投資家が選ぶおすすめの海外取引所ランキングはコチラ

オントロジー(ONT)とは?将来性・特徴・買い方・ステーキングについて解説!

「日本初上場のオントロジー(ONT)ってどんな仮想通貨なんだろう?」あなたは今こうお考えではないですか?

確かに将来性があるなら日本に上場したことだし買っておきたいですよね。

この記事では仮想通貨オントロジーの将来性・特徴・買い方・ステーキングなどの運用方法を紹介していきます!

オントロジーの将来性は?
  • 国内取引所DeCurretに上場
  • ブロックチェーンを使ってデータの信頼性を高めることが目的
  • ビジネス面での需要大
  • アリババと資本連携しているので信頼性抜群
  • 年利10%超えのステーキングができる

DeCurretロゴ

目次

オントロジー(ONT)とは?

通貨名称/単位オントロジー/ONT
価格¥61
時価総額ランキング120位
発行上限70億枚
コンセンサスアルゴリズムVBFT
公式サイト公式HP
Twitter

(CoinMarketCapより引用/2021.12.21.)

オントロジーが国内取引所のDeCurretに上場することが決定しました!

オントロジーは技術面・資本面で開発能力の高い仮想通貨です。プロジェクトとして素晴らしいので将来性もそこそこ高いとみています。

ここからはオントロジーがどんな仮想通貨なのかを解説していきます!

オントロジーとは?
  • 開発元のOnchain社は信頼性が高い
  • 仮想通貨NEOから生まれた
  • 企業が手軽に使えるブロックチェーン技術として開発

開発元のOnchain社は信頼性が高い

オントロジーの開発元はOnchain社という中国の会社で、アリババと資本提携を結んでいたり、中国の大企業、中国の国政・国債から融資を受けています。

大企業からもプロジェクトを認められ、資本提携をしているオントロジーはかなり信頼性がありますし、これらの潤沢な資金で開発が進めやすいと考えられます。

また、公式HPではパートナーとして53社もの会社を紹介しており、中国だけでなく世界の大企業からも支持を受けていることがわかります。

仮想通貨NEOから生まれた

Onchain社のCEOであるホンフェイ氏は中国版イーサリアムとも呼ばれる仮想通貨NEOの元創業者でもあります。

オントロジーはNEOをベースにしているので、コンセンサスアルゴリズムやプラットフォームで共通点が多く見受けられます。*ただし2つは全く別のプロジェクトになります。

オントロジーは今後NEOとの統合も発表しているので、NEOの処理スピードの速さや多様なプログラミング言語などの技術を駆使して高度な開発が進んでいくと考えられます。

企業が手軽に使えるブロックチェーン技術として開発

オントロジーはビジネス面でブロックチェーンを利用することで信頼性のあるデータや業務の遂行を目的としています。

企業にとって改ざんすることができないブロックチェーンは信頼性確保に有効な技術ですが、取り入れるのにハードルが高いという欠点があります。

オントロジーはそれぞれの企業に合わせて利用しやすい形でブロックチェーンを提供することができるので、多くの企業が信頼性とセキュリティの高いデータ管理をすることを可能にするのです!

オントロジー(ONT)は買うべき?将来性を解説!

Coinpartnerの見解としてはオントロジーの将来性はそこそこ高いと思っています!

技術面、資本面が充実している上に今後仮想通貨やブロックチェーン技術の認知や使用が広がればビジネス面での需要が高まっていくと考えられます。

ステーキングもできるので、ステーキングしつつ長期保有をするのが賢い戦略の1つではないでしょうか。

ここからは更にオントロジーの将来性について深堀していきます!

オントロジーの将来性は?
  • ロードマップの進捗
  • 企業との連携の増加

ロードマップの進捗

オントロジーは、プロジェクトを以下の5つに分けて2021年開発予定のロードマップを発表しています!→オントロジーのロードマップはこちら

  • ONT ID(分散型ID)
  • DDXF(分散型データ交換)
  • ONTO(分散型アプリ)
  • SAGA(分散型データプロトコル)
  • Wing(DeFi レンディングプラットフォーム)

それぞれの目標と実装予定の機能が詳細に公表されています。このような点でも開発側の本気度と丁寧さが伝わってきますよね。

これらがすべて達成されればさらにオントロジーの技術・評価・価格の上昇が見込めるでしょう。
開発状況はオントロジー公式ブログから毎週報告されています。→オントロジーの開発状況を見る

企業との連携と実際の利用

オントロジーの技術はビジネスに焦点を当てているため中国のモバイルゲーム製作会社cocos、日本のクラウド在庫管理ソフト企業ZAICO社、クラウドソーシングプラットフォームのMicroWorkersなど中国のみならず様々な企業と連携をとっています。

また、公式HPではオントロジーを利用したソリューションとしてダイムラー・モビリティAG社と共同開発してブロックチェーン技術を自動車産業の部品や契約書、保険金請求などの利用が紹介されています。

このように実際に企業と連携して利用されていけばオントロジーの需要も増えていくので長期的に見れば将来性は高いと言えるでしょう。

オントロジー(ONT)が購入できる取引所はDeCurret

DeCurretロゴ

オントロジーは日本だとDeCurret(ディーカレット)でのみ取り扱っています!(7月19日現在)

DeCurretってどんな取引所?
  • JR東日本・KDDI・三菱UFJ銀行など大手企業から出資を受けている
  • maker手数料-0.03%!指値注文すると手数料の一部がもらえる
  • いつでも仮想通貨を電子マネーにチャージして使える

DeCurretを初めて知る方もいるかもしれませんが、大手企業から出資を受けており信頼性が非常に高いです!
maker手数料は国内最安値で、マイニングサービスや仮想通貨の電子マネーチャージができるなどサービスも充実しています。

オントロジーを国内取引所で初めて上場させたので今後の新規上場通貨の期待もできますよね。また、キャンペーンを頻繁にやっているので公式HPやTwitterを確認してみてください!

オントロジー(ONT)のステーキング

海外取引所のBinance(バイナンス)では年利10%超えのオントロジーのステーキングをすることができます!

ステーキングとは仮想通貨を一定期間ロックする(預ける)ことで報酬を得る仮想通貨の運用方法で、初心者でも簡単に資金を増やせることからかなりおすすめです。

オントロジーのステーキング方法
  • バイナンスに登録
  • DeCurretに登録
  • DeCurretでONTを購入&送金
  • バイナンスのステーキングページでONTを預ける

オントロジーのステーキングは国内取引所ではできないので注意してください。
オントロジーは長期保有がおすすめですが、ただウォレットに資金を入れておくよりもステーキングして増やす方がお得かと思います!

また、オントロジーの公式ウォレットからもステーキングをすることができます。

オントロジー(ONT)に関するQ&A

オントロジーに関するQ&A
  • どこの取引所で購入できる?
  • エアドロップはどうやったら受け取れる?
  • ステーキングはできる?

どこの取引所で購入できる?

国内取引所ではDeCurret(ディーカレット)のみの取り扱いになります!
これからオントロジーを取り扱う国内取引所も出てくる可能性もあるので最新情報をよく確認しましょう。

海外取引所だとBinanceGate.ioなどで取引できます。

エアドロップはどうやったら受け取れる?

オントロジーのエアドロップの条件は仮想通貨NEOを保有すること、流動性マイニングに参加することなど様々です。

エアドロップで決まった条件はないので公式Twitterなどの事前告知を確認してください!公式Twitterはこちら

また、エアドロップ直前に価格があがり、エアドロップ後に価格が下がる(元に戻る)こともあるのでエアドロップに参加しなくてもエアドロップ情報は確認した方がいいかもしれません!

ステーキングはできる?

オントロジーではステーキングをすることができます!

オントロジーのコンセンサスアルゴリズムはVBFTです。聞きなれない方もいるかもしれませんがPoS・VRF・BFTを組み合わせた新しいコンセンサスアルゴリズムで、PoS系に属します。

オントロジーは長期保有がおすすめの通貨なのでステーキングしつつ長期保有するのがかしこい戦略の1つと言えるでしょう。

オントロジー(ONT)まとめ

オントロジーまとめ
  • 国内取引所DeCurretに上場
  • ブロックチェーンを使ってデータの信頼性を高めることが目的
  • ビジネス面での需要大
  • アリババと資本連携しているので信頼性抜群
  • 年利10%超えのステーキングができる

オントロジーの魅力がわかっていただけたでしょうか?

この記事ではオントロジーの将来性・特徴・買い方・ステーキングについて解説してきました。

オントロジーはブロックチェーン技術がより多くの人にとって利用しやすく身近になることを促進する有能な仮想通貨だと言えます。
ステーキングしつつ長期保有することをおすすめします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる