投資家が選ぶおすすめの海外取引所ランキングはコチラ

仮想通貨FLOW(フロウ)とは?NFT銘柄筆頭の将来性や価格予想を解説

仮想通貨FLOWとは

何か良いNFT銘柄が欲しい!FLOWって将来性どうなの?

あなたは今そのような悩みを抱えてはいませんか?

2021年になって急激に知名度が増した仮想通貨のNFT銘柄、今後も価格が上がるようなら購入を検討したいですよね。

今回は、NFT銘柄筆頭「仮想通貨FLOW(フロウ)」についての概要から、将来性や各メディアの価格予想などをわかりやすく解説していきます!

本記事を読むことで、仮想通貨FLOWが秘める可能性を見出すことができるでしょう。 目次  

目次

仮想通貨FLOW(フロウ)とは?概要/基本情報まとめ

FLOWの基本情報まとめ

通貨シンボルFLOW
時価総額ランキング49位(2022年2月時点)
Twitterフォロワー数14.4万
購入可能な取引所Binance
公式ホームページ(日本語)公式ホームページ
ホワイトペーパー(日本語)ホワイトペーパー

FLOWの概要

Flowは、より高性能のブロックチェーンゲームNFTを作成できる独自のブロックチェーンです。

現状イーサリアムチェーンが同分野において非常に高いシェア率を誇っていますが、ガス代の高騰とスケーラビリティ問題が度々課題として挙がります。

Flowはより同分野に特化したブロックチェーンを開発することで、ガス代を抑え、イーサリアムより優れた開発環境の提供を可能にしました。

そして、Flowは独自の仮想通貨FLOWを発行しており、

  • ブロックチェーン使用時の手数料
  • ブロックチェーンのガバナンス権
  • ステーキング

などの用途を備えています。

仮想通貨FLOW(フロウ)の特徴4つ

出典:flow.com
仮想通貨FLOW(フロウ)の特徴4つ
  • NFT市場を牽引するDapperLabs社による開発
  • イーサリアムより優れた開発環境を提供
  • 独自のステーブルコインを発行
  • 大企業との提携

NFT市場を牽引するDapperLabs社による開発

Flowはカナダに拠点を置くブロックチェーンアプリ開発会社「Dapper Labs社」主導のもと開発されました。

これまでに約51億円の資金調達を成功させている同社は、すでに数々の人気アプリケーションをイーサリアム上で開発しており、代表例としては、

  • Crypto Kitties:世界初のブロックチェーンゲーム
  • NBA Top Shot:米バスケリーグNBAと提携した大人気カードコレクティングアプリ
  • Dapper Wallet:NFT購入に特化したWebウォレット

などが挙げられます。

今後は上記のアプリを含め、より多くのアプリがFlowへと移行、もしくは新規開発される予定で、同分野でのシェア率拡大が期待されています。

イーサリアムより優れた開発環境を提供

Flowチェーンはブロックチェーンアプリ開発者にとって、より優れた開発環境を提供します。

イーサリアムの根幹技術であるスマートコントラクトには、アプリリリース後のアップデートが非常に困難という点が問題視されてきました。

しかし、Flowはベータ版でのアプリリリースを行うことで、開発者がユーザー評価を確認しつつアプリのアップデートを行うことが可能です。

さらに、開発言語としてCadenceを適用しており、スマートコントラクトをプログラミング言語上で直接処理させることが可能。
Cadenceはイーサリアムの開発言語Solidityに取って代わる、よりデジタルアセット発行に優れた開発言語として注目されています。

独自のステーブルコインを発行

2021年6月、Flowは独自で米ドル連動型ステーブルコイン「Flow USD」の発行を開始しました。

同ステーブルコインは、エコシステム内基軸通貨としての役割が期待されており、Flowブロックチェーン拡大には欠かせない要素となっています。

Googleやサムスンなど大企業との提携

Flowはすでに米Google社や韓国SAMSUNG社、国内ではMixi(ミクシー)社など大手上場企業との提携を発表しています。

EXCLUSIVE: Google takes giant step to powering Web 3 with Dapper Labs NFT deal: by @DelRayMan @ninabambyshevahttps://t.co/4yUt8OeO0Y — Forbes Crypto (@ForbesCrypto) September 14, 2021

2021年以降、NFTは単なるデジタルアートではなく、新たな金融資産として捉えられ始めており、世界中の大企業がNFT分野への進出を表明しています。

しかし、NFTは比較的新たな概念、社内で0からNFT開発を始めるのは困難と言われています。

そこで近年、大手上場企業がNFT開発の第一人者DapperLabsと提携する事例が増え始めているのですね。

今後のFlowエコシステム拡大に期待しましょう。

仮想通貨FLOW(フロウ)の将来性

仮想通貨FLOW
将来性を占う3つの要素
  • 2021年10月と2022年10月にロックアップが解除
  • NFTやブロックチェーンゲームの普及
  • 日本発の仮想通貨企業と提携

2021年10月と2022年10月にロックアップが解除

仮想通貨FLOWの価格急落の懸念として、FLOWのロックアップ解除時が挙げられます。

ロックアップとは?
FLOWの大口保有者が一定期間取引所でFLOWの売買を行えなくなる仕組み

FLOWのロックアップ解除は2021年10月と2022年10月に予定されており、同時期にはある程度の価格急落が予想されるでしょう。
実際、2021年10月の解除期間には価格を大きく下落させました。

しかし、逆の見方で捉えると、同時期は仮想通貨FLOWにおける絶好の買い時とも捉えることができますね。

出典:CoinMarketCap

NFTやブロックチェーンゲームの普及

2021年に入り急激に知名度を増したNFTとブロックチェーンゲームですが、今後も知名度上昇は継続することが予想されます。

しかし、イーサリアムチェーンのガス高騰は小口投資家にとっては参入障壁となっていおり、ガス代がより安いチェーンの需要は必然的に高まります。

そのため、今後数年間の間ではイーサリアムに取って代わる、ガス代の安いFlowなどのブロックチェーン需要は増加していくでしょう。

↓2018~2020年のNFT市場規模推移↓

出典:Hedge Guide

日本発の仮想通貨企業と提携

DapperLabs社は日本進出に好意的な姿勢を見せており、すでにCoincheckなどの日系企業との提携関係を結んでいます。

\Dapper Labsと連携を開始🐈/
コインチェックは、世界初のブロックチェーンゲーム「 #CryptoKitties 」を提供する@dapperlabsとNFTプラットフォーム事業において連携を開始いたしました。https://t.co/7vgFm05TwD — Coincheck(コインチェック) (@coincheckjp) October 6, 2020

現状、日本国内で仮想通貨FLOWを取り扱う取引所は存在しませんが、今後国内取引所に新規上場する場合も十分考えられます。

そうなると、DapperLabs社と提携しているCoincheckが、FLOWを国内初上場させる可能が高いので、今のうちにCoincheckの口座を開設し最新情報を入手しましょう。Coincheck公式サイトを見てみる

国内取引所No.1ダウンロード数

CoinCheckの公式サイトはこちら

仮想通貨FLOW(フロウ)のチャート/価格予想 

2022年2月現在、FLOWは6~7.8ドル間での価格推移を展開しています。

2021年4月5日には最高値の43ドルを記録していますが、2023年までにはどこまで価格を伸ばすのでしょうか?

各専門メディアは以下のような価格予想を公開しています。

仮想通貨FLOW(フロウ)
2023~価格予想まとめ

各主要メディアともとも、2022年末には現在のおよそ2倍近くまで価格が上昇すると予想していますね。

最高価格に比べると低い価格予想ですが、価格が下がっている今、少量から買ってみてもいいかもしれません。

取扱通貨500種類以上!草コイン取引に最適!

Binanceの公式サイトはこちら

仮想通貨FLOW(フロウ)のステーキング方法

仮想通貨FLOWは誰でも参加可能のステーキングに対応しており、年利4%の不労所得を得ることが可能です。

銀行の普通預金が年利0.001%なので、FLOWのステーキング収入がどれだけ破格かわかりますね。

また、ステーキングを行う際は、こちらのCoinlist(コインリスト)を使用していきましょう。

Coinlistは、2021年10月に114億円の資金調達を成功させた、米国に拠点を置く大手仮想通貨取引所です。

FLOWステーキング方法
Coinlist(コインリスト)版
  • STEP1:Coinlist内で仮想通貨を購入
  • STEP2:ステーキング額とロック期間を選択
  • STEP3:STAKEを選択して完了

[参考:Coinlist Karma(コインリストカルマ)を増やす方法。スコアアップする秘訣は?]

仮想通貨FLOW(フロウ)が購入できる取引所/買い方

FLOWが購入できる取引所

バイナンス(Binance)

仮想通貨FLOWは国内取引所では直接購入できず、海外取引所でしか取り扱われていません。

日本人が利用できる&FLOWが購入できるおすすめの海外取引所はBinance(バイナンス)です。

CoinMarketCapによると、バイナンスはFLOWの取引量が世界でもっとも多い取引所になります

また、FLOW以外にも500種類以上の豊富な通貨が取引できるため、バイナンス一つで様々なコインへの投資を完結させることができます。

取扱通貨500種類以上!草コイン取引に最適!

Binanceの公式サイトはこちら

FLOWの買い方

仮想通貨FLOWの買い方
  • 国内取引所でBTC購入
  • 海外取引所へBTC送金
  • 海外取引所にてFLOWにコンバート

Binanceは海外取引所なので「国内取引所でBTC購入&海外取引所に送金」という手順が必要になります。

この際利用する国内取引所はCoincheckがおすすめです。
CoincheckはFlowと提携を結んでいることもあり、Flowに関する情報が最も入手しやすいというメリットがあります。

国内取引所No.1ダウンロード数

CoinCheckの公式サイトはこちら

仮想通貨FLOW(フロウ)まとめ

いかがでしたでしょうか、

以上が仮想通貨FLOW(フロウ)の基本的な概要から将来性や価格予想、ステーキング方法や買い方の解説になります。

将来的により多くの新規参入者が予想されるNFTやブロックチェーンゲーム。そして同分野に特化した開発プラットフォームである、Flowチェーンの需要は今後も増加していくでしょう。

今後の仮想通貨FLOWに注目です。

取扱通貨500種類以上!草コイン取引に最適!

Binanceの公式サイトはこちら

仮想通貨FLOWとは

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる