海外FXの危険性とは?初心者がリスクを減らして運用する方法を解説

 

「海外FXって危険って聞くけど、実際どうなんだろう?」
「海外FXのリスクってどのようなものがあるのだろう?」

 

あなたはこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

 

確かに、国内FXではなく海外FXとなると、安全に取引できるのか不安になりますよね。

 

しかし、海外FXも危険性を理解しておけば、リスクを回避した取引が可能になります!

 

海外FXを利用したことのない初心者の方でも、この記事を読み終わる頃には、海外FXの安全性やリスクを正しく理解して安全に取引ができるようになります。

 

初心者の方が悩みやすい内容をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください!

 

海外FXの危険性で意識すべきポイント!

    • スプレッドの広さに注意
    • 金融庁の警告を受けている可能性がある
    • 入出金がスムーズではない可能性がある
    • まずはXMなどの大手で始めるのがオススメ!

\ 日本人でも使いやすくて安心! /

XMの詳細を見る

海外FXが危険だと言われる6つの理由

 

海外FXはなぜ危険だと言われるのでしょうか。
国内FXと比べて、海外FXが危険だと言われる理由は主に6つあります。

海外FXが危険だと言われる理由

  • 金融庁が警告している
  • スプレッドが広い
  • レバレッジが大きい
  • 入出金がスムーズでない
  • 税金が高い
  • 詐欺業者の可能性がある

 

まずはこの6つのリスクについて、正しく理解しておきましょう。

 

金融庁が警告している

金融庁からの警告

 

日本の金融庁は「金融商品取引法にもとづく登録」を受けていない海外FX業者に対して定期的に警告を出しています。

 

金融庁が「金融商品取引法にもとづく登録」を受けていない海外FX業者に対して、警告を出す主な理由は、

 

  • 日本国内で登録を受けていないため、トラブルの危険性がある
  • 所在地が海外のため、トラブルの際の対応が困難

 

の2点です。

 

日本国内で登録を受けているFX業者は、日本の法律の規制を受けているためトラブルが起きづらく、金融庁もトラブルの解決をしやすいです。

 

しかし、日本国内で登録を受けておらず、所在地も海外にある海外FX業者の場合は、金融庁もトラブルの際の対応が困難になります。

 

日本国内で登録を受けていないリスクに関しては、しっかりと理解しておく必要があるでしょう。

 

金融庁は、国内・海外問わず警告をおこなった業者名を公表しているので、利用したい取引所の名前が挙げられていないかは事前に確認するのをおすすめします。

 

スプレッドが広い

スプレッドが広い

 

海外FXは一般的にスプレッドが広いことが多いです。

 

当然ですが、スプレッドが広いということは取引コストが高くなります。

 

そのため、取引においてユーザーが不利になってしまうのです。
さらに、通常時のスプレッドが狭くても、日本時間早朝や経済指標発表時に大きくスプレッドが広がる海外FX業者も存在します。

 

海外FXと比べると、国内FXはスプレッドが狭い傾向にあります。

 

スキャルピングなど取引回数が多い方は、国内FXが有利と言えます。

 

ただし、1日以上ポジションを保有するような取引回数が多くない方の場合は、影響は小さくなりますので問題はあまりないでしょう。

 

レバレッジが大きい

レバレッジが高い

 

海外FXは最大レバレッジが大きいことが多いです。

 

最大レバレッジが大きければ、少ない証拠金で大きなロット数を取引することが可能です。
そのため、最大レバレッジが大きいことに魅力を感じるユーザーもたくさんいます。

 

しかし、少ない証拠金で大きなロット数を取引すれば、強制ロスカットにより資金を失いやすくなります。
特にFX初心者の方は、慣れるまで低めのレバレッジで取引をおこなうとよいでしょう。

 

ただし、最大レバレッジが大きいことを利用して大きなロット数を取引することは、強制ロスカットにより資金を失いやすいというリスクがありますが、少ない資金で大きな利益を狙えるチャンスとも言えます。

 

万が一自分がどうすればよいか迷った場合は、最大レバレッジを選べる海外FX業者を利用して、自分に合った最大レバレッジを見つけるのも、ひとつの解決手段となりますので覚えておきましょう。

入出金がスムーズでない

入出金のルールが複雑

 

海外FXは入出金のルールが分かりにくかったり、入出金額の口座への反映が遅くなる場合があります。

 

海外FXは業者によってルールが異なったり、海外口座のため入出金額の口座への反映が遅くなることが比較的多いのです。

 

例えば、日本の銀行口座から海外の銀行口座に送金した場合、入金額の口座の反映が1週間近くかかり、送金手数料も数千円かかってしまったというケースがよく見られます。

 

マネーロンダリング対策のため、出金のルールがあることも多く、ルールを無視すると出金できません。

 

国内FXの方が入出金のルールは分かりやすく、入出金手数料も安いと言えます。

 

ただし、海外FXも対策が進み、入出金が即時口座反映されたり、手数料が安くなる入出金方法を導入する業者も増えています。

 

税金が高い

 

海外FXは国内FXより税金が高くなってしまう可能性があります。

 

なぜなら、海外FXは「雑所得」、国内FXは「先物取引に係る雑所得」であり、税制と税率が異なるからです。

 

海外FXの利益額に応じた所得税率は以下の通りです。(別途一律10%の住民税がかかります)

 

利益額 所得税率
195万円以下 5%
195〜330万円以下 10%
330〜695万円以下 20%
695〜900万円以下 23%
900〜1,800万円以下 33%
1,800〜4,000万円以下 40%
4,000万円以上 45%

 

これに対して、国内FXの住民税込みで20%となります。
そのため、海外FXで330万円の利益をあげると、国内FXより高い20+10=30%の税率となります。

 

もし4,000万円以上利益をあげた場合は45%+10%=55%と半分以上の利益が税金で消えしまいます。
ただし、195万円以下の場合は5%+10%=15%と国内FXの一律20%より税金が安くなります。

 

詐欺業者の可能性がある

 

残念ながら海外FXには、詐欺業者が定期的にあらわれます。

 

海外FXの中には、本当に金融ライセンスを所持しているのか、また営業実態があるのか怪しい業者も珍しくありません。

 

業者が破綻した場合、ユーザー資産が信託保全されていなければ、口座資金が戻ってこないケースもあります。

 

そのため、海外FXを利用する際には業者の信頼性や安全性をしっかりと調べる必要があります

 

日本語対応のサポートデスクがある場合は、いろいろと質問してみるのもよいでしょう。

 

【リスクだけではない】海外FXのメリット

海外FXはデメリットだけではない

 

ここまで海外FXのデメリットについて解説いたしました。しかし、当然ながら海外FXには大きなメリットもあります。
そのため、実際多くの日本人ユーザーが海外FXを利用しています。

 

海外FXのメリットは主に3つあります。

海外FXの主要なメリット

  • ボーナスが豊富
  • 追証なしのゼロカットシステム
  • MT4・MT5を使える

 

以下、海外FXの主なメリットを3つ解説いたします。

 

ボーナスが豊富である

ボーナスが豊富

 

ボーナスが豊富であることは、海外FXの大きなメリットです。
ボーナスとは、海外FX業者から提供される取引用の証拠金のことです。

 

例えば、「入金100%ボーナス」であれば入金額と同額が取引用の口座に入金されます。
100万円入金したのであれば、業者から100万円が証拠金として提供され、合計200万円の証拠金で取引可能ということになります。

 

提供されたボーナスを使うことで、より大きなポジションを保有できるなど、取引用の資金として大きな効果を発揮します。
国内FXでは規制により多額のボーナスを出すことはできません。

 

国内FXで取引をしていたものの、ボーナスが豊富であることがきっかけに、現在は海外FXを利用しているというトレーダーは多いです。

 

追証なしのゼロカットシステム

追証なしのゼロカットシステム

 

海外FXの多くがゼロカットシステムを導入しています。

 

ゼロカットシステムとは、口座残高がマイナスになった場合、マイナスの金額を業者が補填し、口座残高が0円にリセットされるというシステムです。ゼロカットシステムが無い場合は、口座残高がマイナスになった場合、追証を請求されることがあります。

 

追証とは「追加証拠金」の略称で証拠金維持率や口座残高がマイナスになった場合に、追加で証拠金を求められることです。口座残高がマイナスである場合、マイナス分の返済を求められてしまいます。要するに借金リスクがあるということです。

 

海外FXの多くがゼロカットシステムを導入してるため、借金リスクがありません。
ゼロカットシステムを導入している点は国内FXよりユーザーにメリットがあると言えます。

 

MT4・MT5を使える

MT4・MT5を使える

 

海外FXでは、多くの業者でMT4やMT5を使うことができます。

 

MT4やMT5とは世界中のトレーダーの間で人気のトレードプラットフォームです。注文だけでなく、独自のテクニカル分析や自動売買も可能であり、非常に高性能なツールです。

 

無料で多くのテクニカル分析を使用したり、売買履歴の管理などもできます。
しかし、国内FXではMT4やMT5を取り扱っている業者は現状多いとは言えません。

 

MT4やMT5を使って取引をしたい場合は、海外FXを検討するのもよいでしょう。

 

海外FXのリスクを減らす方法

リスクを回避する具体的な方法は?

 

海外FXにはリスクがありますが、大きなメリットもあります。海外FXを利用する際には、なるべくリスクを減らすように注意することがコツです。注意していれば、トラブルに合う可能性はかなり低くできるはずです。

 

リスクを減らす方法としては

海外FXのリスクを減らす方法

  • 金融ライセンスを確認する
  • 日本人ユーザーへのサービス提供を調べる
  • 情報収集を欠かさない

 

以下、3つの海外FXのリスクを減らす方法を解説いたします。

 

金融ライセンスを確認する

 

当然ですが、金融ライセンスは日本だけではなく世界中の国々に存在します。そして、金融ライセンスを取得する難易度は国によってかなり違います。

 

そのため、どの国の金融ライセンスを持っているかで信頼度が変わるのです。

 

金融ライセンスを所持していない海外FX業者は論外として、どの国の金融ライセンスを持っているかを調べてみましょう。大抵は海外FX業者の公式サイトに記載があります。

 

金融ライセンスを取得する難易度が高いと言われている国は

 

  • イギリス:英国金融行為監督機構(FCA)
  • キプロス:キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • オーストラリア:オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
  • ベリーズ:ベリーズ国際金融委員会(IFSC)

 

これら4つが有名です。

 

日本人ユーザーへのサービス履歴を調べる

日本人へのサービス提供実績を確認

 

海外FXでは、日本人ユーザーへのサービスが長期間しっかりとおこなわれているかが重要です。
公式サイトの日本語がグーグル翻訳しただけのような作りだったり、英語でしかサポートがなかったりすることは珍しくありません。

 

一方で、公式サイトがしっかりとした日本語になっており、平日は24時間日本人スタッフによるチャットサポートや電話対応をおこなっているというような、しっかりとした日本人へのサービスを長期間続けている海外FX業者もあるのです。

 

利用を考えている海外FX業者に関しては、実際に利用する前に、公式サイトやサポートが日本語に対応しているか、どの程度の期間日本人ユーザーにサービスを提供しているかなどを調べておきましょう。

 

情報収集を欠かさない

情報収集を欠かさない

 

金融ライセンスや日本人ユーザーへのサービス履歴の他にも、現在利用中のユーザーからの情報を得ることも大切です。サイトには書かれていない、現在の状況を知ることができるからです

 

使い勝手のよい海外FX業者であったはずが、条件が改悪されてしまったというケースもありえます。そのため、TwitterなどのSNSを使って、海外FX業者の現在の状況を調べてみることをおすすめいたします。

 

特に日本市場からの撤退や出金拒否などのうわさがある業者には注意しましょう。

 

リスクを減らして運用できる業者とは?

リスクを減らすにはどの業者が良い?

 

リスクを減らして運用できる海外FX業者とはどのような業者なのでしょうか。

ここまで解説した内容も踏まえると、オススメの海外FX業者は「href=”https://coinotaku.co.jp/gc/posts/492/”>XM」でしょう。

 

まず、XMの金融ライセンスは、キプロス証券取引委員会(CySEC)のものです。

 

キプロス証券取引委員会(CySEC)の金融ライセンスは取得する難易度が高いことで有名です。XMはキプロス証券取引委員会(CySEC)の金融ライセンスを所持しているので、信頼性につながるでしょう。

 

さらに、XMは日本人ユーザーへサービスを10年以上提供している実績があります。
メールやチャットでのサポートも日本語に対応しており、週5日24時間体制です。

 

また、XMなら取引所に関する情報収集でもまったく問題はないでしょう。

 

XMは海外FX口座を持つ日本人ユーザーの70%以上が口座を保有していると言われてるほどの人気があります。

 

日本人ユーザーに抜群の人気を誇る海外FX業者であるXMの情報は、TwitterなどのSNSでリアルタイムの情報が常に流れています。最新の情報を収集するにあたっては、心配する必要はありません。

 

業者選びに悩んだら、まずはXMに登録して始めてみるのが間違い無いでしょう!

\ 日本人でも使いやすくて安心! /

XMの詳細を見る

 

海外FXの危険性 まとめ

 

ここまで、海外FXの危険性とその対処法について解説しました。

 

確かに海外FXには「日本国内で登録を受けていない」などのリスクがあり、不安になる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、国内FXでは考えられないような「豊富なボーナス」があり、「追証なしのゼロカットシステム」で借金リスクが無いなどのメリットも存在しています。
また、「金融ライセンスを確認する」ことにより、金融ライセンスを取得する難易度が高いと言われている国のライセンスであればリスクを減らすこともできます。

 

迷っている場合は、日本人ユーザーに大人気であり、メールやチャットでのサポートも日本語に対応しており、週5日24時間体制のXMへの口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

海外取引所への送金手数料無料

GMOコイン

海外投資エージェントおすすめ

海外取引所を徹底比較
2021年最新!主要海外取引所ランキング
海外仮想通貨入門
海外取引所での仮想通貨の始め方
ボーナスが豪華な海外取引所
海外取引所の豪華なボーナスやキャンペーン最新版
海外取引所で仮想通貨レンディング
利率の高い海外取引所で不労所得の作り方

海外取引所を始めて使う

海外取引所おすすめランキング