CoinPartnerSELECT2

4 投稿0 コメント

海外FXと国内FXを比較!メリット・デメリットとオススメ口座を解説

  「海外FXと国内FXってなにが違うの?」 「海外FXのメリットってなにがあるの?英語は苦手だけど大丈夫かな・・・」   あなたはこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?   たしかに、実際のところどのような違いがあり、どう使い分けるべきなのかは経験者でも悩んでしまう方が多いです。   しかし、この記事を読むことで、あなたはそのお悩みを解決することができます。   この記事で海外FXと国内FXを比較し、効果的な業者選びに活用してみてください!   一目でこの記事をまとめると… 取引の幅が広がりやすいのは海外FX 信頼性を重視するなら国内FXがオススメ 海外FXに英語は必須ではない 初めての方は実績のある業者で始めるのが吉 \ 海外FXデビューに圧倒的おすすめ / XMの詳細を見る   目次 国内FXと海外FXを比較! 海外FXの主なメリット・デメリット 海外FXのオススメ口座は? 国内FXと海外FXに関するよくあるQ&A 国内FXと海外FXについて まとめ   国内FXと海外FXを比較!   国内FXと海外FXにはどのような違いがあるのでしょうか。   まずは、国内FXと海外FXを10項目で比較しました。   国内FX 海外FX 安全性 全体的に高い 業者によりさまざま レバレッジ 最大25倍まで 最大1,000倍以上の業者も スプレッド 狭い やや広い 使いやすさ 業者独自のプラットフォームが多く、慣れるのが大変 MT4/MT5などの情報が多い取引プラットフォームで 使いやすい ロスカット水準 高い 低い(ロスカットされづらい) 取引の透明性 やや低い 高い(NDD方式が多い) 取り扱い商品数 少ない 多い 追証 あり なし 税制 分離課税(20.315%) 累進課税(15~55%)   ざっくりと比較した結果を分析してみると、 国内FXと海外FX違いを端的にまとめると 安全性やスプレッドを重視するなら国内FXがオススメ 初期費用を抑え取引の幅を広げるなら海外FXがおすすめ   大まかにですが、このように分析できるかと思います。   海外FX業者はボーナスが豊富で初期費用を抑えられる他、最大レバレッジが高く、取り扱い通貨も多いため、トレードの幅を広げることが可能になっています。   他方で、安全性などの面ではやはり国内FXの方が優れていると言えます。   海外FXが必ずしも危険というわけではないですが、多少安全面で不安がある点は、頭に入れておく必要があります。   海外FXの危険性やリスクについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてみてください!     海外FXの主なメリット・デメリット   上記の比較から、取引の幅を広げるには海外FXの方が適していることがお分かり頂けたかと思います。   そこでここからは、海外FXの主要なメリット・デメリットについて深掘りしていきます。   海外FXの主なメリット ハイレバレッジ取引ができる 取引の透明性が高い MT4・MT5が使える 取り扱い商品が豊富 追証がない キャンペーンが豊富   海外FXの主なデメリット 金融庁から警告を受けている スプレッドが広い   それぞれ詳しく解説していきます。    ハイレバレッジ取引ができる   ハイレバレッジで取引ができることは、海外FXの最大のメリットといってもいいでしょう。   国内FX業者は金融庁の規制により、最大レバレッジが25倍までに制限されています。   しかし、海外FX業者には最大レバレッジの規制がありません。   海外FX業者の中には、なんと最大レバレッジが1,000倍以上の業者も存在しています。   そのため、初期費用を抑えたい方には海外FX業者はメリットが大きいと言えます。   取引の透明性が高い   海外FX業者の多くが取引にNDD方式を採用しており、取引の透明性の高さを確保しています。   NDD(ノーディーリングディスク)方式とは、ユーザーとインターバンクの間にディーラーを通さない取引方式のことで、顧客とFX会社の利益が相反せず、非常に透明性が高い環境での取引が可能です。   要するに、海外FX業者は不当な価格操作などが行われる可能性が非常に低い取引所なのです。   逆に、国内FX業者は多くがDD方式を採用しています。   もちろん、国内FXで価格操作が頻繁に行われているわけではないですが、そういったリスクを排除できるのは、海外FXのメリットと言えます。   MT4・MT5が使える   海外FXでは、多くの業者でMT4やMT5を使うことができます。   MT4やMT5は、世界中のトレーダーの間で人気のトレードプラットフォームです。 注文だけでなく、独自のテクニカル分析や自動売買も可能であり、非常に高性能なツールとして知られています。   しかし、国内FXではMT4やMT5を取り扱っている業者は現状では多いとは言えず、業者独自の取引ツールの使用に限られてしまう場合が多いです。   海外FX業者はMT4やMT5を採用していることが多いため、一度MT4やMT5に慣れてしまえば他の業者を使用する際も使いやすいでしょう。   取り扱い商品が豊富   海外FX業者は、取り扱い商品が非常に豊富な業者が多いです。   海外FX業者はFXのマイナーな通貨ペアやコモディティ、仮想通貨などを扱っていることが多く、1,000種類以上の取り扱い商品を誇る業者も存在します。   例えば、日本人に非常に人気のある海外FX業者である「XM」はFXでの通貨ペアだけでも57種類となっており、その他にコモディティなども取り扱っています。   海外FX業者は取り扱い商品が非常に豊富であるため、取引のチャンスが非常に多いと言えます。   追証がない   海外FX業者の多くがゼロカットシステムを導入しています。   ゼロカットシステムとは、口座残高がマイナスになった場合、マイナスの金額を業者が補填し、口座残高が0円にリセットされるというシステムです。   ゼロカットシステムが無い場合は、口座残高がマイナスになった場合、追証を請求されることがあります。   追証とは「追加証拠金」の略称で証拠金維持率や口座残高がマイナスになった場合に、追加で証拠金を求められることです。   口座残高がマイナスである場合には、マイナス分の返済を求められてしまいます。 要するに借金リスクがあるということです。   海外FX業者の多くはゼロカットシステムを導入してるため、国内FX業者とは異なり借金リスクがありません。   キャンペーンが豊富   海外FX業者は、キャンペーンが豊富であることが多いです。   特に、多額の入金ボーナスを提供していることが特徴であると言えます。   残念ながら国内FX業者では規制により、大半のキャンペーンが「新規口座開設の際に数千円程度が口座に入金される」という程度になっています。   そのため、国内FX業者で取引をしていたがキャンペーンが豊富であることがきっかけに、現在は海外FX業者を利用しているというトレーダーは多いです。     金融庁から警告を受けている   逆に、社会的な信頼性の観点では、国内FXの方が現状では優れていると言えます。   金融庁は「金融商品取引法にもとづく登録」を受けていない海外FX業者に対して定期的に警告を出しています。   さらに、国内・海外問わず警告をおこなった業者名を公表しています。   日本国内で登録を受けているFX業者は、日本の法律の下に運営がされているためトラブルが起きづらく、金融庁もトラブルの解決をしやすいです。   しかし、日本国内で登録を受けておらず、所在地も海外にある海外FX業者の場合は、金融庁もトラブルの際の対応が困難になります。   海外FX業者を利用する際には、金融ライセンスの登録がしっかりと公式サイトに掲載されているかなどの確認をおこなって、業者の信頼性を確かめておきましょう。   スプレッドが広い   海外FX業者は一般的にスプレッドが広いことが多いです。   当然ですが、スプレッドが広いということは取引コストが高くなります。 そのため、取引においてユーザーが不利になってしまうのです。   海外FX業者と比べると、国内FX業者はスプレッドが狭い傾向にあります。   スキャルピングなど取引回数が多い方は、国内FX業者が有利と言えます。   ただし、取引回数があまり多くない方の場合は、影響は小さくなりますので問題はあまりないでしょう。   海外FXのオススメ口座は?   ここまで様々な観点から国内FXと海外FXを比較してきて、海外FXが気になっている方も多いかと思います。   海外FXの一番のオススメ口座は「XM」です。   XMは最大レバレッジが888倍であり、非常にハイレバレッジでの取引が可能です。 少額で取引をおこないたい方にとっては、メリットが大きいと言えます。   また、XMは「海外FX業者の口座を持つ日本人ユーザーの70%以上が口座を保有している」と言われるほどの人気があります。   XMであれば、あなたも安心して取引をおこなうことができるでしょう。   \...

仮想通貨を海外の取引所に送金する一番お得な方法は?損しない裏技を解説

  「海外取引所を使いたいのだけど、送金方法がよくわからない・・・」 「海外取引所への送金って結局どの方法が一番お得なの?」   あなたはこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?   確かに、国内取引所と違い海外取引所は少しハードルが高いイメージがありますよね。   しかし、この記事を読むことで、あなたはそのお悩みを解決することができます。   この記事を読み終わる頃には、自分の最もお得な送金方法を理解し、ご自身で選択できるようになっているでしょう!   目次   そもそも海外取引所に送金するタイミングはいつ? 仮想通貨の送金手数料の比較!一番オススメの取引所は? 取引所を使って送金するメリットは? 海外取引所に送金する際の注意点 国内取引所から海外取引所に送金する手順は? 海外取引所に送金する手順まとめ!   そもそも海外取引所に送金するタイミングはいつ?   仮想通貨を送金するタイミングとはどのようなものがあるのでしょうか。   仮想通貨を送金するタイミングは主に以下の2つが挙げられます。 仮想通貨を送金するタイミング 自分の仮想通貨を取引所から別の取引所に送金する 友人など個人間で仮想通貨を送金する   以下でこの2点について解説していきます!   自分の仮想通貨を国内から海外に送金するケース   こちらが主要な用途になるかと思います。   自分の保有している仮想通貨を他の取引所での売却やサービスを受けるために使用したい場合は、現在利用している取引所から他の取引所に送金する必要があります。   もし、   国内取引所に保有している通貨を海外取引所で高く売却したい 国内取引所に保有している通貨を海外取引所のサービスで使いたい   などの理由があれば、国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金することになります。   特に、海外取引所の場合は、日本円を直接入金できないことも多いため、海外の仮想通貨取引所で仮想通貨を始める際には一般的な手法になります。   ですので、海外取引所に送金する手順などはしっかり確認しておく必要があると言えるでしょう。   こちら↓の記事では、海外の主要な取引所であるBinanceを例にとって解説しているので、気になる方はチェックしてみてください!     友人に仮想通貨を送金する   仮想通貨は、国を超えた個人間でのお金のやりとりが非常にスムーズで、便利に使用できます。   例えば、日本円などの法定通貨を送金する場合は、銀行などを間に挟まなければなりません。   銀行の営業日によっては、数日待たされてしまうようなこともあるでしょう。   しかし、仮想通貨は個人間で直接送金がスムーズに利用できるため利便性が高いと言えます。   この点は仮想通貨が世界的に注目されているポイントの一つであり、今後はさらに用途を拡大していくことが予想されています。   仮想通貨の送金手数料の比較!一番オススメの取引所は?   いざ送金する!となった際に、気になるのは手数料の問題かと思います。   仮想通貨の送金手数料は、どの取引所が低いのでしょうか。   今回は仮想通貨の中で王様とも言えるビットコインについて、送金手数料を比較してみました。 ビットコイン送金手数料一覧 取引所名 送金手数料 GMOコイン 無料 bitFlyer 0.0004BTC コインチェック 0.001BTC Zaif 0.0001~0.01BTC bitbank 0.0006 BTC   代表的な国内仮想通貨取引所の中では、GMOコインが送金手数料無料となっており、非常にお得です。   さらに、GMOコインではアルトコインの送金手数料も無料です。   仮想通貨の送金では、手数料無料のGMOコインが一番のオススメと覚えておくのが良いでしょう。   もし今すぐ送金したい!と考えている方は、GMOコインに登録するのがオススメです!   \ 送金手数料無料! / GMOコインの詳細を見る   取引所を使って送金するメリットは?   取引所を使って仮想通貨を送金するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。   主なメリットは以下の3つが挙げられます。 取引所で送金するメリット 手数料が安く済む 送金にかかる時間が短くなる 手数料はマイナーの報酬となる   以下で、この3点のメリットについて解説いたします。   手数料が安く済む   仮想通貨は法定通貨を送金する場合と比較して、送金手数料が安くなることが多いです。   法定通貨を送金する場合には銀行などを間に挟む必要があるため、各銀行での送金手数料がかかってしまいます。   しかし、仮想通貨は間に挟む中央管理者が不在であるため、送金にかかる手数料が安くなるのです。   特に海外の仮想通貨取引所に入金する際などには、無駄な手数料などを抑えることができるのでオススメです!   送金にかかる時間が短くなる   仮想通貨は法定通貨より、海外送金などにかかる時間が大抵の場合で短くなります。   法定通貨は銀行を利用して海外送金をする場合には、基本的に数日から一週間ほどの日数がかかります。   しかし、仮想通貨であれば数秒~数十分で完結します。   さらに、銀行と違い営業日や営業時間で送金が制限されてしまうことがありません。   仮想通貨の取引は、1分1秒の誤差が重要になるので、この点は重要なポイントになると言えるでしょう。   手数料はマイナーの報酬となる   仮想通貨の送金手数料は、基本的にはマイナーの報酬になります。   仮想通貨の送金にかかる費用は、コンピューターを使った計算作業に協力をしてマイニングをおこなっている人や企業などへ報酬として支払われているのです。   場合によっては自分がマイナー側に回って報酬を得られる点も仮想通貨の特徴の一つと言えます。   海外取引所に送金する際の注意点   海外取引所に送金する際の注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。 注意点は主に3つあります。 海外取引所に送金する注意点 そもそも、海外取引所は日本円を直接入金できないことが多い ...

海外FXの危険性とは?初心者がリスクを減らして運用する方法を解説

  「海外FXって危険って聞くけど、実際どうなんだろう?」 「海外FXのリスクってどのようなものがあるのだろう?」   あなたはこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?   確かに、国内FXではなく海外FXとなると、安全に取引できるのか不安になりますよね。   しかし、海外FXも危険性を理解しておけば、リスクを回避した取引が可能になります!   海外FXを利用したことのない初心者の方でも、この記事を読み終わる頃には、海外FXの安全性やリスクを正しく理解して安全に取引ができるようになります。   初心者の方が悩みやすい内容をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください!   海外FXの危険性で意識すべきポイント! スプレッドの広さに注意 金融庁の警告を受けている可能性がある 入出金がスムーズではない可能性がある まずはXMなどの大手で始めるのがオススメ! \ 日本人でも使いやすくて安心! / XMの詳細を見る 目次   海外FXが危険だと言われる6つの理由 【リスクだけではない】海外FXのメリット 海外FXのリスクを減らす方法 リスクを減らして運用できる業者とは? 海外FXの危険性 まとめ 海外FXが危険だと言われる6つの理由   海外FXはなぜ危険だと言われるのでしょうか。 国内FXと比べて、海外FXが危険だと言われる理由は主に6つあります。 海外FXが危険だと言われる理由 金融庁が警告している スプレッドが広い レバレッジが大きい 入出金がスムーズでない 税金が高い 詐欺業者の可能性がある   まずはこの6つのリスクについて、正しく理解しておきましょう。   金融庁が警告している   日本の金融庁は「金融商品取引法にもとづく登録」を受けていない海外FX業者に対して定期的に警告を出しています。   金融庁が「金融商品取引法にもとづく登録」を受けていない海外FX業者に対して、警告を出す主な理由は、   ...

TitanFXのリアルな評判は?メリットや危険性を実際に利用して調査

  「TitanFXを使ってみたいけど、リアルな評判が気になる…!」   みなさんはこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?   確かに、TitanFXは比較的新しい海外FX業者であり、安全に取引できるのか心配になりますよね。   しかし、TitanFXは業界トップクラスの取引環境を誇り、海外FXユーザーの使用率も高い業者なんです!   そこでこの記事では、TitanFXの良い評判から悪い評判まで包み隠さず解説していきます!   この記事を読み終える頃には、TitanFXのリアルな評判を理解し、登録すべきなのかの判断もできるでしょう!   Titanってどんな海外FX業者? 業界最大級に狭いスプレッド 約定力が高い 残高によるレバレッジ制限がない 日本人スタッフによるサポートが手厚い 総合的に取引環境が業界トップクラス! \ 海外FXの取引環境を意識するなら! / TitanFXの詳細を見る   目次   TitanFXとは?基本情報を解説 【良い評判】TitanFXのメリットは? 【悪い評判】TitanFXのデメリットは? TitanFXがオススメなのはどんな人? 結論、TitanFXは使うべきなの? TitanFXとは?基本情報を解説   TitanFXは、2014年にサービスを開始した比較的新しい海外FX業者です。   運営会社 Titan FX Limited 設立 2014年 金融ライセンス バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)No.40313 所在地 バヌアツ共和国 1ロット 10万通貨 最大レバレッジ 500倍 ロスカット率 20% ボーナス なし 取り扱いFX通貨ペア 70種類以上 取り扱い商品数 180銘柄以上 日本語対応 ・公式ホームページ ・サポートデスク:相場開場時間内24時間対応   2014年に日本から撤退した海外FX業者である「PepperStone」のスタッフが役員となり、新しく作られた形でサービスが開始されました。   他の業者と比較しても狭いスプレッドや、取り扱い通貨数が豊富であることなど、様々な特徴があります。   大きなデメリットもなく総合的なパフォーマンスが良いので、海外FXユーザーからの広く人気を集めています。   \ 海外FXの取引環境を意識するなら! / TitanFXの詳細を見る   【良い評判】TitanFXのメリットは?   まずは、TitanFXに集まる良い評判から、TitanFXのメリットを見ていきましょう。   TitanFXの主なメリットは以下の7つになります。 TitanFXのメリット 業界最大級に狭いスプレッド スリッページが少なく約定力が高い ...

TOP AUTHORS

0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
25 投稿0 コメント
4 投稿0 コメント
4 投稿0 コメント
5 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
66 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
64 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
- Advertisment -
GMOコイン

Most Read

ゴールドのFX取引におすすめな海外FX業者は?CFD対応の業者を紹介!

  ゴールドは海外FXでも定番の銘柄です。   価格も割と安定していて、変動も大きいゴールドは海外FXと組み合わせることで大きな利益が狙えます。   とは言え、ゴールドとFXの為替は別の金融商品です。   ゴールドの特徴や、取引条件も業者によって違いがあります。   そこで本記事では、ゴールドの基本情報からオススメの海外FX業者までまとめました!   この記事を読めば、自分のゴールド取引に最適なトレード環境が分かります。   ゴールドと海外FX ゴールドは「有事の金」と呼ばれる実物資産の代表 リスクオフでは避難先としてゴールドが買われやすい ゴールドはボラティリティ高く、投機的な魅力がある 金融師市場の中でもゴールドは安定して価格上昇しやすい ゴールドの取引はスプレッド・ボーナス・約定力で選ぶ \ 定番の海外FX / XMの詳細を見る 目次 FXのゴールドとは?初心者が知っておくべき基本情報を解説 ゴールドのCFD取引の基本情報は? ゴールドのCFD取引で業者選びのコツ ゴールドの取引にオススメのFX業者3選 まとめ   FXのゴールドとは?初心者が知っておくべき基本情報を解説 海外FX業者でゴールドの取り扱いは定番です。 ゴールドとは、文字通り「貴金属の金」を取引しています。 ただし、海外FXで取り扱っているのは、実際にゴールドを売買するのではなく「CFD(差益決済取引)」という金融商品です。 ポジションを決済して、差額で利益・損失が発生するので、FXと同じ仕組みと考えればイメージしやすいと思います。 ただし、FXの為替と違い、ゴールド(金)には3つの特徴があります。 「有事の金」呼ばれ、価値の保存手段として買われる傾向がある 金融業界では「有事の金」として、ゴールドは知られています。 地政学的リスクなどにより、他の金融商品の価値が下がることを恐れがあると、ゴールドが実物資産として買われやすいです。 いわゆる「リスクオフ」では、価値の下がりづらいゴールドは買われやすいです。 一方で、リスクを許容して積極的に取引が行われやすい「リスクオン」はゴールドが売られやすくなります。 ボラティリティが高い ゴールドの取引が海外FXで人気な理由として「ボラティリティが高い」特徴が挙げられます。 一日でゴールドは200pipsの変動も珍しくなく、日によっては1000pips以上も動く日もあるのです。 ドル円で言えば、200pipsは2円幅、1000pipsは10円幅に当てはまります。 少なくとも、ドル円では一日に2円幅も動く機会は滅多にありません。 もちろん、為替で10円幅も動けば、世紀の大暴落としてニュースで取り上げられる規模です。 (直近20年以上を振り返っても1日10円の変動はありません) 一方で、ゴールドのボラティリティが大きく、海外FXなら追証無しで、ハイレバレッジ取引もできるので一攫千金が狙える魅力もあります。 金融商品の中でも安定して上昇している 「有事の金」と言われるだけあり、ゴールドは長期的に見れば安定して価格を上昇させているのが特徴です。 年に数回程度の暴落はあれど、年単位で見れば右肩上がりに価格推移しています。 実際にゴールド(XAU/USD)の週足チャートを見てみましょう。 長期的にはレンジを描きやすい為替と違い、ゴールドは長期的には安定して上昇を続けているのが分かります。 もちろん、過去には大きな下落はあるものの、5~10年単位で追っていくと再び上昇トレンドへと持ち直しているようです。 ゴールドのCFD取引の基本情報は? 海外FX業者では、FXの口座でも特別な手続きが不要でゴールドの取引を始められます。 ただし、厳密にはFXとCFDは別の金融商品です。 ゴールドのCFD取引について基本情報を知っていおきましょう。 難しい話ではありませんが、FXとゴールドCFDでレバレッジや取引時間に違いがあります。 そもそもCFD取引とは? 先に少し触れた通り、CFD取引とは「差益決済取引(さえきけっさいとりひき)」という意味です。 CFD取引は英語だと、Contract for Differenceと言います。 CFD取引は、現物取引と違い、反対売買によって発生した金額の差だけを決済します。 例えば、買いポジションを値上がった後に売りで決済すれば、差額分が利益です。 逆に、売りポジションを最初に注文して、値下がってから買いで決済すれば、安く買えた分の差額が利益となります。 ゴールドを実際に保有しないけど、証拠金を担保にポジションを建てて売買するのがゴールドのCFD取引です。 海外FX業者では、FXと同じ口座で、実際の取引の操作や利益・損失が出る仕組みも同じなので特に難しく考える必要はありません。 ゴールドのCFD取引は日本の業者にはあまりない? 日本のFX業者では、ゴールドCFDを取り扱っていません。 別途、CFD業者で口座を作り、ゴールドのCFD取引は行います。 また、日本国内のFX業者と比べてCFD業者の数は少ないです。 日本のゴールドCFDは、レバレッジが最大20倍なので国内FXの最大25倍より低くなります。 為替なら1通貨当たり100円前後ですが、ゴールドは1オンス当たり20万円超です。 なので、国内の20倍レバレッジは敷居が高く、高いレバレッジで少額資金から始められる海外FX業者が人気を得ています。 ゴールドCFDの取引時間はいつ? ゴールドCFDの取引時間は、おおむねFXと同じく平日24時間です。 ただし、具体的な取引時間は5~10分程度、FX業者・CFD業者で微妙に違います。 FXで取引する為替市場と同じように、ゴールドCFDは世界中の取引所で取引が行われている金融商品です。 各国の祝日によって休場となる場合もあるので、事前に利用中のFX業者で取引時間は確認しておきましょう。 ゴールドのCFD取引で業者選びのコツ ゴールドCFDで業者を選ぶコツ スプレッドを意識する ボーナスを意識する2 約定力を意識する ゴールドのCFD取引で使う海外FX業者には、キチンとこだわりましょう。 なぜなら、同じ海外FX業者でも、ゴールドCFDの細かい取引条件が違うからです。 例えば、スプレッドやボーナスの有無など、スプレッドが低ければ有利に取引しやすく、ボーナスがあれば資金も増やして取引ができます。 ここでは、ゴールドのCFD取引を快適にするための業者選びのコツを解説します! スプレッドを意識する ゴールドはボラティリティの高さが特徴です。 ゴールドCFDはスプレッドが狭いほど、ボラティリティの恩恵が受けやすく、取引も有利になります。 例えば、同じ価格で取引しても、スプレッド分は含み損で始まるので、スプレッドの狭い海外FX業者が有利です。 海外FX業者 スプレッド FXGT 5.1pips XM 3.5pips TitanFX 1.7pips GEMFOREX 3.7pips 実際にゴールドCFDのスプレッドを人気の海外FX業者4社で比較していみましょう。 上記の比較表は、各社のスタンダードな口座タイプで同じ時刻のスプレッドを記載しました。 元も低いスプレッドはTitanFX(タイタンFX)の1.7pips、逆に最も高いスプレッドはFXGT(エフエックスGT)の5.1pipsと倍以上に違います。 ボーナスを意識する ボーナスを活用することで、トレード資金を増やしてゴールドCFDを取引できます。 ボーナスの取り扱いについては、各社でボーナス自体の有無・ボーナスの種類が主な違いです。 海外FX業者 口座開設ボーナス 入金ボーナス 取引ボーナス FXGT 〇 〇 ✕ XM Trading 〇 〇 〇 TitanFX ✕ ✕ ✕ GEMFOREX 〇 〇 〇 例えば、さきほどスプレッド比較をした人気の海外FX4社で比較すると、上記の通りの結果になります。 ゴールドCFDのスプレッドが最も広かったXM(エックスエム)は全てのボーナスを扱っており、口座開設で3000円相当、入金で最大50万円相当、そして取引ボーナスが継続して受け取れます。 一方で、最もスプレッドの狭かったTitanFXでは一切のボーナスを取り扱っていません。 約定力を意識する 大口取引や自動売買による高速取引をするなら、ゴールドCFDでも約定力が重要です。 例えば、GEMFOREXは最大1000倍のレバレッジで、ゴールドCFDの取引ができるものの最大30ロットまでの取引ルールがあります。 また、海外FX業者の中でも約定力を強みとするTitanFX(タイタンFX)では、ECN方式を採用するブレード口座を使うことで、非常に安定した約定環境でゴールドCFDの取引が可能です。 専用の電子取引システムを使うECN採用の口座でも、ゴールドCFDは通常の口座と同じ約定環境のケースが多くあります。 ゴールドの取引にオススメのFX業者3選 より具体的にゴールドの取引にオススメの海外FX業者を3社ほど紹介します。 前述した通り、同じゴールドCFDでも各社の仕様はまったく別物です。 お得なボーナスキャンペーンを行っているFXGTや、プロ仕様の環境で取引できるTitanFX、そしてバランス型のXMの3社について具体的なゴールドの取引で使うメリットをお届けします。 おすすめ業者(1)FXGT FXGT(エフエックスGT)は、2019年設立ながら7万ユーザーを獲得した注目の海外FX業者です。 ゴールドCFDは最大200倍のレバレッジで取り扱っています。 FXGTをゴールドの取引で使うメリットは、ボーナスでトレード資金を増やせることです。 FXGTのボーナスは、常時開催ではないものの、ほぼ毎月「口座開設ボーナス」や「入金ボーナス」のいずれかを行っています。 無料で5,000円相当のトレード資金が得られり、入金した金額の2倍のトレード資金でゴールドの取引が始められる時もあるので要チェックです。 FXGTの詳細を見る おすすめ業者(2)TitanFX TitanFX(タイタンFX)は、ゴールドの取引環境にこだわりたい方にオススメです。 約定力や低スプレッド、そしてスプレッドの安定感にTitanFXは優れています。 特に、ECN方式を採用するブレード口座がゴールドCFDの取引環境が海外FXトップクラスです。 多くのFX業者は、低スプレッドな口座タイプを用意しているものの、ゴールドCFDは通常の口座タイプと条件が変わりません。 しかし、TitanFXのゴールドCFDは、ブレード口座を使うことで金融機関の市場と直結のECN方式が効果を発揮し、低スプレッドと高い約定力を提供しています。 ゴールドCFDのスキャルピングや自動売買をするなら、TitanFX一択です。 TitanFXの詳細を見る おすすめ業者(3)XM Trading XM Trading(エックスエム)は、ゴールドのCFD取引を始めてみたいビギナーにオススメです。 XMと言えば、日本人にとっても海外FX=XMと言える定番の海外FX業者になります。 定番となった理由は、優れた取引環境や手厚い日本語サポートなど総合的にバランスが優れているからです。 また、期間限定ではなく、常に口座開設・入金・取引ボーナスを提供しています。 ゴールドCFDで勝てる自信がなくても、ボーナスの特典は誰でも受け取れますから、今から経験を積む初心者にオススメです。 XMの詳細を見る まとめ ゴールドと海外FX ゴールドは「有事の金」と呼ばれる実物資産の代表 ...

原油のFX/CFDにオススメの海外FX業者は?特徴やデメリットを大公開

原油を取引したい方、原油に興味を持っている方は以下のようなことを考えていませんか。 原油の先物取引とは? 原油のCFD取引って何? 先物とCFD取引どっちが良いの? 原油取引におすすめのFX業者は? 原油取引には先物とCFD取引がありますが、基本的にはCFD取引をおすすめします。   今回は、原油の先物取引とCFD取引の違い、なぜCFDの方が良いのかについて解説していきます。 そして原油を取引するのにおすすめのFX業者も紹介しているのでぜひ参考にしてください。   目次   原油取引には、CFD取引と先物取引の2種類がある 原油の値動きの特徴は? 原油のFX/CFD取引を行うメリット 原油のFX/CFD取引を行うデメリット 【海外FX】原油のFX/CFD取引にオススメの業者2選 まとめ 原油取引には、CFD取引と先物取引の2種類がある   冒頭で先述したとおり、原油取引には先物取引とCFD取引があります。 この2つは、どちらも原油の取引であることは同じですが、仕組みなどが違います。   まずは、それぞれの違いなどを詳しく解説します。   原油のCFD取引とは?   CFD取引は「差金決済取引」と呼ばることもあり、お金を出して現物をやり取りするような取引ではありません。   少し複雑ですがCFD取引は、取引商品の現物を受け渡しすることはなく、反対売買によって生じた金額の差で決済する取引方法です。 FXも意味的にはCFD取引の仲間に入ります。   たとえばCFDには、日経225や金(ゴールド)、原油などが取引できます。 これらをCFD取引をする場合、売買取引をしても現物をもらうことはありません。   分かりやすくすると、現在価格が1万円の金を買えば、証拠金1万円を取引相手に渡します。 そして、金価格が1万2千円になったときに売うと、相手から差金2千円分を追加した1万2千円が受け取れます。   つまり商品自体ではなく、商品価値に相当するお金をやり取りするのがCFD取引です。 原油CFD取引は、原油の価格に相当するお金を取引相手とやり取りします。   原油の先物取引とは?   先物取引とは、取引商品を予約して取引するようなものです。 具体的には、今後(未来)に行う取引を現時点での価格・数量で約束して、約束の日がきたら売買をする取引方法です。   たとえば、AさんがBさんからダイヤモンドを購入したいと考えていたとします。 購入したいダイヤモンドが現在10万円でした。 しかし、ダイヤモンドの価値(価格)が今後どうなるか分かりません。   そこでAさんは半年後に、現在の価格10万円で購入する約束をしました。 そして半年後、実際にお金を支払ってダイヤモンドを10万円で購入しました。   このときダイヤモンドが値上がりしていれば、Aさんはお得に買えたことになります。 逆にダイヤモンドが値下がりした場合、売る側のBさんにとっては「高く売れてラッキー」ということになります。   このような買側と売側のお互いの思惑によって、先物取引は成立しています。 原油の先物取引は、上記の取引対象が原油になっているだけです。   そして先物取引では、売買の決済期限がいつまでと決められています。この決済期限を「限月(げんげつ)」といいます。   CFD取引と先物取引の違いは?   解説したとおり、CFD取引と先物取引の内容は全然違うことが分かると思います。 それぞれの違いを分かりやすいように表にしました。 CFD取引 先物取引 売買方法 買/売 どちらからでもOK 買/売 どちらからでもOK 限月(決済期限) なし あり 必要証拠金 少額でもOK 高額 板の有無 (市場の取引注文情報) なし あり 取引時間 平日ほぼ24時間 8:30〜翌日6:00 8:45〜15:15 16:30〜翌日6:00   上記のような違いがあり、どちらにもメリット・デメリットがあります。   資金が潤沢にあるような投資上級者であれば、好みの方で取引した方が良いです。 しかし、資金が少ない方、または投資を始めたばかりの方はCFD取引をおすすめします。   必要証拠金においてはCFD取引の方が圧倒的に少額で良いので、少額でも取引しやすいです。 また、取引時間も平日ほぼ24時間なので、会社員・個人の方など関係なく取引しやすいです。   原油の値動きの特徴は?   FXやCFDの取引商品には、それぞれ値動きの特徴があります。   国や輸出・輸入などの貿易が関係している取引商品も多く、それぞれの特徴を知っておくと有利になります。   そして、原油の値動きの特徴は以下のとおりです。 ボラティリティ(価格の変動幅)が高い アメリカの生産・在庫状況に左右されやすい 相場が夜に動きやすい それぞれ理由などを解説します。   ボラティリティが高い   原油はボラティリティが高いという特徴があります。   ボラティリティが高い取引商品は、例えばGBP/JPY(ポンド円)など英ポンド系の通貨ペアがあります。   ボラティリティが高いのはメリットである反面、大損リスクもあるのでデメリットにもなりえます。   アメリカの生産・在庫状況に左右されやすい   原油の生産量は、アメリカが世界トップになっています。   そのため原油の7割を占めているアメリカの「シェールオイルの生産・在庫状況によって価格が左右されやすい特徴があります。   例えばシェールオイルの生産量が減って在庫不足になってくると、供給が少なくなるので原油の価値、つまり原油価格が上がります。   また、アメリカのシェールオイルは他の世界経済にも影響を及ぼすので、シェールオイルを普段から気にしておくことをおすすめします。   相場が夜に動きやすい   原油の取引は日本時間の夜に活発になりやすいので、必然的に相場も夜に動きやすくなります。   これは日本の夕方〜夜の時間帯に、ヨーロッパやアメリカなどの欧米諸国が市場に参加してくるからです。 FX(外国為替)市場で考えるとわかりやすいです。 オーストラリア市場 7時〜15時 日本市場 9時〜18時 ロンドン市場 17時〜1時 ニューヨーク市場 22時〜7時 この表のように日本時間の17時と22時頃は、市場参加者が増えて取引が活発化します。   原油のFX/CFD取引を行うメリット   原油CFD取引には様々なメリットがあります。 少額から参入できる 売りからでもポジションを取れる ほぼ24時間市場が開いている 決済の期限が存在しない 上記のようなメリットがあり、それぞれ詳しく解説します。   少額から参入できる   原油のFX/CFD取引はレバレッジを利用することができます。 そのため、投資元本が原油の価格より少ない場合でも、レバレッジを利用して取引することができます。   海外FX業者の原油取引で利用できるレバレッジは20〜100倍程度です。   さらに海外FX業者はボーナスが豊富なので、ボーナスとレバレッジを利用すること少額から大きな利益を狙うことができます。 ボーナスが充実していておすすめの海外FX業者は以下を参考にしてください。   売りからもポジションを取れる   原油のCFD取引は売りからでもポジションを保有できます。(原油先物取引でも可能です)   相場が上がっているときには買いポジション、逆に相場が下がっているときは売りから入ってポジションを保有できます。 相場が動く方向性に関係なく、どちらでも利益を出せるので、より利益にできる機会が多いです。   ほぼ24時間市場が開いている   原油CFDは為替と同様に、基本的にほぼ24時間市場が開いています。 そのため、より取引チャンスが多くなりやすく利益も出しやすい金融商品となっています。   市場が開いている具体的な時間は、以下の表をご覧ください。 夏時間(サマータイム) 平日7:30〜翌朝5:55 冬時間(標準時間) 平日8:30〜翌朝6:55 上記のようになっています。 朝の僅かな時間だけ市場が閉まりますが、多くの方にとって気にならない時間帯です。   決済の期限が存在しない   先述したとおり、原油はCFD取引と先物取引が存在します。 先物取引には取引の決済期限が決められています。   原油先物であれば、連続15限月制というものがあり、決済期限の最長は約1年3ヶ月です。 それに対して原油のCFD取引には、決済期限が存在しません。   そのため決済期限が迫ってきて、取引をどうするかなどを迷う必要がありません。   原油のFX/CFD取引を行うデメリット   原油のFX/CFD取引はメリットもありますが、原油ならではのデメリットもあります。   取引する際には以下のデメリットを把握しておきましょう。 価格調整額が発生する ...

XMでの仮想通貨取引はやめとけ!仮想通貨取引におすすめの業者を紹介!

「XMで仮想通貨取引をしたい」 「FXのサブ的な存在で仮想通貨取引をしたい」 「XMの豊富なボーナスで、仮想通貨取引したい」   と考えている方は少なくないはずです。   しかし、レバレッジの低さ・スプレッドの大きさなどから、XMにおける仮想通貨取引の環境はあまりあまり良いとは言えず、おすすめ出来ません。 一方で、 FX取引全体に関しては、XMは業界最高峰の取引環境を誇っており、「XMで仮想通貨取引ができたら良いのにな・・・」と考えている方も多いはずです。   この記事では、XMの仮想通貨取引のおすすめできない理由から、取引条件が良かったり・ボーナスが豊富な代替案をご紹介しています。 XMの仮想通貨取引がおすすめできない理由 XMはスプレッドやレバレッジの条件が悪い XMはMT4が利用できない 仮想通貨を運用したいならbybit 初心者ならFXGT 環境にこだわるならTitanFX 目次   XMで仮想通貨取引はそもそもできない!当時もおすすめできなかった理由とは? 仮想通貨取引をするのにおすすめの取引所や業者はどこ? XMは何が魅力なの? XMでは仮想通貨取引できないし、そもそもお勧めできない!まとめ   XMで仮想通貨取引はそもそもできない!当時もおすすめできなかった理由とは?   前提として、2021年11月の記事執筆時点で、XMで仮想通貨取引を行うことはできません。   そのため、現時点ではそもそも選択肢にも入ってこないということになります。   その一方で、XMの圧倒的な知名度などを考慮すると、XMで「仮想通貨を取引したい・・・」と考えている方も少なくないでしょう。   しかし、過去にXMで仮想通貨取引が提供されていたときでも、あまりおすすめできない状態でした。   これから、当時のXMにおける仮想通貨取引の実情についてご紹介していきます。 最大レバレッジが5倍に制限されていた XMは、最大レバレッジが5倍に制限されていました。   海外FX業者・海外仮想通貨取引所が提供するデリバティブの仮想通貨取引は、国内取引所と比較するとハイレバレッジが特徴に挙げられることが多いです。   実際にXM以外の仮想通貨取引所・海外FX業者であれば、仮想通貨であっても、数十倍といったレバレッジを掛けられる業者や、数百倍といったレバレッジを提供している業者も存在しています。   このような点を考慮すると、XMが提供していた5倍までのレバレッジは、低いと言わざるを得ません。   少なくとも、レバレッジの高さを重視しているといった方には、XMをおすすめできない状況になっていました。 スプレッドが広すぎる XMは、仮想通貨のスプレッドが広すぎました。   仮想通貨のもっとも代表的な存在であるビットコインのスプレッドは、60pips(現在は提供されていないため、過去の数値を参照)で、取引コストの高さが顕著でした。   国内FX業者と比較すると、スプレッドが広いことが知られている海外FXの中でも、これはかなり広い数値です。   もちろん、仮想通貨といってもさまざまな通貨(銘柄)があり、XMでもリップルやイーサリアムなど、複数の仮想通貨を扱っていました。   そして、通貨によってスプレッドは異なっていたため、どの通貨も一概に広いとは言えません。   例えば、リップルでは0.003pipsといったスプレッドで提供されたこともあり、一部の通貨においては、かなりスプレッドは狭い状況でした。   ただし、一般的にビットコインに対するニーズが高いことを踏まえると、かなり大きなデメリットになると言えるでしょう。 全ての仮想通貨取引にマイナスのスワップポイントが発生する ペア ロング(単位ドル) ショート(単位ドル) ビットコイン -25 -10 ビットコインキャッシュ -25 -10 イーサリアム -25 -10 ライトコイン -25 -10 リップル -25 -10   XMでは、どの仮想通貨(通貨ペア)・どのポジションに対しても、マイナスのスワップポイントが発生する仕様になっていました つまり「全ての仮想通貨取引において、マイナスのスワップポイントが発生する状態なっていた」ということです。   XMでは、仮想通貨のポジションを持ち越すだけで、保有手数料が掛かってくるため、中長期的にポジションを保有したいという方には、大きなデメリットとなります。 MT4では取引ができない XMは、MT4・MT5といった複数の取引プラットフォームに対応していますが、仮想通貨取引に関してはMT5のみの対応となっていました。   つまり、XMで仮想通貨取引を行う際に、MT4を利用することができなかったということです。   徐々に、MT5対応の海外FX業者が増えてきているものの、未だに人気の高いMT4が利用できないという点にデメリットを感じる方は少なくないでしょう。 仮想通貨取引をするのにおすすめの取引所や業者はどこ? 業者 レバレッジ ボーナス 手数料 ゼロカット bybit 最大100倍 あり -0.025% (メイカー) あり FXGT 最大1,000倍 あり 無料 あり TitanFX 20倍 なし 大きく変動 あり   「XMがダメなら、仮想通貨取引ができるおすすめの取引所・業者は?」という点が気になるところです。   これから、仮想通貨取引に最適な取引所・業者を、「bybit」「FXGT」「TitanFX」という3つに激選してご紹介していきます。   bybit【レバレッジ100倍で日本人ユーザーも多い!】 業者 レバレッジ ボーナス 手数料 ゼロカット bybit 最大100倍 あり -0.025% あり     bybitは、デリバティブに特化した仮想通貨取引所です。   現物にも対応しているものの、他の取引所と比較するとデリバティブほど、優位性はありません。   デリバティブに特化しているbybitには、以下のような特徴が見られます。   年利BTC 4%、USDT 10%を預けることで運用可能 (証拠金として利用することもできる!) マイナス手数料はbybitのみ (日本語対応している業者の中で) サーバーが優秀 仮想通貨と仮想通貨の換金が可能   また、bybitは上記のような特徴に加えて、キャンペーン・ボーナスにも力を入れており、例えば「公式SNSをフォローするだけでボーナス」という獲得までのハードルが低いものも提供されています。   特に、BTCを年4%・USDTを年10%で運用可能なバランスブースターは、証拠金として利用できるため利便性が高く「ガチホしているBTCを運用したい」という方にはピッタリです。   また、これに加えて、bybitは「積立ステーキング」「二重資産マイニング」など、現物の仮想通貨を運用できるサービスを展開しています。   このような点を総合すると「仮想通貨取引と同時に、ガチホしている・する予定の仮想通貨を運用したい!」と考えている方に、特におすすめです。   bybitの詳細については、以下の記事で詳しく解説しています。     FXGT【ボーナスが非常に魅力!】 業者 レバレッジ ボーナス 手数料 ゼロカット FXGT 最大1,000倍 あり 無料 あり   FXGTは、FXや仮想通貨など複数のデリバティブを扱っている仮想通貨取引所と海外FX業者の中間に位置するような業者です。   FXGTの特徴には、以下のようなものが挙げられます。   キャンペーン・ボーナスが豊富 レバレッジが圧倒的 ...

【2021年11月最新】FXGTのボーナス最新情報は?出金や消滅には要注意?

  「FXGTのキャンペーンの最新情報が知りたい・・・」 「FXGTはキャンペーンの種類が複数あって、どれが対象になるのか分からない」   という疑問を持っている方も多いと思います。   しかし、FXGTは定期的にキャンペーンの内容が変わるため、現在のキャンペーン・ボーナスを把握していないと「お得なキャンペーンを逃した・・・」という事態になりがちです。   そんな疑問を解決するため、この記事では、FXGTの最新キャンペーン情報から、キャンペーンの条件、キャンペーンにおける注意点などについて解説しています。   この記事を読んで、FXGTのボーナスに関する全ての情報を理解しておきましょう!   FXGTのボーナスをざっくりまとめると・・・ 2021年11月時点では3つのキャンペーンが行われている ボーナスは直接出金できないため注意が必要 クリスマス、お正月はボーナスの狙い目! 複数の口座でボーナスの二重取りはできない FXGTの詳細を見る     目次 【2021年11月最新】FXGTのキャンペーン一覧 今後FXGTのボーナスが開催されそうな時期を予想! FXGTのキャンペーンに関するよくある質問 【2021年11月最新】FXGTのキャンペーン情報まとめ   【2021年11月最新】FXGTのキャンペーン一覧 これから、2021年11月最新のFXGTのキャンペーンとその使い方をご紹介していきます。   お得なキャンペーンを逃さないように、1つ1つチェックしていきましょう。 新規登録で3,000円 これからFXGTを利用するという方が、絶対にチェックしておきたいのが「新規登録・アカウント認証」に伴うボーナスです。   現在、FXGTで新規登録もしくは登録しているもののアカウント認証を行なっていない方が、一定の条件を満たすと「3,000円分」のボーナスを獲得することができます。   アカウント認証とは本人確認のことで、すでに登録を行なっている方であっても、まだ本人確認が済んでいない場合、ボーナスを受け取れるということになります。   ボーナスを獲得できる条件は以下の通りです。   報酬 3,000円ボーナス 条件 期間内にKYC(アカウント認証)を完了 既に登録していてもKYCをしていない方は対象 対象口座 スタンダード口座、ミニ口座   スタンダード・ミニ口座にしかボーナスは配布されないため、ボーナスが欲しい!という方は、スタンダード口座・ミニ口座を作成しましょう。 \ 今すぐ登録して3,000円GET! / FXGTの詳細を見る 最大100%の入金ボーナス 現在、FXGTでは入金に伴って、その入金額に応じたボーナスを受け取ることができます。   ボーナスが貰える割合は、初回入金の方は「100%」、それ以降の入金は「30%」となっています。   つまり、例えば10万円を入金した場合、初回入金では「10万分」、それ以降の入金では「3万円」がボーナスとして貰えるということです。   初回入金の方は、特にお得なので活用していきたいボーナスになっています。   入金ボーナスの条件は以下のとおりです。   報酬 入金金額に対して、100% or 30% 条件 対象口座に入金を行う 対象口座 セント口座、ミニ口座、スタンダード口座、スタンダードFX口座   こちらのキャンペーンは初回入金でなくても利用でき対象口座も幅広いので、既にFXGTを利用している方も恩恵を受けることができます。   \ ボーナスでお得に取引を始めるなら! / FXGTの詳細を見る トレードに応じてキャッシュバック 最後にご紹介する現在FXGTで行われているキャンペーンは、トレードに応じてキャッシュバックして貰えるというものです。   このキャンペーンでは、BTC・ETHのJPY・USD通貨ペア、合計4ペアの取引量に応じて、後日残高にキャッシュバックされます。   1回の取引あたりのロット数(取引量)によって、キャッシュバックされる金額は異なっており、ロット数が大きければ大きいほどキャッシュバックの額面は大きくなります。   キャッシュバックの条件は以下の通りです。   報酬 取引量に応じてキャッシュバック 条件 2ロット以上の取引を、BTC・ETH(JPY・USD)で行う 対象口座 スタンダード口座   注意したいのは「2ロット未満」の取引は、対象とされないという点です。   また、対象となる口座もスタンダード口座のみとなっているため、条件は他のキャンペーンと比較すると、若干厳しいものになっています。   しかし、条件に合致する場合、取引すればするほどお得になるので、FXGTをヘビーに利用している方なら、活用していきたいキャンペーンになっています。 ※ハロウィーンのキャンペーンのため現在は休止中。今後も定期開催の可能性が高いです! FXGTのボーナスに関する基本的なルール・注意点 これから、FXGTのボーナスに関する基本的なルールや注意点について解説していきます。   しっかりと把握しておかないと「ボーナスが反映されない・・・」といったことにも繋がりますので、チェックしておきましょう。 ボーナスを直接出金することはできない FXGTが提供しているキャンペーン・ボーナスを、はじめて利用するケースで誤解しがちなのが「ボーナスを出金できる」というものです。   基本的に、FXGTのボーナスを直接出金することはできません。   この点を誤解していると、ボーナス関連のキャンペーンを思うように活用できないので、注意しましょう。 利益にすると出金できる 「ボーナスを出金できないなら、意味が無いんじゃないの?」と感じる方も居るかも知れません。   しかし、実際はそうではなく、「ボーナスを利用して発生した利益」は出金の対象となります。   「10万円分のボーナスを利用して1万円分の利益」が発生したと仮定しましょう。   10万分のボーナスを引き出すことはできませんが、「1万円分の利益」に当たる部分は出金できます。 資金移動するとボーナスは消滅する ボーナスの対象となった資金を、FXGTのMT5口座から資金移動をすると、ボーナスは消滅してしまいます。   つまり、ボーナス目当てにお金を入金して、ボーナスが付与された段階で出金するといったことをすると、ボーナスが消えてしまうということです。   そのような意図が無かったとしても、資金移動をしてしまうと、ボーナスが消滅するので、ボーナスを利用したい間は、該当する口座の資金移動には注意したほうが良いでしょう。 期限は60日間 FXGTのボーナスは、口座に60日間動きが無い(取引・入金など)場合は、ボーナスが消滅します。   ただし、この期限は利用に伴い延長されるので、FXGTの該当する口座を利用している限りは、ボーナスが消滅してしまう恐れはありません。   しかし、ボーナス獲得後に数週間FXGTで取引を行なっていないといった場合は、注意したほうが良いでしょう。 定期的にボーナスのリセットがある FXGTはキャンペーンに積極的ですが、定期的にキャンペーンとそれに伴うボーナスの内容はリセットされます。   また、キャンペーンの中には終了時期が明確に示されていないものも多いので、キャンペーンの動向に注視しておいたほうが良いでしょう。   「あのボーナスを利用しようと思っていたのに、無くなっている・・・」といったことを避けるためにも、活用したいボーナスがある場合は、早めに獲得しておくのがおすすめです。 今後FXGTのボーナスが開催されそうな時期を予想! 「気になるボーナスが無い・・・」「自分が対象になるボーナスが無くなってしまった・・・」といった方も少なくないでしょう。   しかし、FXGTは頻繁にキャンペーンを行なっており、ボーナスを狙えるタイミングは定期的に訪れます。   これから、FXGTのボーナスが開催されそうな時期をいくつかご紹介していきます。 クリスマス FXGTは、季節の節目やイベントごとにキャンペーンや大規模なボーナス付与を行なっていることが少なくありません。   実際に、前述したキャッシュバックのキャンペーンは、ハロウィーンに伴い開催されたものとなっています。   このような傾向から考えると、もっとも大きなイベントの1つである「クリスマス」は、ボーナスに関連したキャンペーンが行われる可能性があるでしょう。   実際に、他の海外FX業者でもクリスマスに伴い、大規模なキャンペーン・ボーナスの付与が行われることは少なくありません。 お正月 次に、キャンペーンが行われる可能性が高いのは「お正月」です。   お正月に関しても、クリスマスと同じようにビッグイベントであることから、キャンペーンや何らかのボーナスが実施される可能性が高いでしょう。   実際に他の海外FX業者でも「お年玉」と題して、キャンペーンが行われることは多いです。   このような傾向を考えると「年末年始は狙い目」であると言えます。 BTCの価格が上がったタイミング もう一つ考えられるFXGTがキャンペーン・ボーナス付与を実施するタイミングは、「BTCの価格が上がったタイミング」です。   というのも、FXGTは過去に仮想通貨の大幅な価格下落・上昇に伴い、キャンペーンを実施しています。   このことから、今後BTCなどの代表的な仮想通貨の価格が上昇すれば、再びキャンペーンを行う可能性は高く、それに伴うボーナスをゲットできるかもしれません。   しかし、上記したものはどれも確実なものではないため、ボーナスに関する情報が気になるという方は、随時FXGTのキャンペーン情報をチェックしておくのがおすすめです。   \ 今のうちに登録して最新情報をチェック! / FXGTの詳細を見る FXGTのキャンペーンに関するよくある質問 最後に、FXGTのキャンペーンに関するよくある質問をいくつか回答していきます。   FXGTの疑問を解決していきましょう。 入金したのに入金ボーナスが反映されない 「FXGTへの入金を済ませたのに、ボーナスが反映されない」というのはよくある質問です。   この点については、2つの原因が考えられます。   1つ目は「反映が追いついていない」というケースで、FXGTは反映までには数分〜数十分程度時間がかかるとしています。   まだ入金してからそれほど時間が経っていないケースでは、少し待ってみるのがおすすめです。   2つ目のケースが「条件をクリアしていない」というケースで、長時間待っても反映されない場合は、こちらに当たる可能性が高いでしょう。   もう一度、キャンペーンの内容を確認してみることをおすすめします。 ボーナスを別の口座に移したい 基本的にボーナスを他の口座に移すといったことを行うことはできません。(FXGTによる案内などは無い)   どうしてもという方は、FXGTに問い合わせてみるしかないでしょう。 複数の口座で受け取ることはできますか? FXGTでは、ボーナスを口座ごとではなく、アカウントごとにカウントしています。   このことから、複数の口座で二重で受け取るといったことはできません。 【2021年10月最新】FXGTのキャンペーン情報まとめ この記事では、FXGTのキャンペーン情報について、解説しました。   2021年11月時点で、FXGTは「新規登録・アカウント認証ボーナス」「入金ボーナス」「キャッシュバック」といったキャンペーンを行なっています。   FXGTはキャンペーンを積極的に行なっている分、定期的にボーナス・キャンペーン内容が変化するということも少なくありません。   「お得なキャンペーンを逃したくない!」という方は、早めにチェックしておくのがおすすめです。   また、他の業者と比較して検討したい方は、こちらの記事を参考にしてみてください!↓