投資家が選ぶおすすめの海外取引所ランキングはコチラ

ネム・シンボルの今後・将来性は?おすすめはどっちか、ハードフォークも含めて解説

ネム シンボル

ネム・シンボルは値上がりするかな、ハードフォークがあったし気になる
ハードフォークによって値上がりする通貨も多いですし、将来的に高騰する可能性があるか気になりますよね。

暗号資産は儲けるには、大量に購入したり少しでも安い時に買う必要があります。
しかし、資産を増やすために投資したのに、タイミングを間違えて損をしたら嫌ですよね

そこで今回は、ネム・シンボルを買うべきなのか、2つの通貨の将来性を徹底考察します。

この記事をたった5分読むことで、購入の判断材料になります

この記事を
ざっくりまとめると…
  • ハードフォークにより
    ネムはシンボルのサブチェーンへ
  • ネムはオープンソース化による開発力向上・NFT領域への進出で期待されている
  • シンボルは抜本的な体制の改善
    プロジェクトとして再スタート
  • ネムを購入するなら
    コインチェックがおすすめ
コインチェックバナー画像

国内取引所No.1ダウンロード数

CoinCheckの公式サイトはこちら

目次

仮想通貨ネム(NEM)の特徴

仮想通貨ネム(NEM)の特徴
ネム(NEM)の特徴
  • 承認方式がPoI
  • 承認報酬がハーベスト
  • アポスティーユ(公証)機能

ネム(NEM)の特徴①承認方式がPoI

仮想通貨ネム(NEM)の特徴①承認方式PoIにより報酬がもらえる

NEMは、承認方式に独自のPoI(Proof of Importance)を採用しています。

PoIはユーザのネットワークへの貢献度をはかり、その貢献度に応じて報酬が分配されます。(=ハーベスト)

貢献度(重要度=Importance)をあげるには2つの指標があります。

  1. NEMの保有量
  2. NEMの取引量

NEMは、「保有量」だけでなく、「取引量」も考慮することで「お金を持っている人だけが報酬を獲得する」という構図ができないようにしています。

また、PoI電力をそこまで必要としない為、大量の電力を必要としBTCに用いられているPoW(Proof of Work)よりもエコなシステムです。

ネム(NEM)の特徴②承認報酬がハーベスト

仮想通貨ネム(NEM)の特徴②ハーベストにより報酬がもらえる

ブロックを承認する作業であるハーベストは、ビットコインの報酬獲得方法であるマイニングよりも参入しやすいのが特徴です。

マイニングは、専門的な知識や高級な設備が必要になり、個人で儲けをだすことは非常に困難です。

しかしハーベストの場合、自宅のPCを用いて参加できるので、報酬獲得の方法としては、ハーベストの方が簡単であるといえます。

ネム(NEM)の特徴③アポスティーユ(公証)機能

仮想通貨ネム(NEM)の特徴③アポスティーユ(公証)により不要なコスト削減

NEMのアポスティーユ(Apostille)とは、ブロックチェーン技術を利用した公証機能です。

アポスティーユでは、土地や自動車の所有権の登記、契約書やメールなどのタイムスタンプ記録、売上データなどの監査が必要となるデータの記録などができます。

ブロックチェーンは改ざんが不可能なため、公証にブロックチェーンを用いることによって、第三者機関を必要としない公証が可能となります。

本来公証は費用も時間もかかりますが、アポスティーユにより不要なコストの削減が期待されています。

ネム(NEM)の特徴④個人でICOができる

仮想通貨ネム(NEM)の特徴④個人でICOができ、プラットフォームのような役割に

ネムは個人でICOができ、そのプラットフォームのような役割を果たしています
ICOとは新規通貨公開のことで、企業が独自の仮想通貨を発行・販売をして資金調達する仕組みのことです。

トークンを発行・販売するメリットとして、トークンの価格が取引所で分かるので、取引が透明化し転売も防ぐことができます

このICOプラットフォームとしての需要が増えれば、ネムの価値が上がる要因になるでしょう。

国内取引所No.1ダウンロード数

CoinCheckの公式サイトはこちら

仮想通貨シンボル(XYM)の特徴|ネム(NEM)との違い

仮想通貨シンボル(XYM)の特徴

シンボル(XYM)がネム(NEM)から引き継いだ特徴

仮想通貨シンボル(XYM)が引き継いだ機能3つ
シンボルがネムから
引き継いだ3つの特徴
  • 承認報酬がハーベスト
  • アポスティーユ公証
  • モザイク

シンボル・ネムの共通点①承認報酬がハーベスト

シンボルはネムと同様、1万XYM以上保有することでハーベスト報酬を受け取ることができます

XYM保持者1ヶ月1年
10,000XYM0〜2回4〜9回
100,000XYM3〜8回38〜50回
1,000,000XYM32〜43回383〜404回

以上の表はハーベスト発生の目安となる確率です。

ハーベスト確率に影響するのは

  • XYMの保有残高
  • 支払い手数料の合計
  • ノード報酬の受け取り回数

の3要素と言われています。

ハーベストで報酬を少しでも受け取りたい人は表を参考に、3つの要素を意識してスコアを高めると良いでしょう

シンボル・ネムの共通点②アポスティーユ

シンボルはネムから、ブロックチェーンを用いた公証(アポスティーユ)も引き継いでいます
アポスティーユにより文章の改ざんを防いだり、権利譲渡を安全に行うことができます。

シンボルはネムから受け継いだこの機能も改善しています。
二者・複数に跨いで署名することができたり、遺言書や文書のタイムスタンプとしての活用など、アポスティーユを活用できる幅が広がりました。

シンボル・ネムの共通点③モザイク

シンボルはネムと同様にブロックチェーン上で独自にトークンの発行・流通ができる機能、モザイクも引き継いでいます

モザイクによるトークン発行は暗号資産だけでなく、投票券(ガバナンス)やポイント、会員証などあらゆるものをトークンとして発行・流通ができます。

シンボル(XYM)がネム(NEM)と異なる特徴

仮想通貨シンボル(XYM)がネムと異なる特徴6つ
シンボルがネムと
異なる6つの特徴
  • モザイク利用時にネームスペースが不要
  • ハイブリッド・ブロックチェーンへ変更
  • マルチシグレベルマルチシグへ変更
  • アグリゲートトランザクションの実装
  • クロスチェーンスワップの実装

シンボル・ネムの相違点①承認方式がPoIからPoS+へ

シンボルでは承認方式がPoIからPoS+へ変更されました

PoS+とはETHに採用されているPoSをもとに、ネムのPoIを改良したコンセンサスアルゴリズムのことです。

これにより

  • よりアクティブなユーザーがハーベストしやすい
  • スケーラビリティの改善
  • 大きな取引が不要

などのメリットが生まれました。

POS+では参加者の活動に基づいた報酬を付与することができ、エコシステムの健全性も促進することができます

シンボル・ネムの相違点②モザイク利用時にネームスペースが不要に

シンボルではモザイク利用時に、必ずしもネームスペースをレンタルする必要がありません
ネームスペースとは、モザイク利用時に必ずレンタルするドメインのことです。

またネームスペースをレンタルする際、期間を365日以内であれば自由に設定でき、実質的に有効期限がないモザイクの作成ができます

シンボル・ネムの相違点③ハイブリッド・ブロックチェーンへ変更

シンボルではハイブリッド・ブロックチェーンへと変更され、2種類のチェーン(パブリックチェーンとプライベートチェーン)を簡単に組み合わせることができます

従来のブロックチェーンでは、チェーンを繋ぐシステム構築に、費用・時間がかかるのが課題でした。
しかしハイブリッド・ブロックチェーンでは特別なシステム構築が不要で、簡単に両者の良いとこどりができます。

これによりシンボルは、パブリックチェーンの高いセキュリティとプライベートチェーンのスピード、どちらの利点も持ち合わせています

シンボル・ネムの相違点④マルチレベルマルチシグへ変更

シンボルではマルチシグからセキュリティ向上した、マルチレベルマルチシグへ変更されました。

そもそもマルチシグとは、一つのトランザクションの承認に複数の署名を必要とする仕組みのことで、すでに多くのブロックチェーンに使われています。

そしてSymbolに新しく導入されるマルチレベルマルチシグとは、マルチシグをさらに階層化することでセキュリティを強固にする技術です。

例えば緑色のファイルを承認する場合、階層ごとに署名を使った多数決を取り、最終的に階層3の署名がされれば取引が実行されます。

このように階層化して何度もチェックを行うことで従来のマルチシグよりも強力なセキュリティを実現します。

シンボル・ネムの相違点⑤アグリゲートトランザクションの実装

シンボルではアグリゲートトランザクションの実装により、処理速度が向上しています。
そもそもアグリゲートトランザクションとは、複数の取引を一つにまとめて実行する仕組みを指します。

