【2021年12月最新版】投資家が選ぶおすすめの海外取引所ランキングはコチラ

仮想通貨取引所FTXが日本人の登録を規制!代わりとなるおすすめ取引所は?

仮想通貨取引所FTXが日本向けサービスを規制しました。

・FTXの規制内容を知りたい
・FTXにはもう登録できない?
・他の取引所を利用した方がいい?

FTXに関してこのように悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FTXの規制内容の解説と合わせて、FTXの代わりとなるおすすめの取引所を紹介します。

多くの海外取引所ユーザーは、徐々にFTXではない新たな口座を見つけ、登録しだしています。

FTXで口座開設しようとしていた方、他におすすめの取引所を探している方はぜひ参考にしてください。

目次

FTXが日本人の登録を規制したのは本当?

FTXが日本人を規制したのは本当?

まず日本人に対して本当に規制したのかですが、結論としてFTXは"日本居住者"の新規登録を規制しました。

その時のニュースがこちらです。

この規制に関してFTX公式からの案内・アナウンス等が無いため詳細を確認することは難しいです。

現状、FTXに登録済みのユーザーはまだ継続利用できているようです。

2021年10月14日時点では、FTXの公式サイトから口座開設しようとすると以下のような画面になりました。

FTXの日本人利用が禁止

赤文字で「Registrations from Japan are not allowed」と表示されています。

意味は「日本からの登録はできません」という内容で、やはり日本居住者は新規に口座開設できませんでした。

そして、今後もFTXが日本居住者に対してサービスを再開するか不明です。

FTXで口座開設しようとしていた方はもちろん、現在FTXを利用している方も念のため別の取引所で口座開設しておくことを強くおすすめします。

FTXの代わりにおすすめとなる取引所は?

FTXの代わりとなるおすすめの取引所は?

FTXは仮想通貨取引所の中でも取引高4〜5位という人気の取引所でした。

そんなFTXの代わりにおすすめする取引所は以下3つです。

・ByBit(バイビット)
・BINANCE(バイナンス)
・Gate.io(ゲート)

FTX同様に、他の取引所も日本向けサービスを停止する可能性があります。

リスクヘッジ(リスク分散)の為に、興味があれば全て口座開設することも選択肢の一つです。

それぞれの取引所の特徴を見ていきましょう。

ByBit(バイビット)

bybit(バイビット)

ByBit(バイビット)は2018年にシンガポールで設立された、比較的新しい仮想通貨取引所です。

ByBitの特徴は以下のとおりです。

ByBit(バイビット)の特徴・おすすめ理由
  • 取引手数料がもらえる(Maker手数料)
  • キャンペーンボーナスが頻繁に開催
  • 仮想通貨の取り扱いは主要通貨のみ
  • スマホアプリのチャートが見やすい
  • 銀行振込・クレジットカードで仮想通貨を購入可能

人気No.1!最大レバレッジ100倍!

公式サイトはコチラ

ByBitで取り扱っているのは、主要な仮想通貨のみですが非常におすすめです。

本来コストとなる取引手数料が、Maker注文(指値注文)することで逆に受け取ることが出来ます。

そのため取引回数が多いトレーダーなど、取引コストを抑えたい方におすすめです。

また、ByBitはキャンペーン・ボーナスなどを頻繁に開催しています

2021年10月現在では「Go To BITキャンペーン」というものが開催されており、ByBitに登録して取引すると、取引量に応じて最大1,010ドル(約11万円)のボーナスがもらえます。

仮想通貨取引所のスマホアプリはチャートが絶妙に見にくいことがありますが、ByBitはシンプルで見やすいのも良い点です。

銀行振込・クレジットカードで仮想通貨を購入することも可能です。興味のある方は以下の記事も参考にしつつ口座開設だけでもしておきましょう。

人気No.1!最大レバレッジ100倍!

公式サイトはコチラ

BINANCE(バイナンス)

Binance(バイナンス)のロゴ

言わずと知れた仮想通貨取引所No.1で超人気のあるBinance(バイナンス)もおすすめです。

「BINANCEを利用すれば間違いない」という意見に納得できるだけの安心感があります。

BINANCEは取り扱っている仮想通貨が300種類以上もあり、取引手数料が0.1%なので他社と比べても取引コストは低めです。

その他にもBINANCE(バイナンス)は、仮想通貨の取引だけでなくステーキングなども活発という点です。

ステーキングでは、特定の仮想通貨を一定数量・一定の期間保有することによって継続的に報酬を得ることです。分かりやすく例えると株の配当金のようなものです。

保有量が多くなるほど報酬も増えるので、資金が多い方などは仮想通貨の取引だけでなくステーキングも行うことをおすすめします。

BINANCEに関しての詳細は以下の記事を参考にしてください。

通貨取扱500種以上!草コイン取引ならココ

Binanceの公式サイトはこちら

Gate.io(ゲート)

gate.ioのロゴ

Gate.ioは、上記の2つの取引所と比較すると知名度が劣るかもしれないですが、アルトコインの取引が活発なことで知られている取引所です。

Gate.ioの取扱通貨数はなんと900種類以上で、あのBinanceでも扱っていない通貨も取引することが可能です。

特に最近のアルトコインは価格上昇する傾向があります。

取引でアルトコインを増やしながら、保有コインの価値も上昇すれば、より効率良く資産を増やすことが可能になります。

現在は、日本人利用者は一部サービスを利用制限されており、仮想通貨の現物取引のみとなっています。

それでも現物取引をメインにしている方には十分満足できるかと思います。

FTXを利用していた方の中には、アルトコインの取引に魅力を感じていた方も多いかと思うので、代わりの取引所としては優秀な取引所だと言えるでしょう!

通貨数800種以上!1000%以上のコインも!?

Gate.ioの公式サイト

FTXの日本人規制 まとめ

海外取引所が日本居住者へサービス提供していることは、日本人が仮想通貨取引をしていく上で非常に重要です。

今回はFTXが新規登録を規制しましたが、他の海外取引所も同様に規制する可能性が十分あります。

そこで自分たちができることは、リスクヘッジとして色々な取引所で口座開設をしておくことではないでしょうか。

口座開設さえしておけば、新規口座開設が規制されてもFTXのように利用継続できる場合もあります。

今回紹介した取引所の他にも取引所がはたくさんあるので、下記の記事を参考に、ぜひ口座開設を検討してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる