【2021年12月最新版】投資家が選ぶおすすめの海外取引所ランキングはコチラ

FTX(エフティーエックス)の手数料は高い?他の海外取引所と徹底比較

2021年12月10日現在、FTXは日本在住者の新規登録を停止しています。
そのため、草コイン投資はBinance、仮想通貨FXはBybitをおすすめしています。

FTX(エフティーエックス)の手数料は高い?他の海外取引所と徹底比較!手数料負けを危惧している方は必見!

手数料種類料金
maker手数料0.02%
taker手数料0.07%
入金手数料無料
出金手数料*BTC無料
出金手数料*ETH無料
出金手数料*XRP無料
両替手数料無料
目次

FTX(エフティーエックス)の手数料の特徴

取引手数料はやや高め

FTXの取引手数料は高め

FTXの取引手数料は0.02%~0.07%とやや高めです。これはスポット市場・先物市場すべてに適用されている手数料になります。

ですがFTXでは、ネイティブトークンFTTを保有することで、取引手数料の割引を受けられる仕組みがありますので、そちらを活用すれば安く取引できるようになります!

入出金手数料は驚くほど安い

FTXの入出金手数料は驚くほど安い

FTXでは入出金手数料が無料となっています。入金手数料が無料は珍しくありませんが、出金手数料が無料の取引所はなかなかありません。

換金する際、必ずFTXから出金しなければいけませんから、出金手数料がかからないのは非常に嬉しいポイントです。

ネイティブトークン「FTT」の保有で手数料がお得に

FTXのネイティブトークン「FTT」を一定量保有していると、取引手数料の割引を受けられるようになります!割引に必要なFTTは最低$100程度です!

FTXでは他にも、FTTを活用することでお得なインセンティブを得られるプログラムが多数用意されていますので、FTXを利用の際はぜひ有効活用してみてください。

FTX(エフティーエックス)の各種手数料を他の取引所と比較

取引手数料

手数料FTXbybitBinanceBitfinexGate
maker0.02%-0.025%0.1%0.1%0.2%
taker0.07%0.075%0.1%0.2%0.2%

FTXと、海外取引所ランキングTOP5を取引手数料で比較しました。FTXの取引手数料は他の比べるとやや高くなっています。

取引手数料の安い取引所を使うなら、マイナス手数料となっているバイビットが一番良さそうですね。

バイビットは仮想通貨先物商品の取引量世界5位を誇るビッグ取引所ですので、登録しておいて損はないでしょう。

バイビットの詳細はこちら

入出金手数料(マイニング手数料)

バイビットバイナンスFTXBitfinexGate
入金手数料無料無料無料無料無料
出金手数料BTC0.0005BTC0.0005BTC無料0.0004BTC0.0005BTC
出金手数料ETH0.01ETH0.01ETH無料0.0049815ETH0.005ETH
出金手数料XRP0.25XRP0.25XRP無料0.1XRP0.1XRP

FTXの入出金手数料は無料です。他の取引所と比較しても非常に安いことがわかります。

しかしこれはあくまで取引所(FTX)が徴収する手数料がないという話であって、ブロックチェーンネットワークの手数料は考慮されていません。ETHやERC20トークンを送金する際は、ネットワーク手数料が少々かかります。

両替手数料

バイビットバイナンスFTX
両替手数料(コンバート)0.1%スプレッドのみ無料

通貨と通貨を替える機能である両替機能の手数料を主要3取引所で比較しました。

FTXの両替手数料は無料となっており、他と比べても非常にお得です!

出金の際にスピードの速いコインを使いたくなった時や、資産をステーブルコインに変換したくなった時でも、手数料を気にせずに両替することができます。

ファンディングレート(資金調達料、スワップ手数料)

ファンディングレート(FR)とは、仮想通貨FXでポジションを持っている際にかかる保有コスト(ファンディング手数料)の利率のことを指します。

FRが+のときはロング保有者がショート保有者に手数料を支払います。逆に−のときはショート保有者がロング保有者に対して手数料を支払います。

ファンディング手数料が発生するタイミングは取引所によって異なり、FTXでは毎時間発生する仕組みになっています。

そんなファンディングレートの発生する時間と、強気相場時の同タイミングのファンディングレートを比較します。

発生する時間2021'4/1
15時時点のFR
この場合の金利収入/日
バイビット午前1時,9時,午後17時0.16%0.48%/日
バイナンス午前1時,9時,午後17時0.09%0.27%/日
FTX毎1時間0.01%0.24%/日

こちらの表は、ファンディング手数料の発生タイミングと過去の強気相場時のFRを、他の取引所と比較したものです。

4月1日15時のFRを比較すると、バイビットのレートが一番高いことがわかります。もちろんFRは常に変動しているので、リアルタイムFBはご自分で確認してみてください。

FRが高い時期では、保有する現物と同量のショートポジションを持つことで、低リスクで金利収入を得ることができる「デルタニュートラル戦略」が有効です。
2021年4月ごろのバブル相場では、この戦略を用いて低リスクで月利10%を実現することができました。

ノーリスクで月利10%の詳細を見る

FTX(エフティーエックス)手数料の比較一覧表まとめ

スクロールできます
maker
手数料
0.02%-0.025%0.1%-0.02%0%
taker
手数料
0.07%0.075%0.1%0.08%0.05%
入金
手数料
無料無料無料無料無料
出金手数料
BTC
無料0.0005BTC0.0005BTC0.0004BTC0.0005BTC
出金手数料
ETH
無料0.01ETH0.01ETH0.0049815ETH0.005ETH
出金手数料
XRP
無料0.25XRP0.25XRP0.1XRP0.1XRP
両替手数料無料0.1%スプレッドのみ--

FTXの手数料は全体的に見て非常に安いことがわかりました!

特にFTTを保有することによる恩恵は非常に大きいですね。FTTをロックしておくだけで手数料リベートや出金手数料(ネットワーク手数料)無料などの恩恵を受けられますから、これを活用しない手はありません!
一方で、ファンディング手数料による金利収入に魅力を感じた方はバイビット(bybit)を使うのが良いでしょう。

どちらの取引所もメールアドレスとパスワードのみで登録できますので、どっちを使うか迷っている方は、二つとも登録して目的別に使い分けてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる