Gate.io(ゲート)の評判はどう?日本人ユーザーのリアルな口コミを徹底調査

 

「アルトコイン(草コイン)を買いたい」
「バイナンスで取扱っていないコインも買ってみたい」

 

このような方は、アルトコイン投資による一攫千金を狙っているのではないでしょうか。

 

バイナンスに上場しているアルトコインは、既に価格上昇が始まっていることがあります。

 

そのような状況で、今から莫大なリターンを得るのは難しいと思っている方におすすめの仮想通貨取引所があります。

 

それが「Gate.io(ゲート)」という取引所です。

 

今回は、仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)の基本情報とメリット・デメリットの解説をします。

 

この記事を読むことで、まだ知名度が低いGate.ioの情報・リアルな評判を知ることができます。
アルトコイン取引におすすめなので、ぜひ参考にしてください。

 

Gate.ioの評判をざっくりまとめると…!

    • 24時間取引高で世界ランキング7位
    • 900種類以上の通貨を取引可能!
    • セキュリティが強固
    • 日本人ユーザーは一部制限あり

\ アルトコインの取引なら! /

Gateに登録する

 

Gateの基本情報を解説

Gateの基本情報

 

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)は、中国企業によって運営されている海外発の仮想通貨取引所です。

 

2013年にケイマン諸島で設立されており、仮想通貨取引所の中では古い方です。

サービス開始から8年で、2021年10月現在の利用者数は100万人を突破し、現在は日本やアメリカ、韓国などにも拠点があります。

 

 

また、2021年10月時点では、24時間取引高で世界仮想通貨取引所ランキング7位(参考:Coingecko トップ仮想通貨取引所ランキング 2021年10月11日)という実績もあります!

 

沢山の仮想通貨投資家に利用されていることが分かります。

さらに、Gateの魅力はなんと言っても、アルトコインが900種類以上も取引できることです。

 

取扱っているアルトコインはトップクラスの多さです。アルトコイン投資で一攫千金を狙える可能性が、他の仮想通貨取引所に比べて圧倒的に高いです。

Gateは日本人でも使える?

Gate 日本人 使える?

 

Gateは日本人でも利用することが可能です。

ただし一部制限があるので、利用する際はしっかりと確認しておきましょう。

具体的には以下の内容が制限されています。

日本居住者向けサービスでの一部制限 内容

  • 仮想通貨レンディング
    (自分の仮想通貨を取引所に貸し出して、貸借料を得ること)
  • レバレッジ取引
  • 一部の仮想通貨の取引

日本在住の方は、上記が制限されることになります。

 

特にレバレッジ取引が制限されているので、少額からレバレッジを活用して資金を増やすことは無理です。

現物取引(入金した金額までの取引)しかできないことは欠点です。

【良い評判】Gateのメリットは?

Gate メリット

 

Gateは仮想通貨取引所としての取引高、サービス内容は共に良好ですが現状、日本人にあまり認知されていません

また取引高世界No.1が理由で「仮想通貨取引所はバイナンス一択」というような声・印象を受けることもあります。

 

しかしGeteはバイナンスと比べても遜色がないくらいメリットがあります。

 

そこでここでは、Gateのを使うメリットについて見ていきましょう。

 

アルトコインの取引が活発

アルトコイン 活発

 

先述したとおり、Gateはアルトコインの取扱数が900種類を超えていて、仮想通貨取引所の中でもトップクラスです。

 

2021年10月時点では947種類もあり、もう少しで1,000種類を突破するほどの多さです

 

ちなみに仮想通貨の取引高No.1のバイナンスは、コインの取扱数333種類です。(2021年10月時点)

 

Gateのコイン取扱数は、バイナンスに比べて2.8倍もあるということです!

 

つまりアルトコイン投資で一攫千金を目指すなら、バイナンスを利用するよりもGateを利用した方が2.8倍も一攫千金チャンスがあるということでもあります。

 

実際はそんな単純ではありませんが、少なくとも取扱っているコインが多い方が投資の幅は広がるのでオススメです!

 

万全なセキュリティ対策

セキュリティ対策

 

仮想通貨取引所はこれまでに沢山のサイバー攻撃を受けて、資金流出・盗難などが起きています。

 

どんなにしっかりしたセキュリティでも100%の安全性は保証できませんが、Gateはセキュリティ対策がしっかりしています。

  • 二段階認証
  • コールドウォレット管理
  • マルチシグ(マルチ・シグネチャー)採用

上記のような対策がされています。

 

コールドウォレット管理は、仮想通貨を保管する方法の中では、最もセキュリティのレベルが高い方法です。

 

さらに仮想通貨を送金するための署名が複数必要になるマルチシグ(マルチ・シグネチャー)を採用しています。これにより、仮にハッキングされても仮想通貨が勝手に送金される可能性は格段に低くなります。

本人確認なしで取引できる

本人確認なし

 

Gateは本人確認をしなくても仮想通貨の取引をすることができます。

他の仮想通貨取引所・販売所で仮想通貨を準備して、Gateに送金することができれば本人確認をせずに取引ができるようになります。

 

しかし注意点があり、本人確認が未確認だと利益が出金できません

Gateを利用する方は、利益を出金するためにも早めに本人確認を済ませることをおすすめします。

取引手数料を抑えることができる

取引手数料

 

Gateでは取引手数料がMaker(メイカー)とTaker(テイカー)どちらも一律0.2%となっています。

 

他の取引所では、Maker注文となる指値注文をした場合は、Takerよりも手数料が安く設定されていることが多いです。

 

Gateの取引手数料は、初期状態だとMaker・Takerどちらも変わらないという特徴は、嬉しいトレーダーも多いのではないでしょうか。

 

ただし、MakerとTakerの手数料が同じなのは最初だけです。Gateは取引量や仮想通貨の保有量などによって0〜16までの17段階でVIPランクづけされます。

 

ランクによって手数料の優遇があり、最大ランクVIP16の手数料はMaker(指値注文)の場合は0.0055%という低さになります。

【悪い評判】Gateのデメリットは?

Gate デメリット

 

Gateは運営元が中国系ということもあり、信頼性などで怪しいと感じる方も多いと思います。

実際のところ、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

  • 運営の信頼性が低い
  • 日本語が非対応だった(ほぼ改善されている)
  • 仮想通貨での入金しかできない

このようなデメリットがあります。しかし改善されてきているものもあるので、今後さらに良くなっていくことに期待しましょう。

運営の信頼性が低い

信頼性

 

先ほども書いたように、Gateの本社はケイマン諸島ですが、実質的には中国系によって運営されています。

 

中国は仮想通貨業界としては、マイニング大国として有名でした。

 

しかし昨今の中国における仮想通貨情勢は非常に厳しいです。

 

そのような中国の情勢も相まって、Gateの信頼性は大丈夫なのか疑問視されています。

 

運営会社が中国系なので今後、Gateの運営を中止する可能性もあり、どうなるか分かりません。

 

しかし、世界各国にユーザーがおり、取引高もトップクラスの仮想通貨取引所です。他の無名かつ取引高の少ない取引所よりは安全と判断できるのではないでしょうか。

日本語は非対応(ほぼ改善されている)

Gate 日本語 非対応

 

これまでGateは公式サイトが日本語非対応でした。

 

しかし、2021年10月時点で公式サイトを確認したところ、ほぼ改善されたと言っても過言ではない状態でした。

 

  • サイトの言語選択で日本語が選択可能
  • 為替レートで日本円(JPY)を選択可能

 

以下のように、日本人でも普通に利用できる仕様になっています。

 

公式サイト上で確認できるGateからのお知らせ・ニュース等は英文になっています。

 

情報収集で苦戦するかもしれませんが、Google翻訳などを利用できるので大きな欠点ではありません。

 

\ 仮想通貨の情報収集なら! /

コインパートナーオンラインサロンの詳細を見る

 

仮想通貨でしか入金できない

Gate 仮想通貨 入金

 

Gateの口座への入金方法は、仮想通貨のみとなっています。

 

ただし、これは海外取引所では一般的ではあります。またGateの場合、取扱コインが900種類を超えているため、さまざまなアルトコインで入金できるという特徴があります。

 

出金も同様に仮想通貨のみとなっています。

そのため、利益は日本円に換金できる仮想通貨取引所・販売所に送金する必要があります。入金・出金に一手間増えてしまうので、少し大変です。

結論、Gateは使うべきなの?

「評判は分かったけど、結局Gateは使うべき取引所なの?」

 

みなさんが気になるのはこの点かと思います。

 

結論から言うと、Gateは中級者以上の方にオススメできる取引所だと言えます。

 

取引に慣れてくると、分散投資の観点からも、複数口座を持ったり、アルトコインに投資したりする機会を増やしていくのが一般的です。

 

その点Gateは、2個目、3個目の取引所として優秀な特徴を兼ね備えていると言えるでしょう。

 

しかし、海外取引所初心者の方が最初の取引所としてGateを選ぶのは危険かもしれません。

 

これまでご紹介した特徴から、Gateはかなり「海外取引所らしい」特徴を兼ね備えている分、使用する難易度が高い取引所の一つでもあります。

 

初心者の方は、まずは日本人へのサービス実績も豊富なBybitなどの取引所を使用することをオススメします!

 

とは言え、現時点で世界的に人気のある取引所ではあるので、気になる方は実際に登録して使用してみてください!

 

\ アルトコインの取引なら! /

Gateに登録する

まとめ Gate.ioは怪しい?

 

今回は、仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)についての基本情報・リアルな評判を含めたメリット・デメリットなどを解説しました。

 

お伝えしたように、Gateは運営実績8年、24時間取引高で世界7位という優れた仮想通貨取引所です。

 

しかし、運営元が中国系であることを考慮すると、どうしても信頼性は低くなってしまいます。

 

バイナンスにないアルトコインを取引したい方、信頼性はあまり気にしないという方にはオススメの仮想通貨取引所となるでしょう。

 

逆にまだバイナンスの口座開設をしていない方、信頼性は重要視したいという方にはあまりおすすめできない取引所です。

 

自分の取引実績に合わせて、慎重に選ぶのがオススメです!

海外取引所への送金手数料無料

GMOコイン

海外投資エージェントおすすめ

海外取引所を徹底比較
2021年最新!主要海外取引所ランキング
海外仮想通貨入門
海外取引所での仮想通貨の始め方
ボーナスが豪華な海外取引所
海外取引所の豪華なボーナスやキャンペーン最新版
海外取引所で仮想通貨レンディング
利率の高い海外取引所で不労所得の作り方

海外取引所を始めて使う

海外取引所おすすめランキング