【2021年12月最新版】投資家が選ぶおすすめの海外取引所ランキングはコチラ

仮想通貨IOTA(アイオタ)の購入方法とは?IOTAの特徴や将来性と共に徹底解説!

IOTA(アイオタ)ってどうやって購入するんだろう?

そんな疑問をお持ちではないですか?

確かに海外の暗号資産(仮想通貨)って情報も少ないし安全に取引できるか不安ですよね!

そこで今回は海外投資エージェントがIOTA(アイオタ)の特徴・将来性や購入方法について徹底解説します!

この記事を簡単にまとめると…
  • IOTAはIoT社会の実現・普及を目指した仮想通貨である。
  • コア技術にTangleを採用してるから手数料が無料
  • 海外取引所から購入することができる。
  • IOTAを購入するならBinanceがおすすめ!

通貨取扱500種以上!草コイン取引ならココ

Binanceの公式サイトはこちら

目次

IOTA(アイオタ)の特徴

IOTA 特徴 説明画像

基本情報

IOTA 特徴 説明画像
通貨単位IOTA
発行上限約28億枚
開発者David Sønstebø
Sergey Ivancheglo
Dominik Schiener
Serguei Popov
承認アルゴリズムPoW(Proof of Work)
公式サイトInstagram
YouTube

IOTA(アイオタ)はIoT(Internet of Things)で活用されることを目的として開発された暗号資産(仮想通貨)で手数料のかからない決済を可能にしたIoTに最も適した暗号資産(仮想通貨)です。

IoTを実現する暗号資産(仮想通貨)

IOTA 特徴 説明画像

IOTAはIoT社会の実現・普及に向けてIoTに最適な暗号資産(仮想通貨)になることを目指しています。

IoTとは私たちの身の回りにあるモノをインターネットに接続するという構想です。

このIoTが実現し幅広く普及するようになれば、例えばスマホ一つで身の回りのことがほとんど出来るようになったりします。

そんなIoT社会を実現するためにIOTAは必要不可欠といえるでしょう。

手数料が無料

IOTA 特徴 説明画像

IOTAはブロックチェーンの次の技術とも言われている、Tangleをコア技術として採用しています。

Tangleでは利用者同士が取引を成立させる仕組みになっているので、マイニングの必要がなく、決済速度を高速のまま手数料無料を実現することができています。

また、IOTAの重要な技術Tangleを成立させるために独自のハッシュ関数であるCurlを使用しています。

このように、IOTAはブロックチェーンの次の技術とも言われるTangleそしてそれを成立させるCurlによって成り立っています。

通貨取扱500種以上!草コイン取引ならココ

Binanceの公式サイトはこちら

IOTA(アイオタ)の今後・将来性とは?

IOTA 将来性 説明画像

IOTAの最新価格・チャート

IOTA 将来性 説明画像

2021年の5月にかけて価格を上昇させていましたが、9月に向けて右肩下りに価格を落としました。

現在は大きな上昇・下落もなく、ほとんど横這いで推移しています。

IOTAの今後・将来性

IOTA 将来性 説明画像

IOTAは先ほども述べたようにIoT社会の実現・普及に向けた暗号資産(仮想通貨)です。

そのため今後、よりIoTが発達していき、社会に浸透していくかがIOTAがさらに伸びていくかどうかの鍵になります。

しかし、現時点でIoTは今後さらに発達していくことが見込まれていますし、マイクロソフトや富士通をはじめとする多くのIT企業が将来のIOTA利用に向けコミュニティーに参加しているなどの点から、将来的にIoT社会ではIOTAが使われる可能性が高いといえるため、購入を検討している方は長期的な保有をするのがいいでしょう。

通貨取扱500種以上!草コイン取引ならココ

Binanceの公式サイトはこちら

IOTA(アイオタ)の購入方法

IOTA 購入 説明画像
IOTAの購入ステップ
  • STEP1:国内取引所で口座を開設
  • STEP2:国内取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入し海外取引所に送金する
  • STEP3:海外取引所でIOTA(アイオタ)を購入する

STEP1:国内取引所で口座を開設

IOTA 購入方法 説明画像

まず、海外取引所に送金するために国内取引所の口座を開設しましょう。

国内取引所はGMOコインがおすすめです。

GMOコイン IOTA 購入方法 説明画像

GMOコインでは基本手数料が無料であり、最小コストで暗号資産(仮想通貨)を送金できるため非常にお得です。

また、セキュリティ面でも優れており、国内最高クラスの安全性を誇ります。

海外取引所への手数料が最安!

GMOコインの公式サイトはこちら

STEP2:国内取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入し海外取引所に送金する

IOTA 購入方法 説明画像

次に国内取引所でBTCやETHなどの暗号資産(仮想通貨)を購入しましょう。

そして、Binanceなどの海外取引所に購入した暗号資産(仮想通貨)を送金します。

STEP3:海外取引所でIOTA(アイオタ)を購入する

IOTA 購入方法 説明画像

国内から海外取引所への送金が完了したら実際にIOTAを購入します。

マーケットから「IOTA」と検索し取引を行いましょう。

IOTA 購入方法 説明画像

通貨取扱500種以上!草コイン取引ならココ

Binanceの公式サイトはこちら

IOTA(アイオタ)を購入できるおすすめ取引所3選

IOTA 取引所 説明画像

Binanceは世界最大級の海外取引所でユーザー数は1000万人をこえ、取引量が多く流動性が非常に高いのでスムーズに取引ができます。

また、取扱通貨数は200種類以上と非常に豊富なので、他の取引所ではなかなか扱っていないIOTAなどのコインも購入することができます。

日本語にも対応しており、本人確認なしで取引を開始できるので手軽に始めることができます!

通貨取扱500種以上!草コイン取引ならココ

Binanceの公式サイトはこちら

IOTA(アイオタ)で暗号資産(仮想通貨)FXができるおすすめ取引所

IOTA FX おすすめ取引所 説明画像

Bitfinexは香港資本の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

ビットコイン、イーサリアム、リップル、IOTAなどを中心に40種類以上の通貨を取扱っており、またレンディングサービスも行っているので通貨の長期保有にも向いています。

ただ、日本語には対応していないので注意しましょう。

IOTA(アイオタ)に関するQ&A

IOTA Q&A 説明画像

国内で購入できるの?

IOTA Q&A 説明画像

IOTAを国内で購入することは出来ません。

そのため、IOTAを購入するには通貨を国内取引所から海外取引所に入金する必要があります。

IOTAは将来性あるの?

IOTA Q&A 説明画像

IOTAはIoT社会の実現・普及を目指した暗号資産(仮想通貨)です。

そのため、今後IoTがより発達し社会に浸透していけばIOTAの価値は高まっていくでしょう。

このような観点からIOTAは長期的に見て将来性が高いといえます。

IOTA(アイオタ)購入のまとめ

IOTA(アイオタ)購入のまとめ
  • IOTAはIoT社会の実現・普及を目指した暗号資産(仮想通貨)である。
  • Tangleをコア技術に採用しているので手数料が無料
  • 長期的に見て将来性が高い
  • IOTAを購入するならBinanceがおすすめ!

この記事ではIOTA(アイオタ)の特徴や将来性、購入方法を解説しました。

IOTAはIoT社会の実現に向け開発された暗号資産(仮想通貨)で、今後IoTが発展していけばその価値は今以上に高くなると期待されています。

Tangleをコア技術に採用しているため手数料が無料など利用する上で様々なメリットもあるので、気になった方はぜひ購入を検討してみてください!

通貨取扱500種以上!草コイン取引ならココ

Binanceの公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる