CoinPartnerSELECT4

4 投稿0 コメント

Bybit(バイビット )は危険なの?日本人向けに安全性を検証!

  「Bybitは危険という悪い噂があるけど本当?」 「Bybitに登録してみたいけど、安全性が心配!」   そのような疑問を抱いている方も多いと思います。   たしかに、海外取引所であるBybitに登録するにあたって、安全性がわからなくて実際に利用すべきかどうか悩んでいる方は多くいます。   しかし、Bybitは危険性を正しく理解しておけば、日本人でも安全に利用できる取引所の一つです!   そこでこの記事では、セキュリティの高い海外取引所を求めている人のために、Bybitの安全性を紹介します。   この記事を読んで、Bybitで安全な仮想通貨取引を楽しみましょう!   Bybitの危険性をざっくりまとめると… Bybiyはセキュリティが強固な取引所 取り扱い通貨数は少ない 出金のタイミングに制限がある 総合的に初めての方にもオススメできる取引所! \ 初めての海外取引所にオススメ! / Bybitの詳細を見る 目次   Bybitってどんな取引所? Bybitが危険と言われる5つの理由 Bybitは危険な点以外にもメリットがたくさん! 結論、Bybitは使うべきなの? Bybitの危険性まとめ Bybitってどんな取引所? Bybitは2018年3月にシンガポールで設立された仮想通貨取引所です。   他の取引所と比較して設立しれも歴史はそこまで長くありませんが、アジア圏を中心に勢力を広げており、今では利用顧客数120万人以上まで成長しています!   世界130ヵ国以上に顧客を持つ人気の海外取引所ですが、会社の住所や電話番号等は公表されていません。   会社情報には不透明な部分が多いですが、安全性への投資比率は業界最高水準です!   具体的には、一般的な仮想通貨取引所の安全性への投資比率は15%程度なのに対し、Bybitの投資比率は20%程度になっており、今後も比率は増える見込みです。   Bybitはインフラ整備にも力を入れています。   サーバー負荷が軽いシステムを採用しているため、注文の通る速度が早く、値滑りやフリーズはほとんど起こりません!   多くのユーザーから高い信頼を獲得しているBybitなら、初心者でも安心して利用できるでしょう。   \ 安全性が高くて安心! / Bybitの詳細を見る Bybitが危険と言われる5つの理由 そんなBybitですが、「Bybitは危険」などと言われることがあるのも事実です。 具体的にどのような危険が存在するのでしょうか。   ここでは、Bybitの悪い評判が出る主な5つの原因を紹介します。 金融ライセンスを取得していない   Bybitは金融ライセンスを取得していません。   金融ライセンスとは、投資事業を展開する業者に対して発行される許可証のことで、難易度の高いライセンスを保有している業者ほど信頼できます。   金融ライセンスを保有していない業者だと、トラブルが生じたときにトレーダーが全責任を負わなければいけません。   ですが、Bybitは取引量の多い実績のある取引所であることは間違いありません。   セキュリティやインフラ整備を重視しており、ユーザー数も増え続けているので、仮想通貨の取引所の中でも高い信頼を得ています。   実際、金融ライセンスを取得していないからと言って安全性が低いわけではありませんが、頭に入れておくべき情報だと言えるでしょう。   取り扱い通貨数が少ない   これは危険性とは直結しませんが、Bybitは取り扱う通貨数が他の取引所よりも少ないです。 Bybitの取り扱い通貨 ビットコイン イーサリアム テザー リップル ...

仮想通貨FXの追証なしなら海外取引所を使うべし!仕組みやおすすめを解説

  「仮想通貨FXを追証なしで始めたい!」 「でも、どの海外取引所を選べばいいかわからない...」   そのような疑問を抱いている方は多いと思います。   仮想通貨FXを始めてみたいと思っても、仕組みがわからなくて最初の一歩を踏み出せない人も多いでしょう。   ですが、仮想通貨FXは基本的なルールと注意すべきポイントを把握しておけば、損せずに安全な取引を実現できます!   この記事では、仮想通貨FXの仕組みや追証なしで使える海外取引所について、初心者にもわかりやすく解説します。   この記事を読めば、追証なしで安全に仮想通貨FXの取引を始められるでしょう!   目次   そもそも仮想通貨FXとは?【現物比較】 仮想通貨FXにおける「追証」とは? 仮想通貨FXを追証なしでできる海外取引所を2つ紹介 追証なしで使える海外取引所!注意点は? まとめ 海外仮想通貨FXの追証なし取引所について そもそも仮想通貨FXとは?【現物比較】   現物取引との違い 少ない資金で大きな利益を狙える 下落相場でも利益を狙える 仮想通貨FXとは、FXのようにレバレッジをかけて実際に預けている仮想通貨以上の金額で取引を行うことです。   「ビットコインFX」や「暗号資産FX」とも呼ばれています。   レバレッジとは、てこの作用を意味しており、少ない資金で大きな金額を動かせることを指します。 例えばレバレッジ100倍であれば、証拠金1万円で100万円分の仮想通貨を購入できます。   少ない資金で大きなリターンを狙えるメリットがある一方で、大きな損失を出すデメリットもあります。 そのため、レバレッジ取引は慎重に行う必要があります。   仮想通貨FXはレバレッジで稼げるだけでなく、価格が高いときに売ってあとで買い戻す取引(空売り)をすることも可能です。   空売りを活用すれば、下落相場の局面でも利益を狙えます。   仮想通貨FXと違い、仮想通貨の現物取引では手持ち資金以上の大きな取引はできません。   レバレッジ取引や空売りをできないことが、仮想通貨FXと大きく異なる点だと言えます。   仮想通貨FXにおける「追証」とは?   追証のない仮想通貨FXは存在します!   追証がなければ、仮想通貨FXの取引で損失が出たとしても、借金を背負うリスクなしで安全な取引を楽しめます。   そもそも追証とはどういったものなのか、その仕組みについて解説します。 追証とは   追証(おいしょう)とは「追加保証金」の略称で、レバレッジ取引で手持ち資金以上の損失が出た場合に、追加で資金を入れる制度のことです。   簡単にいうと「借金」です。   ただし、含み損が一定水準まで膨らんできたときは、強制的にポジションが決済される「ロスカット」が執行されるため、実際に手持ち資金以上の損失が出ることは考えにくいです。   しかし、国内の取引所などの場合は、FX取引において追証あるの場合も多いです。   そのようなリスクを考えると、追証がない取引所を利用するのが得策です。   証拠金維持率とは   仮想通貨FXの取引をするときは証拠金が必要です。   この証拠金に10倍、100倍といったレバレッジをかけて、大きな利益を狙います。   証拠金維持率とは、自身の取引に対する証拠金の割合のことです。   証拠金維持率が低くなるほど、自分の取引がうまくいっていないということになります。   証拠金維持率が一定割合以下になると強制ロスカットが発生し、損失が確定してしまうので注意が必要です。   なぜ海外取引所は追証なしを選択するのか   仮想通貨FXができる海外取引所の多くは、「追証なし」のゼロカットシステムを採用しています。   ゼロカットシステムがあれば、急な為替変動などで証拠金を超える損失が出ても取引所が負担してくれるため、ユーザーは借金を背負うことなく安全な取引を楽しめます。   ユーザーにとってはメリットの大きいシステムでも、取引所の目線で考えると、負債を補填するのはデメリットのように感じます。   しかし、取引所はデメリットよりも、追証なしを採用してユーザーが増えることで得られる収入的なメリットのほうを重視しているのです。   仮想通貨FXの取引はハイリスク・ハイリターンなので、ゼロカットシステムがないとユーザーは安心して取引できません。   取引所もユーザーに利用してもらわない限りは、レバレッジを高く設定する意味がなくなってしまいます。   そのような理由から、「追証なし」を採用しているのです。   仮想通貨FXを追証なしでできる海外取引所を2つ紹介   仮想通貨FXを追証なしでできるおすすめの海外取引所は、日本語に完全対応している「Bybit(バイビット)」と、取引高ランキング世界1位の「Binance」です。   各海外取引所のおすすめポイントを詳しく解説します。 Bybit Bybitを利用するメリット 日本語に完全対応 日本語対応のサポートがある レバレッジを最大100倍までかけられる 実質日本円で入金できる ボーナスが付与されるキャンペーンが充実 Bybitは、シンガポールに拠点を置く仮想通貨FXがメインの海外仮想取引所です。   Bybitのメリットは日本人対応のサポートがあることでしょう。   24時間365日対応で、チャットの質問には60秒以内に答えてくれるなど、充実したサポート内容になっています。   日本語に完全対応している海外取引所は珍しいので、英語が苦手なトレーダーも安心です。   また、2020年8月から暗号資産購入機能が導入されたことにより、クレジットカードで購入できるようになりました。   クレジットカードを使えば、実質日本円で入金できます。   追証なしのゼロカットシステムを採用しているため、万一ロスカットになっても損失が証拠金を上回る心配はありません。   初心者も安心して利用できるおすすめの取引所です。   \ 追証なしで安全! / Bybitの詳細を見る   Binance Binanceを利用するメリット 取扱仮想通貨の数は350種類以上 取引高ランキングは世界1位 先物取引のレバレッジは最大125倍 取引手数料が安い ...

海外FXの強制ロスカットとは?証拠金維持率や投資家を守る仕組みを解説

「海外FXでよく聞く強制ロスカットって何?」   そのような疑問を抱いている方は多いと思います。   海外FXを始めてみたいと思っても、知らない言葉が多くて最初の一歩を踏み出せない人が多いかと思います。   ですが、海外FXはルール基本単語を把握しておけば、損せずに安全な取引を実現できる可能性も高くなります!   そこでこの記事では、海外FXの強制ロスカットや証拠金維持率について、初心者にもわかりやすく解説します。   この記事を読めば、海外FXの強制ロスカットに理解して、安全に取引を始めることができるようになるでしょう! この記事で分かること! 強制ロスカットは投資家を損失から守る仕組みのこと 証拠金維持率を意識するのが重要 損失は確定してしまうので注意が必要 不安な方はXMなど実績がある業者で始めるのがオススメ \ 強制ロスカットで安心! / XM Tradingの詳細を見る 目次   【ロスカットの基準】証拠金維持率とは 海外FXのロスカットとは? 海外FXと国内FXのロスカット水準比較 海外FXの強制ロスカットで損をしないためには? 海外FXのロスカットについて まとめ 【ロスカットの基準】証拠金維持率とは   FXでは資金を担保にして為替の取引を行います。   この担保にするお金のことを「証拠金」と言います。   まずは海外FXをするうえで覚えておきたい「有効証拠金」「必要証拠金」「証拠金維持率」の3つの単語について紹介していきます。 有効証拠金とは?   有効証拠金とは、証拠金に含み損益を足したものです。   例えば証拠金が10万円で含み益が5万円の場合、有効証拠金は15万円になります。   逆に5万円の含み損がある場合の有効証拠金は5万円になります。 損益が推移するたびに有効証拠金も変動します。   有効証拠金は「実質証拠金」や「純資産」と表示されることもありますが、すべて同じ意味です。   有効証拠金は今後どれだけ取引を継続できるかの判断基準として活用できます。 必要証拠金とは?   FX取引をする際にFX会社に預けなければならない最低限の証拠金のことを「必要証拠金」と呼びます。   1万円分の通貨を購入したい場合は、必要証拠金として1万円用意しなければなりません。   FXでは必要証拠金以上の通貨は購入できませんが、レバレッジ作用を活用すれば、必要証拠金以上の大きな運用が可能になります。   例えば、1万円の必要証拠金しかなくても100倍のレバレッジをかければ、100万円分の取引が可能です。 証拠金維持率の計算方法 証拠金維持率とは、FX取引を始める際に作った口座資金の証拠金(純資産額)の割合のことです。   証拠金維持率は以下の式で計算できます。 証拠金維持率 = 有効証拠金額(資産合計 + 評価損益)/ ポジション必要証拠金×100   つまり、証拠金維持率とは、自身の取引に対する証拠金の割合になるため、証拠金維持率が低くなるほど自分の取引がうまくいっていないということになります。   証拠金維持率が低くなると、購入している通貨を強制的に決済される(強制ロスカット)対象になるので注意が必要です。   海外FXのロスカットとは? 国内FXと海外FXはどちらもロスカットのルールが定められています。   基本的なルールは同じですが、海外FXしかないシステムもあるので注意が必要です。   そこでここでは、海外FXによく見られる強制ロスカットの仕組みについて解説します。 そもそも追証やロスカットって何?   ロスカットについて理解する上では、言葉の意味をしっかりと理解しておく必要があります。   まずは基礎的な単語の意味を勉強していきましょう。   追証とは   追証とは「追加証拠金」の略称で、追加保証金のことを指します。   例えば、国内のFX取引などでは、含み損が発生して証拠金維持率を下回ったり、口座残高を超えるほどの損失が出たりした場合は追証が発生します。   ロスカットとは   ロスカットとは、ポジションが強制的に解消されるシステムのことです。   元本以上の取引ができるFX取引では、元本を超える損失が発生することがありますが、ロスカットによって強制的に取引が終了されることにより、最低限の資金を温存できます。   本来、ロスカットがあれば借金を背負うことはありません。しかし、相場状況等によっては証拠金以上の損失が発生するケースがあるので注意が必要です。   ゼロカットとは   このようなロスカットのリスクをフォローできるのが「ゼロカット」と呼ばれるシステムです。   ゼロカットとは、強制決済が間に合わないほどの急な為替変動が起きて損失が発生した場合に、追証なしにできるシステムです。   証拠金以上の損失をゼロにしてくれるシステムだと理解しておけばよいでしょう。   ゼロカットは海外FXにのみ導入されているシステムです。   残高が急にマイナスになったとしても、国内FXのように膨大な追証を払う必要はありません。   多額の借金を背負うリスクはまず発生しないため、ゼロカットを決め手に海外FX口座を選ぶ人もいます。   ロスカットレベルとは? ロスカットレベルとは、ロスカットを発動させる証拠金維持率のことです。   ロスカットレベルは海外のFX会社で使われている言葉で、日本のFX会社は「ロスカット水準」「ロスカットライン」と呼ぶこともあります。   ロスカットレベルは会社ごとに定めているため、水準はそれぞれ異なります。   「30%」「40%」「50%」というようにロスカットレベルを選択できる業者もあるので、取引前に必ず確認しておきましょう。   例えばロスカットレベルが100%の場合、証拠金維持率が100%を切った段階で強制決済されます。   一方でロスカットレベルが0%の場合は、入金額が完全になくなるまで取引できます。   仮にロスカットレベルが0%だとしても、海外FXにはゼロカットシステムがあるため、ロスカットされても借金を抱えるリスクはありません。 ロスカットによって起こることは? ロスカットはFXの取引に大きな影響を及ぼします。   より満足のいく取引を実現するためにも、ここでロスカットによって起こりうる事態をきちんと確認しておきましょう。 追証の確率が減る 強制ロスカットの目的は追証を排除することです。   本来、証拠金以上の損失が発生したときは追加証拠金を口座に納める必要がありますが、強制ロスカットが起これば、返済しきれない負債を背負わなくて良くなります。   ただし、追証の確率が減るとはいえ、完全に排除できるわけではありません。   強制ロスカットが間に合わなかった場合は、追証が発生することもあるので、ある程度の注意が必要です。 損失が確定する 強制ロスカットをすれば大きな負債を背負うことはありません。   その代わり、自分の資産が減って損失が確定してしまうことは頭に入れておきましょう。   損失の発生を防ぐためには、FX会社を選ぶときに強制ロスカット水準を確認することが大切です。   また、強制ロスカットを最後の砦として、早めに損切りするなど、強制ロスカットされないように日頃から注意することも重要になります。 ポジションが解消される FX業者によってロスカットされると、ポジションを保持し続けることができません。   そのため、大きな値上がりを待つ前に損失が確定してしまいます。   購入した通貨を長期的に保有して値上がりを待ちたいなら、強制ロスカットにならないように十分注意しましょう。 海外FXと国内FXのロスカット水準比較 国内FX会社と海外FX会社の強制ロスカット水準がどのくらい異なるのかを以下の表にまとめてみました。   国内FX業者 強制ロスカット水準 GMOクリック証券 証拠金維持率50%以下 楽天証券 証拠金維持率50%以下 SBI...

【2021年10月更新】Bybitのキャンペーン一覧と今後のキャンペーンを予測!

「Bybitのキャンペーンを利用してボーナスをゲットしたい!」 「もっとお得にトレードしたい!」   このように考えている人は多いと思います。Bybitではボーナスがもらえるキャンペーンを定期的に開催しているため、うまく活用すればお得にトレードできます!   「いつキャンペーンを開催しているの?」   このような疑問にお応えすべく、この記事では2021年9月現在の最新キャンペーン一覧をまとめてみました。今後開催されそうなキャンペーンも予測しているので、最後まで要チェックです!   目次 【2021年9月最新】Bybitのキャンペーン一覧 今後Bybitがキャンペーンをやるかもしれない時期を予想! Bybitのキャンペーンに関するよくある質問 【2021年9月最新】Bybitのキャンペーン情報まとめ 【2021年9月最新】開催中のBybitのキャンペーン一覧 2021年9月24日(金)午後1時 〜 10月8日(金)午後1時(日本時間)までの期間限定で「期間限定入金ボーナスキャンペーン」を開催しています。   入金するだけで最大1,000USDTボーナスがもらえるお得なキャンペーンです!新規も古参も関係なく参加でき、ハズレもありません!   ほかにも、初回入金した人限定のキャンペーンを開催しています。すでにBybitに入金したことのある人は利用できませんが、これから口座開設しようと考えている人には大きなチャンスです。   最大で1,000ドルのボーナスをゲットできるため、このキャンペーンを機会にBybitを始めてみるのもおすすめです。 ただし、期間限定のキャンペーンなので、期間中に初回入金しないとボーナスをゲットできません。   Bybitを初めて利用する方、口座開設をしていない方は、早めに参加しましょう! \ 1分で簡単口座開設 / Bybitの詳細を見る トレードデビュー応援キャンペーン トレードデビュー応援キャンペーンは、2021年8月2日午後7時(日本時間)から18日午後7時(日本時間)までの期間限定で開催されていたキャンペーンです。   この期間中に初めて入金した人は、10ドル相当のクーポンが入金された通貨と同じ種類の通貨建てで付与されます!   さらに、ビットコインで追加入金をすると、入金額に応じてビットコインボーナスがもらえます。1BTC(50,000 XRP)入金すれば、最大で1,000ドルものボーナスをゲットできます!   特典を受け取るには、キャンペーン期間中の参加登録が必要です。また、登録後14日以内に初回入金を済ませないと、特典を受け取ることができません。キャンペーン期間は登録した日時によって変わるので注意が必要です。   さらに、​​ボーナスが振り込まれるまで、対象の入金額をアカウントに保持する必要があります。他通貨への交換やメインアカウントからサブアカウントへの振替は出金とみなされ、対象の入金額が減ってしまい、ボーナスに影響が出るので注意しましょう。   bybitの詳しい評判についてはこちら↓ 今後Bybitがキャンペーンをやるかもしれない時期を予想! Bybitでは初回限定のキャンペーンだけでなく、時期ごとにお得なキャンペーンを行なっています。とはいえ、キャンペーンを大々的に宣伝をしているわけではないので、いつキャンペーンが開催されていたのか知らない人も多いでしょう。   ここでは過去にBybitで開催されたキャンペーンをもとに、今後のキャンペーン開催時期を予想してみました!すでに初回入金を済ませていてトレードデビュー応援キャンペーンを利用できなかった方、Bybitの口座開設を検討している方は参考にしてみてください。 お正月 Bybitでは例年1月〜2月初旬にお正月キャンペーンを開催しています。 過去に開催されたお正月キャンペーン お正月入金キャンペーン(2021年1月11日〜2021年2月5日) 300ドル新春キャンペーン(2021年1月22日〜2021年2月4日) 「お正月入金キャンペーン」では期間中にBTCを入金した参加者全員に20ドルのボーナスが付与されます!さらに、入金額に応じて15〜500ドルのボーナスが受け取れるなど、充実した内容です。   「300ドル新春キャンペーン」では、期間中に1BTC以上入金したユーザーに対して300ドル相当のビットコインが付与されました。 春や夏といった季節の入れ替わり Bybitでは季節ごとに異なるキャンペーンを開催しています。過去にも以下のようなキャンペーンが開催されていました。 過去に開催されたキャンペーン 春の特別企画 0.1BTCボーナス大抽選会(2021年3月9日〜2021年3月25日) 聖パトリック祭(2020年3月17日〜2020年3月31日) 新年度取引応援ボーナスキャンペーン(2021年4月12日〜2021年5月9日) 総額100万USDTボーナス!DOGE取引キャンペーン(2021年7月2日〜2021年7月9日) BTC抽選会 5BTCが当たるキャンペーン(2020年9月10日〜2020年9月30日) 特に春はキャンペーンの多い時期なので、ボーナスをゲットするチャンスです!   2021年4月12日〜5月9日に開催された「新年度取引応援ボーナスキャンペーン」では、取引量に応じて最大1,000ドル相当のビットコインボーナスが付与されました。 トレード大会は比較的多く行っている Bybitでは特典をもらえるキャンペーンだけでなく、トレード大会も定期開催しています。   バトルに買ったトレーダーには賞金が用意されているので、腕に自信のある人におすすめです。 過去に開催されたトレード大会 WSOT(大会期間:2021年8月28日~2021年9月17日) ジングル大乱闘(大会期間:2020年12月2日〜2020年12月23日) 全日本トレードバトル(大会期間:2020年6月19日〜2020年7月3日) 裁量VSボットトレードバトル(大会期間:2020年10月12日~ 2020年10月23日) 最高賞金総額はWSOTが7,500,000...

TOP AUTHORS

0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
18 投稿0 コメント
3 投稿0 コメント
4 投稿0 コメント
4 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
66 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
64 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
- Advertisment -
GMOコイン

Most Read

Fxbeyond(FXビヨンド)の評判は?出金拒否の噂やリアルな口コミまとめ!

  「Fxbeyondが気になるけど、どんなFX業者なのか分からない……」   そのように悩んでいる方も多いのではないでしょうか?   Fxbeyondはつい最近日本向けのサービスを開始したばかりのFX業者であり、なかなか取引に踏み切れない方も多いと思います。   この記事ではFxbeyondの評判やメリットやデメリット、気になる口コミなどを徹底検証いたします!   この記事を読めば、Fxbeyondに関して不安がなくなり、取引を始めやすくなりますので、まずはご一読を!   Fxbeyondについてまとめると... 業界トップクラスのハイレバレッジ 分析ツールが優秀 入出金が素早い まだ実績は少ないが、今後期待できる業者! 定期開催のボーナスが優秀 今後に期待できる新興業者! Fxbeyondの登録はこちら 目次 FxBeyondの基本情報は? 【良い評判】FxBeyondのメリットは? 【悪い評判】FxBeyondのデメリットは? FxBeyondのリアルな口コミは?出金拒否がある? FxBeyondの評判まとめ   FXBeyondの基本情報は?   FXBeyondの運営会社は2020年12月に設立されました。比較的歴史の新しい会社です。   会社はパナマ籍で、金融ライセンスもパナマのものを取得していますが運営会社はベトナムにあります。   基本情報は以下の通りとなります。   運営会社 Beyond Systems Inc 会社所在地 パナマ共和国 最大レバレッジ倍率 1111倍 追証 なし ロスカット水準 証拠金維持率50% 入出金手数料 無料 日本語対応 ○     fxbeyondは公式ウェブサイト内に運営会社や関連会社の住所や金融ライセンスのライセンス番号などを公開しています。   ライセンス番号まで公開しているFX業者は珍しく、運営体制の透明性の高さが分かります。   【良い評判】FXBeyondのメリットは?   ここではFXBeyondのメリットを見ていきましょう。   FXBeyondには以下のようなメリットがあります。   FXBeyondの7つのメリット ボーナスキャンペーンが豪華 最大レバレッジは1,111倍と高い 入出金が素早い 分析ツールが優秀 ゼロカットシステムを採用している 日本語対応が充実している 取り扱い商品が豊富   それぞれについて詳しく解説していきます!   ボーナスキャンペーンが豪華   海外FX業者を探す際には、ボーナスキャンペーンの有無や金額はとても重要です。   特に初心者の方は、初期費用を抑えるためにも、ボーナスを重視しておきたい方も多くいるのではないでしょうか?   ボーナスが豪華なことで知られる海外FXですが、その中でもFXBeyondはボーナスキャンペーンが豪華な業者であり、他の業者よりも多くのボーナスを得られます。   過去には100%入金ボーナス(入金した額と同等の額がボーナスとして付与される)が開催されていたこともあり、これは他の業者と比較してもトップレベルに豪華なボーナスと言えます。   ただしFXBeyondはボーナスキャンペーンを常に用意しているわけではありません。 実際、2021年10月現在は、開催中のキャンペーンがない状態となっています。   口座開設を検討する方は、公式ウェブサイトからボーナスキャンペーンの有無を確認することをおすすめします。   \ ボーナスに備えて今すぐ登録! / FXBeyondの詳細を見る 最大レバレッジは1,111倍と高い   FXBeyondは最大レバレッジが1111倍という高い水準を誇ります。 この倍率は国内FX業者はもちろん、他の海外FX業者と比べても高いです。   レバレッジとは、資金の何倍分までの取引ができるかという数値です。 レバレッジ1111倍ということは資金の1111倍分までの取引ができるということを示しています。   レバレッジが高いと、少ない資金で大きなリターンが狙えるというメリットがある他にも、資金効率が良くなり、複数のポジションを持てるといった効果もあります。   初心者のうちからハイレバレッジの取引をすることはオススメしませんが、取引に慣れてくると、レバレッジの高さは大きな武器になるでしょう。   入出金が素早い   海外FX業者を使っていて意外とネックとなるのが、入出金の遅さです。 海外送金をすることになるため、数営業日かかってしまうケースも少なくありません。   しかしFXBeyondは入出金いずれも海外FX業者の中でも最速水準を誇ります! 特に出金は素早く、海外FX業者にもかかわらず当日中に出金されることまであるようです。   またFXBeyondは通常のカスタマーサポートのほかに入出金専用のお問い合わせ窓口を用意しています。   入出金という海外FX特有の不安を克服している点も、大きな強みと言えるでしょう。   分析ツールが優秀   FXBeyondは利用者に独自の分析ツールを提供しています。     この分析ツールは自分の残高だけでなく取引の勝ち負けの比率や平均利益・平均損失など、様々なデータを分析することが可能な優秀なものです。   自分の過去のデータを振り返ることで、その後の取引でより利益を出しやすくなります。   分析ツールと聞くと、経験者向けのメリットのように思うかもしれません。   ですが初心者の方であっても、データの使い方を徐々に学んでいき、取引のレベルを上げていくのがオススメです。   ゼロカットシステムを採用   FXBeyondは他の海外FX業者と同じく、ゼロカットシステムを採用しています。 ゼロカットシステムとは取引によって損失が口座残高より大きくなったときに、マイナス分を業者が補てんしてくれる仕組みです。   国内FX業者ではゼロカットシステムを採用することはできないため、マイナス分は「追証」という借金となってしまいます。   FXBeyondなら、実質的な借金を背負うリスクを恐れずに、高いレバレッジをかけて取引を行うことができます。   日本語対応も充実している   FXBeyondは海外FX業者の中でも日本語対応が充実しているのも大きなメリットです。 公式ウェブサイトは日本語に完全対応しており、文章にも不自然さは感じられません。     更にFXBeyondはサポートも日本語に対応しています。   日本人スタッフが複数人配置されており、日本語によるお問い合わせも24時間可能です。   メールでお問い合わせをした場合も、国内FX業者のように自然な日本語でやり取りができます。   取り扱い商品が豊富   FXBeyondは取り扱い商品が豊富です。   まずFXの取り扱い通貨ペアは31ペアと、他の海外FX業者と比べても多いです。   またFXBeyondでは貴金属やエネルギー(資源)、ビットコインなどの暗号資産、株価指数や株式などの金融商品も取引できます。   ひとつの業者で幅広い商品を活かしたバリエーションのある取引ができるのはFXBeyondのメリットと言えるでしょう。   【悪い評判】FXBeyondのデメリットは?   続いてFXBeyondのデメリットを見ていきましょう。 FXBeyondには以下のようなデメリットがあります。   FXBeyondのデメリット ...

Binanceの取り扱い通貨一覧!オススメ草コインや次にあがる通貨は?

  「Binanceの取り扱い通貨が多いことは知ってるけど、実際どんな通貨があるのか分からない・・・」   「Binanceが取り扱っている通貨の中で、これから期待できる通貨はどれなのか・・・」   このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?   草コインも多く扱っていることから「Binanceが取り扱っている通貨が数十倍〜数百倍になる」ということは少なくなく、見逃してしまうのは勿体無いです。   ただ「Binanceが扱っている通貨のどれがこれから価格上昇が見込めるのか」という点は、しっかりと情報を集めないとわからないですよね。   そこでこの記事では、Binanceの取り扱い通貨一覧から、人気の高い草コインなどについて解説していきます。   Binanceの取り扱い通貨の全体像や、今後伸びそうな草コインをご紹介するので、「購入する草コインの目星」をつけるヒントにしてみてください!   Binanceの取り扱い通貨をざっくりまとめると Binanceは300種類の通貨を扱っている Binanceの取引高は世界No. 1 おすすめの草コインはIOST、Raydium、My Neighbor Alice Binanceの主要な取引方法は5つ \ 取引高世界No. 1! / Binanceに登録する   目次 Binanceの取り扱い通貨は300種類以上 Binanceで取り扱われている人気草コインベスト3 バイナンスの取引方法と対応通貨 【まとめ】Binanceの取り扱い通貨数は世界最大規模   Binanceの取り扱い通貨は300種類以上 Binanceの取り扱い通貨は、記事執筆時点で300種類を超えており、非常に多種多様な仮想通貨が取り扱われています。   国内仮想通貨取引所は、仮想通貨の取り扱いに際して厳しい手続きを設定しており、取り扱い通貨のバリエーションに定評のあるコインチェックでさえ、取り扱い通貨数は17種類となっています。   このような背景から国内仮想通貨取引所と比較すると、海外取引所であるBinanceの取り扱い通貨がかなり豊富であることが分かるのではないでしょうか。   Binanceなら「BTC(ビットコイン)」「ETH(イーサリアム)」「XRP(リップル)」といった主要通貨はもちろん、国内仮想通貨取引所が扱っていないような草コインと言われる通貨も購入可能です。   Binanceの取り扱い通貨の一覧は、コチラからチェックできます。 Binanceで取り扱われている人気通貨 これから、いくつかBinanceが取り扱っている以下の主要な人気通貨をご紹介します。   BNB ビットコイン イーサリアム リップル   どれも著名な仮想通貨のため、少なくとも名前は聞いたことがあるという方が少なくないでしょう。これから、1つ1つ解説していきます。 BNB BNBは、Binanceが主導して開発した仮想通貨です。   「Binanceが開発した」ということもあって、Binance関連のプラットフォーム・製品との相性が良く、ここ数年ではBSCとの親和性の高さが顕著です。   BSCはBinanceが開発したスマートコントラクトを実装しているブロックチェーンで、基軸通貨にBNBが用いられています。(BSCはBinance版のイーサリアムのようなもの)   こういった背景からBNBは、BSC全体の取引量が増えたり、Binance関連のサービスが盛り上がると恩恵が受けやすい存在になっているので、価格上昇のきっかけとなる可能性が多数存在しており、ポテンシャルが高い通貨です。 ビットコイン Binanceが扱っている300種類を超える通貨の中には、もちろんビットコインも含まれています。   ビットコインは仮想通貨の王様・母親的な存在なので、特段の説明は必要ないと思いますが、未だに象徴的な存在として、大きな時価総額を持っています。   数年前のように、ビットコインで「数十倍〜数百倍」といったリターンを期待することは難しいものの、仮想通貨の中では比較的価格変動が落ち着いているため、仮想通貨の入門として優秀な存在です。 イーサリアム イーサリアムは、基礎的な部分はビットコインを参考にしながら、スマートコントラクトを実装することで、ブロックチェーンを用いて契約を行えるようにした革命的な仮想通貨です。   イーサリアムのスマートコントラクトを利用したさまざまなプロジェクトが立ち上がっており、話題になった「Uniswap・Compound」みたいなプロトコル・サービスの根幹的な存在にイーサリアムは位置しています。   ガス代の高騰や、BSCといった競合の登場から課題・懸念点は見られるものの、未だにスマートコントラクトを実装したプロジェクトの仮想通貨としては、最も大きな時価総額を持っているのがイーサリアムです。 リップル リップルは、送金に特化した仮想通貨です。   中央集権的な面があること、開発の体制・背景という側面から見ると、非中央集権的なビットコイン・イーサリアムといった仮想通貨とは特色が異なるのがリップルです。   中央集権的であることが故のリスクを持っているものの、中央集権的であるからこそできる設計を導入していることから、送金に伴う処理速度や費用に関してはトップクラスのスペックを持っています。 Binanceで取り扱われている人気草コインベスト3 やはり、Binanceの取り扱い通貨が300種類以上もあることから、気になるのは「次のビットコイン・イーサリアムになれるポテンシャル」を持った通貨ではないでしょうか。   これから、激選した「人気の草コインベスト3」を「IOST」「RAY」「ALICE」という3つからご紹介していきます。 IOST 1つ目にご紹介したい人気の草コインは「IOST」です。   IOSTは、IOSTのプロジェクトに関連するプラットフォーム、仮想通貨などの総称です。   スマートコントラクトを実装していることから、イーサリアムのようにIOSTのブロックチェーン・スマートコントラクトなどのエコシステムを利用して、さまざまなサービスが開発されるプラットフォームとしての素質を持つ仮想通貨にあたります。   処理速度や独自のコンセンサスアルゴリズムなど、さまざまな特徴がありますが、その中でも特筆したいのは「開発者の参入障壁が低い」という点です。     というのも、IOSTは開発言語としてJavascriptを採用しており、イーサリアムなどで採用されているものよりも、容易に使いこなせることができます。   「開発者が簡単に開発できる」ということは「魅力的なサービスが出てくる可能性が高い(多数の参入者が出てくる可能性があるため)」という点にも繋がってきます。   このような点から、IOSTは他の類似プロジェクトの差別化・付加価値が明確です。   もしも成功すれば、プラットフォームという性質上、第2のイーサリアムになるポテンシャルも持っているので、注目しておきたい通貨の1つであると言えるでしょう。 Raydium(RAY) Raydiumは、ブロックチェーン上に構築されている取引所である分散型取引所(DEX)の1つです。   Raydiumが、UniswapやSushiSwapと大きく異なるのは、イーサリアムではなく「Solanaブロックチェーンを利用している」という点です。   Raydiumが採用しているSolanaブロックチェーンは手数料が安く、手数料の安さに定評のあるBSCよりも、手数料が低くなっています。(厳密には、ガス代と言われるトランザクションに伴う手数料です)   BSCが取引量を向上させた背景として、Uniswapなどの流行に伴いイーサリアムの手数料が高騰し、BSCを採用しているPancakeSwapなどにユーザーが避難したことを指摘する声は少なくありません。   この点を考慮すると、イーサリアム・BSCに手数料などの観点から優位に立っているSolanaを利用したRaydiumが次世代のUniswap・PancakeSwapになる可能性はあると言えるのではないでしょうか。   Raydiumはガバナンストークン(Raydiumの運営に影響を与えるトークン)として、RAYというトークンを発行しており、RAYを購入しておけば、Raydiumの取引量増加に伴って価格上昇が期待できます。 My Neighbor Alice(ALICE) 「NFTブームに乗り遅れた感がある・・・」 「ブロックチェーンゲームに興味があるが、Axie Infinityは旬が過ぎた感じがする・・・」 といった意識がある方におすすめなのが、My Neighbor...

Bybit(バイビット )は危険なの?日本人向けに安全性を検証!

  「Bybitは危険という悪い噂があるけど本当?」 「Bybitに登録してみたいけど、安全性が心配!」   そのような疑問を抱いている方も多いと思います。   たしかに、海外取引所であるBybitに登録するにあたって、安全性がわからなくて実際に利用すべきかどうか悩んでいる方は多くいます。   しかし、Bybitは危険性を正しく理解しておけば、日本人でも安全に利用できる取引所の一つです!   そこでこの記事では、セキュリティの高い海外取引所を求めている人のために、Bybitの安全性を紹介します。   この記事を読んで、Bybitで安全な仮想通貨取引を楽しみましょう!   Bybitの危険性をざっくりまとめると… Bybiyはセキュリティが強固な取引所 取り扱い通貨数は少ない 出金のタイミングに制限がある 総合的に初めての方にもオススメできる取引所! \ 初めての海外取引所にオススメ! / Bybitの詳細を見る 目次   Bybitってどんな取引所? Bybitが危険と言われる5つの理由 Bybitは危険な点以外にもメリットがたくさん! 結論、Bybitは使うべきなの? Bybitの危険性まとめ Bybitってどんな取引所? Bybitは2018年3月にシンガポールで設立された仮想通貨取引所です。   他の取引所と比較して設立しれも歴史はそこまで長くありませんが、アジア圏を中心に勢力を広げており、今では利用顧客数120万人以上まで成長しています!   世界130ヵ国以上に顧客を持つ人気の海外取引所ですが、会社の住所や電話番号等は公表されていません。   会社情報には不透明な部分が多いですが、安全性への投資比率は業界最高水準です!   具体的には、一般的な仮想通貨取引所の安全性への投資比率は15%程度なのに対し、Bybitの投資比率は20%程度になっており、今後も比率は増える見込みです。   Bybitはインフラ整備にも力を入れています。   サーバー負荷が軽いシステムを採用しているため、注文の通る速度が早く、値滑りやフリーズはほとんど起こりません!   多くのユーザーから高い信頼を獲得しているBybitなら、初心者でも安心して利用できるでしょう。   \ 安全性が高くて安心! / Bybitの詳細を見る Bybitが危険と言われる5つの理由 そんなBybitですが、「Bybitは危険」などと言われることがあるのも事実です。 具体的にどのような危険が存在するのでしょうか。   ここでは、Bybitの悪い評判が出る主な5つの原因を紹介します。 金融ライセンスを取得していない   Bybitは金融ライセンスを取得していません。   金融ライセンスとは、投資事業を展開する業者に対して発行される許可証のことで、難易度の高いライセンスを保有している業者ほど信頼できます。   金融ライセンスを保有していない業者だと、トラブルが生じたときにトレーダーが全責任を負わなければいけません。   ですが、Bybitは取引量の多い実績のある取引所であることは間違いありません。   セキュリティやインフラ整備を重視しており、ユーザー数も増え続けているので、仮想通貨の取引所の中でも高い信頼を得ています。   実際、金融ライセンスを取得していないからと言って安全性が低いわけではありませんが、頭に入れておくべき情報だと言えるでしょう。   取り扱い通貨数が少ない   これは危険性とは直結しませんが、Bybitは取り扱う通貨数が他の取引所よりも少ないです。 Bybitの取り扱い通貨 ビットコイン イーサリアム テザー リップル ...

海外FXの始め方は?初心者が注意すべきポイントと心構えを解説

  「海外FXの始め方がよく分からない・・・」   今回はこんな悩みを解決していきます!   海外FXに興味があるけど、始め方から不安な事って多いですよね。   たしかに、海外FXならではのデメリットありますが、使ってみると想像以上にメリットも大きいです。   この記事を読めば、海外FXの始め方の要点を押さえて、非常に簡単に始め流ことができるようになるでしょう!   海外FXの始め方ガイド 海外FXのメリット・デメリットを知ろう 海外FXはレバレッジの高さなど好条件が魅力 世界中の海外FXで見れば、悪質な業者もいる 初心者は大手でボーナスを利用して海外FXを始める 海外FXはWeb上の手続きで簡単に始められる \ 無料で誰でも3,000円相当のボーナス! / XMの詳細を見る 目次 海外FXを始める前に知っておくべき5つのメリット 海外FXを始める前に知っておくべき4つのデメリット オススメの海外FX口座 海外FXの始め方!口座開設方法 海外FXの始め方 まとめ 海外FXを始める前に知っておくべき5つのメリット   国内にも多くのFX業者がある中、海外FXを利用する人は多いです。   なぜなら、国内FXでは提供できない、様々なメリットがあるからです。   少額資金でもFXを始めやすい環境だったり、ボーナスを受け取れるFXのお得な始め方などがあります。   海外FXのメリットは5つ ハイレバレッジで資金効率が良い 追証がなく借金のリスクがない キャンペーンが充実している ロスカット水準が引く 取引制限がゆるい   これらのメリットについて、順番に解説していきます。   ハイレバレッジで資金効率が良い   海外FXでは圧倒的なハイレバレッジで資金効率良く取引ができます。   なぜなら、日本の最大25倍までのレバレッジ規制の様に、海外で規制がないケースが多いからです。   例えば、海外FX業者で有名なXM Trading(エックスエム)だと最大888倍のレバレッジを提供しています。   日本国内の法人口座でも、最大100倍程度がレバレッジの目安ですから、海外FX業者のレバレッジ条件は、個人でもプロのトレーダー以上の好条件ですね。     追証がなく借金のリスクがない   FXを始めたばかりだと、取引で失敗して大きな借金をするかもと心配になります。   しかし、海外FXなら少なくとも取引で負けて借金を抱える心配はありません。   なぜなら、ゼロカットシステムにより、口座残高を超える損失は発生しない仕組みになっているからです。   実は、国内FXではゼロカットシステムを採用できません。   なので、口座残高を超える損失(追証の支払い)がないのは、海外FXを利用する大きなメリットです。   キャンペーンが充実している   海外FXを利用するメリットは、キャンペーンが非常に充実していることも挙げられます。   口座開設、入金、取引など普通にFXをしているだけで、ボーナスを受け取れるのです。   例えば、口座開設キャンペーンを実施している海外FX業者では、口座開設とWeb上で完結する本人確認で3,000円~20,000円相当のトレード資金が手に入ります。   入金した金額より多くのトレード資金、時には入金いらずの無料でFXを始められるのも、海外FXならではのメリットです。   ロスカット水準が低い   ゼロカットシステムを採用していることもあり、海外FXではロスカット水準の低い業者が多いです。   ロスカットとは、証拠金維持率が一定水準をした回ると、強制的に損失が決済される仕組みです。   FXでは、ロスカット採用は一般的な取引ルールになります。   海外FXでは、ロスカット水準を証拠金維持率50%未満とする場合が多く、中には証拠金維持率0%をロスカット水準とする業者も存在しています。   ロスカット水準が低いと、強制ロスカットまで耐えられる値幅が大きくなるので、少額資金で極限まで生かした取引が可能です。   取引制限がゆるい   海外FX業者では、透明性の高いNDD方式を採用するケースが多く、取引制限がゆるいメリットがあります。   NDDとは、ノーディーリングデスクの略で人為的にディーラーが介入せず、取引システムで私達の注文が処理される発注方式です。   海外FXは、取引システムによって注文が高速処理されるため、取引できるロット数も大きい傾向があります。   海外FX業者の中には、トレード資金が十分なら発注できるロットは無制限といった所もあります。   海外FXを始める前に知っておくべき4つのデメリット   海外FXのデメリットは4つ 信託保全がない場合が多い 悪質な業者も存在する スプレッドが広い ...