取引の実行は必要な署名すべてが集まった時に行われます。
その際アグリゲートトランザクションによって、複雑なトランザクション処理が楽になったり、ノードへの負担が減ることで処理速度が向上します。

例えば複数のトランザクションをまとめて送る場合、

ケンジがユミとマサルの二人にそれぞれXYMを送金しようとしています。

この場合、ケンジは送金の作業を二回行う必要はありません。
赤枠で囲われているように、二つのトランザクションを一つにまとめることで、一度の署名で全て送金を完了できるようになります。

このようにアグリゲートトランザクションにより、複数の取引でも処理速度が向上しています。

シンボル・ネムの相違点⑥クロスチェーンスワップの実装

シンボルではクロスチェーンスワップの実装により、異なるブロックチェーン間で直接トークンをやりとりできます。

Symbolのパブリックチェーンとプライベートチェーン間での取引ができるようになるだけでなく、ビットコインやイーサリアムのようなチェーンとのやりとりも可能になります。

他チェーンのトークンと交換できるようになることで、トラストレスに暗号資産を交換できるようになると同時に、ブロックチェーン界隈全体の拡張性アップにも貢献することになるでしょう。

海外取引所への送金が無料

GMOコインの公式サイトはこちら

ネム(NEM)のハードフォーク「ハーロック」とは?

仮想通貨ネム・シンボルのハードフォーク:ネムのハーロックとは?

「ハーロック」とは運営の方針変更を決定するもの

ネムの「ハーロック」とは2021年12月1日に実行されたハードフォークのことでネムがシンボルのサブチェーンになるかが決まります

一般的なハードフォークとは仕様の変更を指します。具体的にはビットコインからビットコインキャッシュが生まれたように、新たな通貨が誕生します。

それに対しネムにおけるハードフォークは、表明された意見に対して承認するかその是非を問うものです。

今回のハードフォークはネムの方針を決めるもので、もともとネムとシンボルはターゲットの違いから、もともと並存する予定で運営されていました。
しかし次世代の暗号資産「シンボル」へ一本化する流れとなりました

新概念「ロイヤリティ」と「タックス」とは

このハードフォークを機に、新概念「ロイヤリティ」と「タックス」が導入されました。

ロイヤリティとはネムのレヴィ(徴収)機能を応用し、シンボルNFTが二次流通した際に原作者が収益を得る概念です。
タックスとは税金のような概念で、送金に加えて追加料金を支払うためのものです。

国内取引所No.1ダウンロード数

CoinCheckの公式サイトはこちら

ネムの「ハーロック」とシンボルの「キプロス」の違い

仮想通貨ネム・シンボルの違い:シンボルのハードフォーク「キプロス」とは

シンボルの「キプロス」とは2021年11月12日に実装されたハードフォークのことで、運営の方向性を変更するか決定するものです。

もともとシンボルは企業向けのブロックチェーンを目指していました。しかしこの「キプロス」によって、分散型・コミュニティ指導のブロックチェーンへ方向転換することが決定しました。

ネムの「ハーロック」とシンボルの「キプロス」の違いは以下の表のとおりです。

ネム
「ハーロック」
シンボル
「キプロス」
実施日2021年12月1日2021年11月12日
目的XYMのサブチェーンへ
統合するかが決定
運営の方向性を
変更するかが決定
結果NEMはXYMの
サブチェーンへ
企業向けから
分散型・コミュニティ指導へ

またキプロスでは、これまで管理されていた25億XYMのプロトコル資金をバーンします。そして新たに発行する資金を、米資産管理会社Valkyrie社とコア開発者がマルチシグウォレットで管理することが決定しました。

仮想通貨ネム(NEM)の今後・将来性

仮想通貨ネム(NEM)今後・将来性
ネムの今後・将来性
  • シンボルのサブチェーンへ
  • 使用用途の拡大

ネムの今後・将来性①オープンソース化による開発力向上とNFT領域への進出

仮想通貨ネム(NEM)今後・将来性①オープンソース化による開発力向上とNFT領域への進出

2021年11月30日のネムのハードフォーク「ハーロック」が成功し、シンボルのサイドチェーンとなることが決定し、ネムのオープンソース化や新NFTサービスも計画されています。

ネムのオープンソース化は、ソフトウェアのソースコードを無償で一般公開することで、より多くの開発者が開発に携わるようになります。

また新NFTサービスであるプラットフォーム「NFT-Drive」の開発を発表や、専用ウォレット「Hermes」を公開するなど、NFT領域へ積極的に参加する姿勢を示しています

これらを受けネムの開発が進み、今話題のNFT領域での活躍が期待されています

ネム(NEM)の今後・将来性②使用用途の拡大

仮想通貨ネム(NEM)今後・将来性②活用事例が増えればネムの価格向上に期待できる

ネムは処理スピードが非常に速いので、決済手段など様々な用途での活用が期待されています
決済手段やブロックチェーン技術の活用など活用事例が増えれば、暗号資産自体の価格へ好影響があります。

例えばmijinというネムの技術を活用したブロックチェーンで、トークンの発行・流通・勘定を簡単に行えるトークンエコノミーの構築ができるサービスがあります。
実際にmijinは金融・物流管理・医療などの分野で400社以上もの企業で利用されています。

このように今後も様々な用途で活用されていけば、価値が向上していくでしょう

国内取引所No.1ダウンロード数

CoinCheckの公式サイトはこちら

仮想通貨シンボル(XYM)の今後・将来性

シンボルの今後・将来性
  • トレーサビリティを活用
  • CBDC・フィンテック企業への活用
  • IoT分野への進出
  • 2022年W杯のホテル建設への利用

シンボルの今後・将来性①トレーサビリティを活用

仮想通貨シンボル(XYM)今後・将来性①技術を活用したサービスが増えれば価値の向上につながる

シンボルでは、ブロックチェーンの性質を活かして商品などの流通過程を追跡できる、トレーサビリティを活用することができます。

例えばサプライチェーン追跡ツール「Trackgood」では、サプライチェーンの透明性・持続可能性を強化するために、シンボルのブロックチェーンを用いています。

具体的に、スマートフォンで製品に添付されたQRコードをスキャンします。すると、シンボルのブロックチェーン上で情報を安全に保管でき、そのデータはリアルタイムで追跡・提示できます。

このように技術を活用したサービスが増えれば、結果的にシンボルの価値は向上していくでしょう

シンボルの今後・将来性②CBDC・フィンテック企業への活用

仮想通貨シンボル(XYM)今後・将来性②CBDC・フィンテック企業での活躍が期待されている

シンボルは3つの観点から、CBDC・フィンテック企業への活用が期待されています

  • STOプラットフォームとして機能する
  • パブリックチェーン・プライベートの両方に互換性がある
  • APIおよび開発者向けに設計されているため統合が円滑

例えばデジタル資産マネージャー企業「Waveファイナンシャルグループ」は米の醸造所「Wilderness Trail Distillery」と協力し、トークンを発行しているという事例があります。

このように活用事例が増えれば、結果的にシンボルの価値にもつながるでしょう。

シンボルの今後・将来性③IoT分野への進出

仮想通貨シンボル(XYM)今後・将来性③IoT分野の進出が進めば価格に好影響が期待される

昨今ではデータスキャミングと呼ばれる、スマホなどの小型デバイスを用いてユーザー情報を不正に抜き取り、購入などを行う犯罪が横行しています。
この犯罪だけで、年間被害総額が1,000億円にも及ぶと言われています。

そこでシンボルの高いセキュリティ技術とIoTデバイスを組み合わせることで、犯罪からユーザーを保護する機能を実装しています。

今後IoTがさらに普及することで、このような犯罪も必然的に増加するでしょう。
そんな中シンボルのモザイク制限やスマートコントラクトなどの技術をさらに活かすことができれば、シンボルの価格にも好影響が出るでしょう。

シンボルの今後・将来性④2022年W杯のホテル建設への利用

仮想通貨シンボル(XYM)今後・将来性④シンボルのブロックチェーン技術が2022年W杯に起用される

2022年にカタールで開催されるワールドカップのホテル建設にシンボルが採用されたことを発表しました。

シンボルのブロックチェーンを利用し、プロジェクトの進歩管理を行うこととしています。

実際にこのプロジェクトが成功すれば、シンボルの注目度が高まり、他にもSymbolのブロックチェーンが活用される可能性があるでしょう

海外取引所への送金が無料

GMOコインの公式サイトはこちら

ネムとシンボルどっちを買うのがおすすめ?

仮想通貨ネム(NEM)とシンボル(XYM)結局、どっちがおすすめ?
結論!どっちを買うのが
おすすめか…
  • どちらも中長期的成長に期待!
  • ネムは開発力の向上・NFT領域の
    活躍に期待する人向け
  • シンボルは抜本的な体制改善!
    これからの開発に期待する人向け

結論オープンソース化されたことで開発力が増し、NFT領域での活躍を期待する方はネムをネムがサブチェーンとなったことでパワーアップした、エコシステムの成長力に期待する方はシンボルをおすすめします。

ネムはハードフォーク「ハーロック」により、新概念「ロイヤリティ」と「タックス」が導入されるなどNFTを意識した機能が実装されました。
NFTは話題の世界中の投資家が注目する市場で、参入はネムへの価格へ好影響を与える可能性が高いです。

またシンボルはネムがサブチェーンとなったことやハードフォーク「キプロス」を受け新体制となり、プロジェクトとして成長するスタートラインに立ったところと言えるでしょう。

ネム・シンボルどちらもハードフォーク直後で、価格に大きな影響はありませんでした。
しかし抜本的な運用体制の改善をしたことで、中長期的に発展していく可能性は高いでしょう

仮想通貨ネム(NEM)おすすめの取引所:コインチェック

仮想通貨ネムの購入に最適な取引所:コインチェック

暗号資産交換業登録 関東財務局長第00014号

ネムの購入におすすめな取引所はコインチェックです。
コインチェック最大の特徴が、ブラウザでもスマホアプリでも見やすく、使いやすいことです。

また2018年のハッキング事件以来、東証一部のマネックスによって再建されたことでセキュリティが非常に高くなっています

口座開設は最短1〜3営業日で完了するので、この機会に登録してみましょう。

コインチェックの詳細はこちら

国内取引所No.1ダウンロード数

CoinCheckの公式サイトはこちら

その他目的別のネム購入におすすめの取引所
  • Coincheck::アプリで簡単に購入可能
  • Huobi Japan:2円から始められる少額取引におすすめ
  • DMM Bitcoin:レバレッジ取引におすすめ

仮想通貨ネム(NEM)おすすめの取引所:Huobi Japan

暗号資産交換業登録 関東財務局長第00007号

Huobi Japanは世界最大級の取引所Huobiが運営する日本人を対象とした取引所です!

日本円建てだけではなく、BTC建てでも仮想通貨取引できるのが特徴的です。

15銘柄の取り扱いと36銘柄ペアを取引できるHuobi Japanはとても使いやすく、2円という少額から取引を始められることから初心者にもおすすめです!

Huobi Japanの詳細はこちら

仮想通貨シンボル(XYM)おすすめの取引所:GMOコイン

仮想通貨シンボルの購入に最適な取引所:GMOコイン

暗号資産交換業登録 関東財務局長第00006号

シンボルの購入におすすめな取引所はGMOコインです。
そもそもシンボルを取り扱っている国内取引所は、GMOコイン・bitbank・Zaif・サクラエクスチェンジの計4カ所のみです。

その中でもGMOコインがおすすめな理由として、基本的な取引手数料がすべて無料なことが挙げられます。
また現物取引以外に貸暗号資産(レンディング)にも対応しているので、安定して資産を増やしたい人に向いています。

シンボルをこれから保有して増やしたい!という方におすすめです

GMOコインの詳細はこちら

海外取引所への送金が無料

GMOコインの公式サイトはこちら

仮想通貨ネム(NEM)・シンボル(XYM)に関する質問

ネムのハードフォーク「ハーロック」とは?

2021年11月30日に実装されるハードフォークのことで、ネムがシンボルのサブチェーンになることが決定しました

それに伴い、新概念として新たにロイヤリティとタックスが導入されます。
「ハーロック」についての詳細はこちらをご確認ください。

シンボルのハードフォーク

2021年11月12日に実装されたハードフォークのことで、運営の方向性を変更するかどうか決定するものでした

このハードフォークを受け、分散型・コミュニティ指導のブロックチェーンへ方向転換することになりました。
「キプロス」についての詳細はこちらをご確認ください。

シンボルはいつ付与されるの?

付与対象者はネムのスナップショット時点(2021年3月12日)でビットフライヤーのウォレットにネムを保有、かつネム付与時に当該アカウントを継続しているユーザーです。

他にもコインチェックは2022年3月までに付与されます。

またすでにザイフやGMOコイン、サクラエクスチェンジではシンボルの付与は実施済みです。

仮想通貨ネム(NEM)・シンボル(XYM)将来性まとめ

いかがでしたか?
今回はネム・シンボルのハードフォーク、それぞれの今後・将来性について解説していきました。

2つのハードフォークを経て、ネム・シンボルともに影響があると予想されます。

しかし今回の「ハーロック」により、好影響を及ぼす可能性が高いです。
今後もしばらく、様子を見ると良いでしょう

国内取引所No.1ダウンロード数

CoinCheckの公式サイトはこちら

ネム シンボル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる