を行っていない・利益を確定していない)」の状態で、税金は発生しません。   仮想通貨の税金は「どんな時」・「いくらくらい」かかるのか?という観点から、仮想通貨の税金の計算方法を解説していきます。 仮想通貨を売却したケース もっともベーシックな税金がかかるタイミングは、仮想通貨を売却したケースです。この場合は、シンプルに仮想通貨の「購入価格 - 売却価格」の差額が利益となり、課税対象となります。   一例ではありますが、1ETHを20万円で購入し、1ETHが30万円のときに売却したと仮定すると、   40万円 - 30万円 = 10万円   という計算となり、10万円が課税対象です。 仮想通貨で決済したケース 昨今では、仮想通貨で買い物、つまり決済を行えるケースも少なくありません。 このように「仮想通貨を使って何かを購入した」といったタイミングも、課税の対象です。   1ETHが20万円のときに1ETHを購入し、1ETHが40万円のときに、ETH(0.25ETH)を使って10万円の買い物をしたと仮定しましょう。   この場合は、以下のような計算となります。   10万円 - (20万円 × 0.25ETH) =...

海外FXはクレジットカード入金が一番お得?基本情報や注意点を解説

  海外FXの入金にはクレジットカードが使うことができます。   とは言え、初めての海外FX口座なら「クレジットカード入金を使って損はない?」と不安ですよね。   また、クレジットカードを使ってポイントを貯めたいといった方もいるかも知れません。   今回は、海外FXの入金で損をしない、面倒なトラブルに合わないために「海外FXのクレジットカード入金」の基本を解説します。   海外FXへのクレジットカード入金は、注意点さえ理解すれば、一番便利な入金方法です!   海外FXのクレカ入金 クレジットカード入金は多くの海外FX業者が対応 海外FX業者によって使えるカードブランドが違う クレジットカードの入金は早いが出金が複雑 犯罪利用を防止するためクレジットカード入金にはルールがある クレジットカード入金が不安な人は未入金で試す   目次   クレジットカード入金ができる海外FX業者一覧 海外FX業者の入金方法を比較 クレカ入出金の流れ クレジットカード入金の注意点 クレカ入金できない理由は? 入金せずに海外FXを始める方法 海外FXクレカ入金についてのまとめ   クレジットカード入金ができる海外FX業者一覧   海外FX業者の多くはクレジットカード入金に対応しています。   ただし、どのカードブランドでも使えるとは限らないので注意が必要です。   ここでは、入金にクレジットカードが使える海外FX業者と対応するカードブランドを一覧表でご紹介します。   FX業者名 対応するクレジットカード XM Trading VISA/JCB (※1) FXGT VISA/JCB/Master/DIners/AMEX TitanFX VISA/JCB/Master/AMEX GEMFOREX VISA/JCB/Master/DIners/AMEX/DISCOVER AXIORY VISA/JCB/UnionPay FBS VISA/JCB FxPro VISA/Master IS6FX VISA/JCB/Master HotForex VISA/JCB IFC Markets VISA/Master iFOREX VISA/JCB/Master/DIners/AMEX/DISCOVER LAND-FX VISA/Master BigBoss VISA/JCB/Master (※1) 2021年時点で過去にJCBカードによる入金がある場合のみJCBカードの利用が可能 海外FX業者の入金方法を比較   続いて、海外FXの入金方法を比較していきたいと思います。   入金の手続き 入金反映 手数料 クレジットカード 簡単なカード情報の入力のみ 即時 無料が多い 国内銀行送金 通常の銀行振込と同じ 営業時間による 無料が多い 海外銀行送金 初心者には難しい 最大で5日掛かる 2500~5000円の送金手数料 オンラインウォレット 事前にアカウントの準備等が必要 即時 無料が多い 仮想通貨 慣れていれば簡単 トランザクション処理に依存 マイナー手数料が発生   クレジットカードは、他の入金方法より、海外FX口座へ早く入金が反映するのが特徴です。   ただし、海外FX業者の中にも国内銀行送金に対応している場合があるので、使っている国内銀行送金が即時反映・手数料無料ならこちらをオススメします。   なぜなら、入金は最速のクレジットカードですが、出金時にデメリットがあるからです。   例えば、クレジットカード入金はショッピング利用のキャンセルとして出金が処理されるなど他の入出金方法と違いがあります。   クレカ入出金の流れ   クレカ入出金の流れ ショッピング枠を使って決済する 取引口座へ入金が反映される ...

海外の仮想通貨取引所に登録するデメリットは?オススメできない理由を解説

  「海外の仮想通貨取引所にも興味があるけど、デメリットが気になる……」   このように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。   確かに海外の仮想通貨取引所はデメリットも多いのは事実です。 デメリットを理解せずに始めようとしている方には、オススメできません。   ですがデメリットを理解することで、海外の仮想通貨取引所でも安全に利用することができ、利益をあげやすくなります!   そこでこの記事では海外の仮想通貨取引所のデメリットやオススメできない理由を徹底解説いたします!   この記事を読めば海外の仮想通貨取引所で注意すべき点を理解して、安心して取引を始められるようになるでしょう!   目次 海外の仮想通貨取引所とは? 海外仮想通貨取引所をおすすめできない理由・デメリット デメリットだけではない!海外仮想通貨取引所のメリット 海外取引所と国内取引所、どっちを使うべき? 海外仮想通貨取引所のデメリットまとめ 海外の仮想通貨取引所とは?   海外の仮想通貨取引所は、実はその運営形態によって2種類に分けることができます。 運営形態の違いによって利益の出し方も変わります。   海外の仮想通貨取引所の形態を理解することで、自分に合った取引所を選びやすくなるでしょう!   中央集権形!CEXとは? 現在の海外の仮想通貨取引所の多くはCEXと呼ばれる形態です。   Centraized Exchangeの略で、日本語に訳すと「中央集権形の取引所」となります。   仮想通貨取引所は取引所に登録した利用者同士が仮想通貨や日本円などの通貨をやり取りする仕組みです。   CEXはこの仮想通貨のやり取りを運営企業が仲介する形態です。   銀行や保険会社などをイメージすると分かりやすいかもしれません。   日本であればbitFlyerやCoincheck、海外であればBinanceなど有名な仮想通貨取引所はみんなCEXです。   CEXでは仮想通貨の売買を繰り返すことで利益を出すことになります。   分散管理!DEXとは?   一方DEXはDecentraized Exchangeの略です。日本語に訳すと「非中央集権型の取引所」となります。   市場分析プラットフォームのDune Analyticsによると、DEX全体は2021年1月に過去最高となる約680億ドルもの取引高を記録しました。   更に2021年5月には約1740億ドルもの取引高を記録するなど、DEXは成長を続けている形式の取引所になります。   DEXにはCEXに存在した仲介役が存在しません。   スマートコントラクトという、契約をプログラムで自動で行ってくれる仕組みがCEXの仲介役を代行しています。   DEXでは仲介役がいないぶん手数料が安く、資産を利用者自身で管理するなど取引の自由度が高い点が特徴的です。   DEXについて詳しくはこちらの記事を確認してみてください。 海外仮想通貨取引所をおすすめできない理由・デメリット   日本の仮想通貨取引所は「資金決済に関する法律(仮想通貨法)」という法律で規制されています。   日本で仮想通貨取引所を開くためには金融庁の審査を受け、仮想通貨交換業者として登録を受けなくてはなりません。   厳しい審査をクリアしているぶん、日本の仮想通貨取引所は安心して利用できます。   しかし海外の仮想通貨取引所は日本ほど厳しい規制を課せられていない場合も少なくありません。   そこでここからは、よく言われている海外取引所のデメリットを確認しておきましょう。   金融庁から警告を受けている   仮想通貨法では日本の居住者向けにサービスを提供する業者には金融庁の認可を義務付けています。   そして金融庁は認可を受けていないのに日本でサービスを展開する海外の業者に対して、警告文を出していることがあります。   警告を受けている仮想通貨取引所で取引をしても逮捕されるようなことはありません。   しかし2018年4月にはKrakenという海外の仮想通貨取引所が金融庁が規制を強めたことで日本居住者向けのサービスから撤退したこともあります。   警告によってサービスの質が下がる、場合によっては日本市場から撤退してしまうなどのリスクは覚悟したほうがいいでしょう。   ハッキングなどの事件が多い   海外の仮想通貨取引所はハッキングや不正アクセスなどの事件が多く、利用者の資金が失われるリスクが高いです。   2021年8月にはQUOINE PTEがハッキングの被害に遭っています。   日本でもCoincheckの不正アクセスを覚えている方もいるかもしれません。   ですが日本の仮想通貨取引所はセキュリティや資産の管理に関して規制されている上、もし流出事件などが起きても、保証が充実しています。   ですが、多くの海外の仮想通貨取引所の場合、資金を失ってしまうと、その資金が戻ってくるとは限りません。   金融庁などの管轄外でもあるので、その点も注意が必要です。   入出金がスムーズでない場合がある   多くの海外の仮想通貨取引所は日本円に対応していません。   取引をするために日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、海外の仮想通貨取引所に送らなくてはなりません。   仮想通貨は価格が激しく変動します。 日本で購入し、海外の仮想通貨取引所へ送る間に価格が動いてしまう可能性もあります。   中には日本円を直接入金できる海外取引所もあるため、心配な方はそういった取引所を使用するのがオススメです。   日本語未対応の場合がある   海外の仮想通貨取引所はウェブサイトなどが日本語に未対応の場合があります。   当然ですが、日本の仮想通貨取引所は日本語に完全対応です。 ウェブサイトや口座開設、取引はもちろん困ったときのサポートまで日本語で行えます。   英語でも口座開設や取引はできるかもしれません。   ですがトラブルが起きた場合にサポートやお問い合わせを英語で行うのはハードルが高いです。   デメリットだけではない!海外仮想通貨取引所のメリット   一方、海外の仮想通貨取引所もデメリットがあるだけではありません。   日本の仮想通貨取引所は金融庁に規制されているぶん、海外と比べて制限されている部分もあります。   海外の仮想通貨取引所は規制がまちまちです。   そのため日本の取引所にはない、以下のようなメリットがあります。   高いレバレッジで取引ができる! ゼロカットシステムがある 日本では取引できない草コインがある   それぞれ説明していきます。   高いレバレッジで取引ができる   海外の仮想通貨取引所では日本よりも高いレバレッジで取引ができます。レバレッジとは自分の資金の何倍までの取引ができるかを示す数字です。   10万円の資金があるとき、レバレッジ2倍であれば20万円ぶんの取引ができます。   日本では2020年に施行された改正金融商品取引法によって、仮想通貨取引のレバレッジは上限2倍に規制されました。   ですが海外の仮想通貨取引所には100倍を超える高いレバレッジをかけて取引できるところもあります。   仮想通貨は株やFXよりも価格の動きが激しいです。そこに高いレバレッジをかけることで、よりハイリスク・ハイリターンの取引をすることができます。   ゼロカットシステムがある   日本の仮想通貨取引所でレバレッジをかけて取引をしたときに、資金を超えた金額の損失が出てしまうと「追証」という追加の資金が必要です。 追証を用意できないときには、事実上借金となってしまいます。   海外の仮想通貨取引所ではゼロカットシステムという追証が発生しない仕組みを採用しています。   ゼロカットシステムでは損失が資金を上回らないよう自動で取引が行われ、損失分は取引所が補てんしてくれます。   借金を背負うリスクは日本の仮想通貨取引所よりも低いというのは大きなメリットと言えるでしょう。   日本では取引できない草コインがある   仮想通貨経験者の方の中では、この点を求めて海外取引所に登録する方も多くなっています。   海外の仮想通貨取引所では日本よりも多くの銘柄の仮想通貨を取り扱っています。   取引所にもよりますが、中には500種類以上の銘柄を扱うところもあります。   日本で取引できる仮想通貨は、ビットコインやイーサリアムなど人気のあるもののみです。   一方海外では「草コイン」といわれるものも取引できることがあります。   草コインはまだ時価総額や知名度の低い、とてもマイナーな仮想通貨です。安く買うことができ、これから成長する可能性を秘めています。   日本の取引所にはない、将来性の高い通貨を購入できるのは、海外取引所特有の大きなメリットといえるでしょう。   海外取引所と国内取引所、どっちを使うべき?   海外の仮想通貨取引所と日本の仮想通貨取引所には、それぞれにメリット・デメリットがあります。 正直、どちらを使うべきかというのは、その人によります。   ですがこれから仮想通貨投資を始めたい人はまず日本の仮想通貨取引所で仮想通貨取引に慣れるべきです。   日本語によるサポートが充実しており、入出金も日本円でできるなど、ストレスを感じることなく取引ができます。   いきなり海外の仮想通貨取引所で取引を始めると取引以外の部分にハードルが多く、取引が続かなくなるかもしれません。   日本の仮想通貨取引所で取引に慣れると、やりたいことが出てくることがあります。   「もっと多くの仮想通貨を取引したい!」、「もっと大きな利益を出したい!」と思うかもしれません。   そこで投資の幅を広げるために、海外の仮想通貨取引所を利用するのは戦略としてありです。   もちろんそのまま日本の仮想通貨取引所に満足していれば、無理に海外の仮想通貨取引所を利用することはありません。   安全な海外取引所をご紹介   海外の仮想通貨取引所を選ぶときには海外特有のデメリットを克服した、安心して取引できるところを選ぶことがおすすめです。   中でもおすすめなのがbybitです。   bybitはシンガポールの仮想通貨取引所ですが、公式ウェブサイトやスマホアプリ、サポートまで完全に日本語に対応しています。 更に日本円の入金ができ、クレジットカードで仮想通貨を買うことも可能です。   取引銘柄数は7種類と、海外の取引所にしては少ないですが、最大100倍ものレバレッジをかけることができます。   またbybitはUIが優れているのも特徴です。   海外の仮想通貨取引所の中にはUIが分かりにくく、価格や取引画面を直感的に操作できないところもあります。   その点bybitは日本語対応に加え、UIも優れているため日本の仮想通貨取引所のようにストレスなく仮想通貨を取引できます。   総合的なパフォーマンスが高く、日本人からの信頼も厚いため、海外取引所に初めて挑戦する方は、まずはbybitに登録してみることをオススメします!   \ 日本人人気No. 1! / Bybitの詳細を見る   海外仮想通貨取引所のデメリットまとめ   海外の仮想通貨取引所は日本の仮想通貨取引所と比べてハッキングが多く、入出金が複雑というデメリットがあります。 また日本語に対応していない、金融庁からの警告を受けている場合もあるなどの問題もあります。   一方、高いレバレッジやロスカットシステム、草コインを購入できるなどのメリットもあるため、海外の仮想通貨取引所を使うときにはデメリットを理解することが大切です。   仮想通貨取引を重ねながら自分の投資スタイルなどを理解して、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。

Gate.io(ゲート)の評判はどう?日本人ユーザーのリアルな口コミを徹底調査

  「アルトコイン(草コイン)を買いたい」 「バイナンスで取扱っていないコインも買ってみたい」   このような方は、アルトコイン投資による一攫千金を狙っているのではないでしょうか。   バイナンスに上場しているアルトコインは、既に価格上昇が始まっていることがあります。   そのような状況で、今から莫大なリターンを得るのは難しいと思っている方におすすめの仮想通貨取引所があります。   それが「Gate.io(ゲート)」という取引所です。   今回は、仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)の基本情報とメリット・デメリットの解説をします。   この記事を読むことで、まだ知名度が低いGate.ioの情報・リアルな評判を知ることができます。 アルトコイン取引におすすめなので、ぜひ参考にしてください。   Gate.ioの評判をざっくりまとめると…! 24時間取引高で世界ランキング7位 900種類以上の通貨を取引可能! セキュリティが強固 日本人ユーザーは一部制限あり \ アルトコインの取引なら! / Gateに登録する 目次   Gateの基本情報を解説 【良い評判】Gateのメリットは? 【悪い評判】Gateのデメリットは? 結論、Gateは使うべき? まとめ Gateは怪しい?   Gateの基本情報を解説   仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)は、中国企業によって運営されている海外発の仮想通貨取引所です。   2013年にケイマン諸島で設立されており、仮想通貨取引所の中では古い方です。 サービス開始から8年で、2021年10月現在の利用者数は100万人を突破し、現在は日本やアメリカ、韓国などにも拠点があります。     また、2021年10月時点では、24時間取引高で世界仮想通貨取引所ランキング7位(参考:Coingecko トップ仮想通貨取引所ランキング 2021年10月11日)という実績もあります!   沢山の仮想通貨投資家に利用されていることが分かります。 さらに、Gateの魅力はなんと言っても、アルトコインが900種類以上も取引できることです。   取扱っているアルトコインはトップクラスの多さです。アルトコイン投資で一攫千金を狙える可能性が、他の仮想通貨取引所に比べて圧倒的に高いです。 Gateは日本人でも使える?   Gateは日本人でも利用することが可能です。 ただし一部制限があるので、利用する際はしっかりと確認しておきましょう。 具体的には以下の内容が制限されています。 日本居住者向けサービスでの一部制限 内容 仮想通貨レンディング (自分の仮想通貨を取引所に貸し出して、貸借料を得ること) レバレッジ取引 ...

海外FXは難しい?初心者に絶対にオススメできない理由を解説

「海外業者はやめた方がいい」 「海外FX業者は難しい」 このような情報から、海外FXを諦めている方もいるのではないでしょうか? また、「海外」というワードだけで怪しい・難しそうというイメージを持っている方も多いかと思います。   しかし、海外FX業者はメリット・デメリットを把握して正しいFX取引をすれば、国内業者よりも良いパフォーマンスが出せる可能性を十分に秘めています。   今回は、そんな海外FX業者が難しいと言われる理由をはじめ、初心者にオススメの海外FX業者を紹介しています。   この記事を読むことで、海外FX業者について正しく理解し、自分に最適なFX業者を選ぶ上での判断材料・ポイントが分かるようになります。   目次   海外FX業者とは? 海外FX業者が難しいと言われる理由 難しいと言われる海外FX、それでも選ばれる理由は? 結論、海外FXは難しいの? 初心者が始めるのにオススメの海外FX業者は? 海外FXが難しいと言われる理由 まとめ   そもそも海外FX業者とは?   海外FX業者とは、拠点が海外にあるFX業者のことを指し、日本国内にあるFX業者は「国内FX業者」と呼ばれています。   国内FX業者と海外FX業者は、どちらも同じFX取引のサービスを提供をしています。 しかし、この両者には運営会社のお金の儲け方に違いがあり、以下のようになっています。 FX業者が儲かる仕組み(国内・海外業者の差) 国内FX業者:トレーダーが負けることで会社の利益 海外FX業者:トレーダーが勝つことで会社の利益 上記のように、国内FX業者はトレーダーと業者の利益が相反し、海外FX業者はトレーダーが勝てば利益になります。(※全ての国内業者がDD方式、海外業者がNDD方式という訳ではない)   この違いはFX業者の注文方法にあり、DD方式(相対取引)とNDD方式のどちらを採用しているかで会社の儲け方が変わります。 要約すると、トレーダーの注文にFX業者が介入するのがDD方式です。トレーダーの注文を直接インターバンクに流すのがNDD方式です。   NDD方式(海外FX業者)の方が透明性の高い取引ができる反面、DD方式(国内業者)に比べると取引コストが高くなってしまうデメリットなどもあります。 2つの注文方法は、FX業者を選ぶ上でとても重要になってきます。FX業者の口座開設をする前に確認するようにしましょう。   海外FX業者が難しいと言われる理由   「海外FX業者は難しい」と言われることがありますが、一体なぜでしょうか?   その理由の一つは、海外FX業者がNDD方式でクリーンな儲け方をしている反面、会社の利益はスプレッド分がメインになるからです。そのため海外FX業者はスプレッドを広くして取引コストが高い傾向にあります。 また、海外FX業者は国内業者に比べて規制が緩いことも理由にあります。   具体的には以下のような点が難しいと言われる理由になっています。 スプレッドが広い 入出金がスムーズでない ハイレバレッジ 金融庁からの警告 ロスカット水準 信託保全制度 それでは詳しく解説していきます。 スプレッドが広い   海外FX業者のスプレッドは、国内業者に比べて広い傾向があります。 スプレッドが広いと、利益が出るまでの値幅(値動きの幅)が大きくなってしまいトレードが難しくなります。   また、長期的な視点で見ると、取引1回のスプレッドは小さくても、回数が積み重なると大きな取引コストになってしまいます。 そのためスプレッドが狭い国内業者よりも取引コストが高く、不利になりやすいです。   海外FXのスプレッドについて詳しくはこちらの記事をご覧ください!↓ 入出金がスムーズでない   海外FX業者は国内業者に比べて、どうしても入金・出金に時間が掛かることがあります。 また、日本円に喚起する場合、多くの海外FX業者では海外銀行からの送金になります。そのため時間以外に、入出金の手数料が高い業者もあります。   さらに、公式サイトの日本語が最適化されていない業者もあり、入出金がやりにくい・分かりづらいとい業者も一部あります。   無駄なコストは抑えて、気軽に入金・出金をしたい方は、海外FX業者には不向きです。   国内にはないハイレバレッジで損失リスクが高い   レバレッジとは、自己資金よりも多い金額の取引をするための要素です。   国内FX業者は、最大25倍までという規制があります。しかし、海外FX業者は規制が緩いので業者によって1,000倍や3,000倍というレバレッジを効かせた取引ができます。   一見、レバレッジが高いのはメリットに感じますが、高すぎるレバレッジは危険です。 なぜなら資金管理をせずに取引をして損切りができなかった場合、損失額が大きくなり最悪、資金を失ってしまう可能性が飛躍的に高くなるからです。   特にFX初心者が海外FX業者を利用すると、取引量を増やしすぎてしまうので注意が必要です。   金融庁から警告を受けており、情報を追う必要がある   海外FX業者は全てではありませんが、大半の業者が金融庁からの警告を受けています。 これは法律を犯している訳ではありません。また、警告を受けている=危険な業者という訳でもないので注意してください。   金融庁は、「日本の金融ライセンスに登録していない業者」が日本人に対してFXサービスを運営することを警告しています。   日本人のトレーダーが海外FX業者を利用していると、海外FX業者からの税金(法人税)を徴収することができません。そのため金融庁は、海外業者を目の敵にしている印象を受けます。   海外FX業者は、海外の金融ライセンスをしっかり取得しています。   しかし、一部の業者は金融ライセンスを取得していない場合があるので、そのような業者には注意してください。   特にサービスを開始したばかりのFX業者は、まだ金融ライセンスを取得していない場合が多いので、ライセンスについてもしっかりと確認することをオススメします。   ロスカット基準が低め   海外FX業者のロスカット水準は50%が平均的です。低い業者だと、20%のような場合もあります。 ロスカット水準が低いと、以下のような影響があります。 強制ロスカットされると、ほぼ資金が残らない 含み損は口座資金のギリギリまで耐えられる   まずロスカット水準が低いと強制ロスカットが執行された場合、必要証拠金(取引に最低限必要な証拠金)の20%もしくは50%程度しか残らないことになります。   例えばロスカット水準が20%の業者で、必要証拠金1,000円の取引中に、強制ロスカットされると200円しか口座に残りません。   逆に考えれば取引による含み損は、口座資金のギリギリまで耐えることが可能です。   含み損を耐えることができたら値動きによって利益にできる可能性が高まるというメリットでもあります。   このようにロスカット水準が低いことはメリットでもあり、デメリットにもなるので、自分に合った業者を選ぶのが吉です。   信託保全がない場合がある   信託保全制度とは、万が一FX業者が倒産・破産した場合でも、預けていたお金が返金される制度です。 特に、大きな金額をFX口座に入金しているトレーダーには重要な要素です。   日本国内のFX業者は法律によって、この信託保全制度が義務付けられています。 しかし、海外FX業者はそのような法律がありません。業者によって信託保全制度を採用している場合もあれば、倒産しても1円も返金されない業者もあります。   FX業者の倒産は、なかなか考えられない事ですが、やはり利用するなら信託保全制度がある業者を選びたいと誰もが思うでしょう。   難しいと言われる海外FX、それでも選ばれる理由は?   記事前半で海外FX業者のデメリットなどを解説しましたが、もちろんメリットもあります。   取扱通貨ペア(銘柄)が多い傾向にあることやFX口座で株式をトレードできる業者がある他に、 ボーナスの種類が豊富 初期費用が不要または少額 ...

TOP AUTHORS

0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
18 投稿0 コメント
3 投稿0 コメント
4 投稿0 コメント
4 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
66 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
64 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
- Advertisment -
GMOコイン

Most Read

Fxbeyond(FXビヨンド)の評判は?出金拒否の噂やリアルな口コミまとめ!

  「Fxbeyondが気になるけど、どんなFX業者なのか分からない……」   そのように悩んでいる方も多いのではないでしょうか?   Fxbeyondはつい最近日本向けのサービスを開始したばかりのFX業者であり、なかなか取引に踏み切れない方も多いと思います。   この記事ではFxbeyondの評判やメリットやデメリット、気になる口コミなどを徹底検証いたします!   この記事を読めば、Fxbeyondに関して不安がなくなり、取引を始めやすくなりますので、まずはご一読を!   Fxbeyondについてまとめると... 業界トップクラスのハイレバレッジ 分析ツールが優秀 入出金が素早い まだ実績は少ないが、今後期待できる業者! 定期開催のボーナスが優秀 今後に期待できる新興業者! Fxbeyondの登録はこちら 目次 FxBeyondの基本情報は? 【良い評判】FxBeyondのメリットは? 【悪い評判】FxBeyondのデメリットは? FxBeyondのリアルな口コミは?出金拒否がある? FxBeyondの評判まとめ   FXBeyondの基本情報は?   FXBeyondの運営会社は2020年12月に設立されました。比較的歴史の新しい会社です。   会社はパナマ籍で、金融ライセンスもパナマのものを取得していますが運営会社はベトナムにあります。   基本情報は以下の通りとなります。   運営会社 Beyond Systems Inc 会社所在地 パナマ共和国 最大レバレッジ倍率 1111倍 追証 なし ロスカット水準 証拠金維持率50% 入出金手数料 無料 日本語対応 ○     fxbeyondは公式ウェブサイト内に運営会社や関連会社の住所や金融ライセンスのライセンス番号などを公開しています。   ライセンス番号まで公開しているFX業者は珍しく、運営体制の透明性の高さが分かります。   【良い評判】FXBeyondのメリットは?   ここではFXBeyondのメリットを見ていきましょう。   FXBeyondには以下のようなメリットがあります。   FXBeyondの7つのメリット ボーナスキャンペーンが豪華 最大レバレッジは1,111倍と高い 入出金が素早い 分析ツールが優秀 ゼロカットシステムを採用している 日本語対応が充実している 取り扱い商品が豊富   それぞれについて詳しく解説していきます!   ボーナスキャンペーンが豪華   海外FX業者を探す際には、ボーナスキャンペーンの有無や金額はとても重要です。   特に初心者の方は、初期費用を抑えるためにも、ボーナスを重視しておきたい方も多くいるのではないでしょうか?   ボーナスが豪華なことで知られる海外FXですが、その中でもFXBeyondはボーナスキャンペーンが豪華な業者であり、他の業者よりも多くのボーナスを得られます。   過去には100%入金ボーナス(入金した額と同等の額がボーナスとして付与される)が開催されていたこともあり、これは他の業者と比較してもトップレベルに豪華なボーナスと言えます。   ただしFXBeyondはボーナスキャンペーンを常に用意しているわけではありません。 実際、2021年10月現在は、開催中のキャンペーンがない状態となっています。   口座開設を検討する方は、公式ウェブサイトからボーナスキャンペーンの有無を確認することをおすすめします。   \ ボーナスに備えて今すぐ登録! / FXBeyondの詳細を見る 最大レバレッジは1,111倍と高い   FXBeyondは最大レバレッジが1111倍という高い水準を誇ります。 この倍率は国内FX業者はもちろん、他の海外FX業者と比べても高いです。   レバレッジとは、資金の何倍分までの取引ができるかという数値です。 レバレッジ1111倍ということは資金の1111倍分までの取引ができるということを示しています。   レバレッジが高いと、少ない資金で大きなリターンが狙えるというメリットがある他にも、資金効率が良くなり、複数のポジションを持てるといった効果もあります。   初心者のうちからハイレバレッジの取引をすることはオススメしませんが、取引に慣れてくると、レバレッジの高さは大きな武器になるでしょう。   入出金が素早い   海外FX業者を使っていて意外とネックとなるのが、入出金の遅さです。 海外送金をすることになるため、数営業日かかってしまうケースも少なくありません。   しかしFXBeyondは入出金いずれも海外FX業者の中でも最速水準を誇ります! 特に出金は素早く、海外FX業者にもかかわらず当日中に出金されることまであるようです。   またFXBeyondは通常のカスタマーサポートのほかに入出金専用のお問い合わせ窓口を用意しています。   入出金という海外FX特有の不安を克服している点も、大きな強みと言えるでしょう。   分析ツールが優秀   FXBeyondは利用者に独自の分析ツールを提供しています。     この分析ツールは自分の残高だけでなく取引の勝ち負けの比率や平均利益・平均損失など、様々なデータを分析することが可能な優秀なものです。   自分の過去のデータを振り返ることで、その後の取引でより利益を出しやすくなります。   分析ツールと聞くと、経験者向けのメリットのように思うかもしれません。   ですが初心者の方であっても、データの使い方を徐々に学んでいき、取引のレベルを上げていくのがオススメです。   ゼロカットシステムを採用   FXBeyondは他の海外FX業者と同じく、ゼロカットシステムを採用しています。 ゼロカットシステムとは取引によって損失が口座残高より大きくなったときに、マイナス分を業者が補てんしてくれる仕組みです。   国内FX業者ではゼロカットシステムを採用することはできないため、マイナス分は「追証」という借金となってしまいます。   FXBeyondなら、実質的な借金を背負うリスクを恐れずに、高いレバレッジをかけて取引を行うことができます。   日本語対応も充実している   FXBeyondは海外FX業者の中でも日本語対応が充実しているのも大きなメリットです。 公式ウェブサイトは日本語に完全対応しており、文章にも不自然さは感じられません。     更にFXBeyondはサポートも日本語に対応しています。   日本人スタッフが複数人配置されており、日本語によるお問い合わせも24時間可能です。   メールでお問い合わせをした場合も、国内FX業者のように自然な日本語でやり取りができます。   取り扱い商品が豊富   FXBeyondは取り扱い商品が豊富です。   まずFXの取り扱い通貨ペアは31ペアと、他の海外FX業者と比べても多いです。   またFXBeyondでは貴金属やエネルギー(資源)、ビットコインなどの暗号資産、株価指数や株式などの金融商品も取引できます。   ひとつの業者で幅広い商品を活かしたバリエーションのある取引ができるのはFXBeyondのメリットと言えるでしょう。   【悪い評判】FXBeyondのデメリットは?   続いてFXBeyondのデメリットを見ていきましょう。 FXBeyondには以下のようなデメリットがあります。   FXBeyondのデメリット ...

Binanceの取り扱い通貨一覧!オススメ草コインや次にあがる通貨は?

  「Binanceの取り扱い通貨が多いことは知ってるけど、実際どんな通貨があるのか分からない・・・」   「Binanceが取り扱っている通貨の中で、これから期待できる通貨はどれなのか・・・」   このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?   草コインも多く扱っていることから「Binanceが取り扱っている通貨が数十倍〜数百倍になる」ということは少なくなく、見逃してしまうのは勿体無いです。   ただ「Binanceが扱っている通貨のどれがこれから価格上昇が見込めるのか」という点は、しっかりと情報を集めないとわからないですよね。   そこでこの記事では、Binanceの取り扱い通貨一覧から、人気の高い草コインなどについて解説していきます。   Binanceの取り扱い通貨の全体像や、今後伸びそうな草コインをご紹介するので、「購入する草コインの目星」をつけるヒントにしてみてください!   Binanceの取り扱い通貨をざっくりまとめると Binanceは300種類の通貨を扱っている Binanceの取引高は世界No. 1 おすすめの草コインはIOST、Raydium、My Neighbor Alice Binanceの主要な取引方法は5つ \ 取引高世界No. 1! / Binanceに登録する   目次 Binanceの取り扱い通貨は300種類以上 Binanceで取り扱われている人気草コインベスト3 バイナンスの取引方法と対応通貨 【まとめ】Binanceの取り扱い通貨数は世界最大規模   Binanceの取り扱い通貨は300種類以上 Binanceの取り扱い通貨は、記事執筆時点で300種類を超えており、非常に多種多様な仮想通貨が取り扱われています。   国内仮想通貨取引所は、仮想通貨の取り扱いに際して厳しい手続きを設定しており、取り扱い通貨のバリエーションに定評のあるコインチェックでさえ、取り扱い通貨数は17種類となっています。   このような背景から国内仮想通貨取引所と比較すると、海外取引所であるBinanceの取り扱い通貨がかなり豊富であることが分かるのではないでしょうか。   Binanceなら「BTC(ビットコイン)」「ETH(イーサリアム)」「XRP(リップル)」といった主要通貨はもちろん、国内仮想通貨取引所が扱っていないような草コインと言われる通貨も購入可能です。   Binanceの取り扱い通貨の一覧は、コチラからチェックできます。 Binanceで取り扱われている人気通貨 これから、いくつかBinanceが取り扱っている以下の主要な人気通貨をご紹介します。   BNB ビットコイン イーサリアム リップル   どれも著名な仮想通貨のため、少なくとも名前は聞いたことがあるという方が少なくないでしょう。これから、1つ1つ解説していきます。 BNB BNBは、Binanceが主導して開発した仮想通貨です。   「Binanceが開発した」ということもあって、Binance関連のプラットフォーム・製品との相性が良く、ここ数年ではBSCとの親和性の高さが顕著です。   BSCはBinanceが開発したスマートコントラクトを実装しているブロックチェーンで、基軸通貨にBNBが用いられています。(BSCはBinance版のイーサリアムのようなもの)   こういった背景からBNBは、BSC全体の取引量が増えたり、Binance関連のサービスが盛り上がると恩恵が受けやすい存在になっているので、価格上昇のきっかけとなる可能性が多数存在しており、ポテンシャルが高い通貨です。 ビットコイン Binanceが扱っている300種類を超える通貨の中には、もちろんビットコインも含まれています。   ビットコインは仮想通貨の王様・母親的な存在なので、特段の説明は必要ないと思いますが、未だに象徴的な存在として、大きな時価総額を持っています。   数年前のように、ビットコインで「数十倍〜数百倍」といったリターンを期待することは難しいものの、仮想通貨の中では比較的価格変動が落ち着いているため、仮想通貨の入門として優秀な存在です。 イーサリアム イーサリアムは、基礎的な部分はビットコインを参考にしながら、スマートコントラクトを実装することで、ブロックチェーンを用いて契約を行えるようにした革命的な仮想通貨です。   イーサリアムのスマートコントラクトを利用したさまざまなプロジェクトが立ち上がっており、話題になった「Uniswap・Compound」みたいなプロトコル・サービスの根幹的な存在にイーサリアムは位置しています。   ガス代の高騰や、BSCといった競合の登場から課題・懸念点は見られるものの、未だにスマートコントラクトを実装したプロジェクトの仮想通貨としては、最も大きな時価総額を持っているのがイーサリアムです。 リップル リップルは、送金に特化した仮想通貨です。   中央集権的な面があること、開発の体制・背景という側面から見ると、非中央集権的なビットコイン・イーサリアムといった仮想通貨とは特色が異なるのがリップルです。   中央集権的であることが故のリスクを持っているものの、中央集権的であるからこそできる設計を導入していることから、送金に伴う処理速度や費用に関してはトップクラスのスペックを持っています。 Binanceで取り扱われている人気草コインベスト3 やはり、Binanceの取り扱い通貨が300種類以上もあることから、気になるのは「次のビットコイン・イーサリアムになれるポテンシャル」を持った通貨ではないでしょうか。   これから、激選した「人気の草コインベスト3」を「IOST」「RAY」「ALICE」という3つからご紹介していきます。 IOST 1つ目にご紹介したい人気の草コインは「IOST」です。   IOSTは、IOSTのプロジェクトに関連するプラットフォーム、仮想通貨などの総称です。   スマートコントラクトを実装していることから、イーサリアムのようにIOSTのブロックチェーン・スマートコントラクトなどのエコシステムを利用して、さまざまなサービスが開発されるプラットフォームとしての素質を持つ仮想通貨にあたります。   処理速度や独自のコンセンサスアルゴリズムなど、さまざまな特徴がありますが、その中でも特筆したいのは「開発者の参入障壁が低い」という点です。     というのも、IOSTは開発言語としてJavascriptを採用しており、イーサリアムなどで採用されているものよりも、容易に使いこなせることができます。   「開発者が簡単に開発できる」ということは「魅力的なサービスが出てくる可能性が高い(多数の参入者が出てくる可能性があるため)」という点にも繋がってきます。   このような点から、IOSTは他の類似プロジェクトの差別化・付加価値が明確です。   もしも成功すれば、プラットフォームという性質上、第2のイーサリアムになるポテンシャルも持っているので、注目しておきたい通貨の1つであると言えるでしょう。 Raydium(RAY) Raydiumは、ブロックチェーン上に構築されている取引所である分散型取引所(DEX)の1つです。   Raydiumが、UniswapやSushiSwapと大きく異なるのは、イーサリアムではなく「Solanaブロックチェーンを利用している」という点です。   Raydiumが採用しているSolanaブロックチェーンは手数料が安く、手数料の安さに定評のあるBSCよりも、手数料が低くなっています。(厳密には、ガス代と言われるトランザクションに伴う手数料です)   BSCが取引量を向上させた背景として、Uniswapなどの流行に伴いイーサリアムの手数料が高騰し、BSCを採用しているPancakeSwapなどにユーザーが避難したことを指摘する声は少なくありません。   この点を考慮すると、イーサリアム・BSCに手数料などの観点から優位に立っているSolanaを利用したRaydiumが次世代のUniswap・PancakeSwapになる可能性はあると言えるのではないでしょうか。   Raydiumはガバナンストークン(Raydiumの運営に影響を与えるトークン)として、RAYというトークンを発行しており、RAYを購入しておけば、Raydiumの取引量増加に伴って価格上昇が期待できます。 My Neighbor Alice(ALICE) 「NFTブームに乗り遅れた感がある・・・」 「ブロックチェーンゲームに興味があるが、Axie Infinityは旬が過ぎた感じがする・・・」 といった意識がある方におすすめなのが、My Neighbor...

Bybit(バイビット )は危険なの?日本人向けに安全性を検証!

  「Bybitは危険という悪い噂があるけど本当?」 「Bybitに登録してみたいけど、安全性が心配!」   そのような疑問を抱いている方も多いと思います。   たしかに、海外取引所であるBybitに登録するにあたって、安全性がわからなくて実際に利用すべきかどうか悩んでいる方は多くいます。   しかし、Bybitは危険性を正しく理解しておけば、日本人でも安全に利用できる取引所の一つです!   そこでこの記事では、セキュリティの高い海外取引所を求めている人のために、Bybitの安全性を紹介します。   この記事を読んで、Bybitで安全な仮想通貨取引を楽しみましょう!   Bybitの危険性をざっくりまとめると… Bybiyはセキュリティが強固な取引所 取り扱い通貨数は少ない 出金のタイミングに制限がある 総合的に初めての方にもオススメできる取引所! \ 初めての海外取引所にオススメ! / Bybitの詳細を見る 目次   Bybitってどんな取引所? Bybitが危険と言われる5つの理由 Bybitは危険な点以外にもメリットがたくさん! 結論、Bybitは使うべきなの? Bybitの危険性まとめ Bybitってどんな取引所? Bybitは2018年3月にシンガポールで設立された仮想通貨取引所です。   他の取引所と比較して設立しれも歴史はそこまで長くありませんが、アジア圏を中心に勢力を広げており、今では利用顧客数120万人以上まで成長しています!   世界130ヵ国以上に顧客を持つ人気の海外取引所ですが、会社の住所や電話番号等は公表されていません。   会社情報には不透明な部分が多いですが、安全性への投資比率は業界最高水準です!   具体的には、一般的な仮想通貨取引所の安全性への投資比率は15%程度なのに対し、Bybitの投資比率は20%程度になっており、今後も比率は増える見込みです。   Bybitはインフラ整備にも力を入れています。   サーバー負荷が軽いシステムを採用しているため、注文の通る速度が早く、値滑りやフリーズはほとんど起こりません!   多くのユーザーから高い信頼を獲得しているBybitなら、初心者でも安心して利用できるでしょう。   \ 安全性が高くて安心! / Bybitの詳細を見る Bybitが危険と言われる5つの理由 そんなBybitですが、「Bybitは危険」などと言われることがあるのも事実です。 具体的にどのような危険が存在するのでしょうか。   ここでは、Bybitの悪い評判が出る主な5つの原因を紹介します。 金融ライセンスを取得していない   Bybitは金融ライセンスを取得していません。   金融ライセンスとは、投資事業を展開する業者に対して発行される許可証のことで、難易度の高いライセンスを保有している業者ほど信頼できます。   金融ライセンスを保有していない業者だと、トラブルが生じたときにトレーダーが全責任を負わなければいけません。   ですが、Bybitは取引量の多い実績のある取引所であることは間違いありません。   セキュリティやインフラ整備を重視しており、ユーザー数も増え続けているので、仮想通貨の取引所の中でも高い信頼を得ています。   実際、金融ライセンスを取得していないからと言って安全性が低いわけではありませんが、頭に入れておくべき情報だと言えるでしょう。   取り扱い通貨数が少ない   これは危険性とは直結しませんが、Bybitは取り扱う通貨数が他の取引所よりも少ないです。 Bybitの取り扱い通貨 ビットコイン イーサリアム テザー リップル ...

海外FXの始め方は?初心者が注意すべきポイントと心構えを解説

  「海外FXの始め方がよく分からない・・・」   今回はこんな悩みを解決していきます!   海外FXに興味があるけど、始め方から不安な事って多いですよね。   たしかに、海外FXならではのデメリットありますが、使ってみると想像以上にメリットも大きいです。   この記事を読めば、海外FXの始め方の要点を押さえて、非常に簡単に始め流ことができるようになるでしょう!   海外FXの始め方ガイド 海外FXのメリット・デメリットを知ろう 海外FXはレバレッジの高さなど好条件が魅力 世界中の海外FXで見れば、悪質な業者もいる 初心者は大手でボーナスを利用して海外FXを始める 海外FXはWeb上の手続きで簡単に始められる \ 無料で誰でも3,000円相当のボーナス! / XMの詳細を見る 目次 海外FXを始める前に知っておくべき5つのメリット 海外FXを始める前に知っておくべき4つのデメリット オススメの海外FX口座 海外FXの始め方!口座開設方法 海外FXの始め方 まとめ 海外FXを始める前に知っておくべき5つのメリット   国内にも多くのFX業者がある中、海外FXを利用する人は多いです。   なぜなら、国内FXでは提供できない、様々なメリットがあるからです。   少額資金でもFXを始めやすい環境だったり、ボーナスを受け取れるFXのお得な始め方などがあります。   海外FXのメリットは5つ ハイレバレッジで資金効率が良い 追証がなく借金のリスクがない キャンペーンが充実している ロスカット水準が引く 取引制限がゆるい   これらのメリットについて、順番に解説していきます。   ハイレバレッジで資金効率が良い   海外FXでは圧倒的なハイレバレッジで資金効率良く取引ができます。   なぜなら、日本の最大25倍までのレバレッジ規制の様に、海外で規制がないケースが多いからです。   例えば、海外FX業者で有名なXM Trading(エックスエム)だと最大888倍のレバレッジを提供しています。   日本国内の法人口座でも、最大100倍程度がレバレッジの目安ですから、海外FX業者のレバレッジ条件は、個人でもプロのトレーダー以上の好条件ですね。     追証がなく借金のリスクがない   FXを始めたばかりだと、取引で失敗して大きな借金をするかもと心配になります。   しかし、海外FXなら少なくとも取引で負けて借金を抱える心配はありません。   なぜなら、ゼロカットシステムにより、口座残高を超える損失は発生しない仕組みになっているからです。   実は、国内FXではゼロカットシステムを採用できません。   なので、口座残高を超える損失(追証の支払い)がないのは、海外FXを利用する大きなメリットです。   キャンペーンが充実している   海外FXを利用するメリットは、キャンペーンが非常に充実していることも挙げられます。   口座開設、入金、取引など普通にFXをしているだけで、ボーナスを受け取れるのです。   例えば、口座開設キャンペーンを実施している海外FX業者では、口座開設とWeb上で完結する本人確認で3,000円~20,000円相当のトレード資金が手に入ります。   入金した金額より多くのトレード資金、時には入金いらずの無料でFXを始められるのも、海外FXならではのメリットです。   ロスカット水準が低い   ゼロカットシステムを採用していることもあり、海外FXではロスカット水準の低い業者が多いです。   ロスカットとは、証拠金維持率が一定水準をした回ると、強制的に損失が決済される仕組みです。   FXでは、ロスカット採用は一般的な取引ルールになります。   海外FXでは、ロスカット水準を証拠金維持率50%未満とする場合が多く、中には証拠金維持率0%をロスカット水準とする業者も存在しています。   ロスカット水準が低いと、強制ロスカットまで耐えられる値幅が大きくなるので、少額資金で極限まで生かした取引が可能です。   取引制限がゆるい   海外FX業者では、透明性の高いNDD方式を採用するケースが多く、取引制限がゆるいメリットがあります。   NDDとは、ノーディーリングデスクの略で人為的にディーラーが介入せず、取引システムで私達の注文が処理される発注方式です。   海外FXは、取引システムによって注文が高速処理されるため、取引できるロット数も大きい傾向があります。   海外FX業者の中には、トレード資金が十分なら発注できるロットは無制限といった所もあります。   海外FXを始める前に知っておくべき4つのデメリット   海外FXのデメリットは4つ 信託保全がない場合が多い 悪質な業者も存在する スプレッドが広い ...