【2021年12月最新版】投資家が選ぶおすすめの海外取引所ランキングはコチラ

仮想通貨FXの追証なしなら海外取引所を使うべし!仕組みやおすすめを解説

「仮想通貨FXを追証なしで始めたい!」
「でも、どの海外取引所を選べばいいかわからない...」

そのような疑問を抱いている方は多いと思います。

仮想通貨FXを始めてみたいと思っても、仕組みがわからなくて最初の一歩を踏み出せない人も多いでしょう。

ですが、仮想通貨FXは基本的なルールと注意すべきポイントを把握しておけば、損せずに安全な取引を実現できます!

この記事では、仮想通貨FXの仕組みや追証なしで使える海外取引所について、初心者にもわかりやすく解説します。

この記事を読めば、追証なしで安全に仮想通貨FXの取引を始められるでしょう!

目次

そもそも仮想通貨FXとは?【現物比較】

仮想通貨FXとは?現物取引と比較
現物取引との違い
  • 少ない資金で大きな利益を狙える
  • 下落相場でも利益を狙える

仮想通貨FXとは、FXのようにレバレッジをかけて実際に預けている仮想通貨以上の金額で取引を行うことです。

「ビットコインFX」や「暗号資産FX」とも呼ばれています。

レバレッジとは、てこの作用を意味しており、少ない資金で大きな金額を動かせることを指します。

例えばレバレッジ100倍であれば、証拠金1万円で100万円分の仮想通貨を購入できます。

少ない資金で大きなリターンを狙えるメリットがある一方で、大きな損失を出すデメリットもあります。

そのため、レバレッジ取引は慎重に行う必要があります。

仮想通貨FXはレバレッジで稼げるだけでなく、価格が高いときに売ってあとで買い戻す取引(空売り)をすることも可能です。

空売りを活用すれば、下落相場の局面でも利益を狙えます。

仮想通貨FXと違い、仮想通貨の現物取引では手持ち資金以上の大きな取引はできません。

レバレッジ取引や空売りをできないことが、仮想通貨FXと大きく異なる点だと言えます。

仮想通貨FXにおける「追証」とは?

仮想通貨FXにおける追証とは?

追証のない仮想通貨FXは存在します!

追証がなければ、仮想通貨FXの取引で損失が出たとしても、借金を背負うリスクなしで安全な取引を楽しめます。

そもそも追証とはどういったものなのか、その仕組みについて解説します。

追証とは

追証とは?

追証(おいしょう)とは「追加保証金」の略称で、レバレッジ取引で手持ち資金以上の損失が出た場合に、追加で資金を入れる制度のことです。

簡単にいうと「借金」です。

ただし、含み損が一定水準まで膨らんできたときは、強制的にポジションが決済される「ロスカット」が執行されるため、実際に手持ち資金以上の損失が出ることは考えにくいです。

しかし、国内の取引所などの場合は、FX取引において追証あるの場合も多いです。

そのようなリスクを考えると、追証がない取引所を利用するのが得策です。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは?

仮想通貨FXの取引をするときは証拠金が必要です。

この証拠金に10倍、100倍といったレバレッジをかけて、大きな利益を狙います。

証拠金維持率とは、自身の取引に対する証拠金の割合のことです。

証拠金維持率が低くなるほど、自分の取引がうまくいっていないということになります。

証拠金維持率が一定割合以下になると強制ロスカットが発生し、損失が確定してしまうので注意が必要です。

なぜ海外取引所は追証なしを選択するのか

なぜ海外取引所は追証なし?

仮想通貨FXができる海外取引所の多くは、「追証なし」のゼロカットシステムを採用しています。

ゼロカットシステムがあれば、急な為替変動などで証拠金を超える損失が出ても取引所が負担してくれるため、ユーザーは借金を背負うことなく安全な取引を楽しめます。

ユーザーにとってはメリットの大きいシステムでも、取引所の目線で考えると、負債を補填するのはデメリットのように感じます。

しかし、取引所はデメリットよりも、追証なしを採用してユーザーが増えることで得られる収入的なメリットのほうを重視しているのです。

仮想通貨FXの取引はハイリスク・ハイリターンなので、ゼロカットシステムがないとユーザーは安心して取引できません。

取引所もユーザーに利用してもらわない限りは、レバレッジを高く設定する意味がなくなってしまいます。

そのような理由から、「追証なし」を採用しているのです。

仮想通貨FXを追証なしでできる海外取引所を2つ紹介

仮想通貨FXを追証なしでできる海外取引所

仮想通貨FXを追証なしでできるおすすめの海外取引所は、日本語に完全対応している「Bybit(バイビット)」と、取引高ランキング世界1位の「Binance」です。

各海外取引所のおすすめポイントを詳しく解説します。

Bybit

Bybit
Bybitを利用するメリット
  • 日本語に完全対応
  • 日本語対応のサポートがある
  • レバレッジを最大100倍までかけられる
  • 実質日本円で入金できる
  • ボーナスが付与されるキャンペーンが充実

Bybitは、シンガポールに拠点を置く仮想通貨FXがメインの海外仮想取引所です。

Bybitのメリットは日本人対応のサポートがあることでしょう。

24時間365日対応で、チャットの質問には60秒以内に答えてくれるなど、充実したサポート内容になっています。

日本語に完全対応している海外取引所は珍しいので、英語が苦手なトレーダーも安心です。

また、2020年8月から暗号資産購入機能が導入されたことにより、クレジットカードで購入できるようになりました。

クレジットカードを使えば、実質日本円で入金できます。

追証なしのゼロカットシステムを採用しているため、万一ロスカットになっても損失が証拠金を上回る心配はありません。

初心者も安心して利用できるおすすめの取引所です。

人気No.1!最大レバレッジ100倍!

公式サイトはコチラ

Binance

Binance
Binanceを利用するメリット
  • 取扱仮想通貨の数は350種類以上
  • 取引高ランキングは世界1位
  • 先物取引のレバレッジは最大125倍
  • 取引手数料が安い
  • サイト・アプリ・チャット機能は完全日本語対応

Binanceは業界トップクラスの仮想通貨銘柄を取り扱っている中国発の仮想通貨取引所です。

海外取引所のレバレッジの平均は50〜100倍が平均ですが、Binanceはの最大レバレッジは125倍と抜きん出ています。

ゼロカットシステムを採用しているため、入金額以上の損失が出る心配もありません。

Binanceの独自仮想通貨(BNB)を用いて手数料を支払うと、取引手数料は50%割引の0.05%になります。

クレジットカードとLINE Payを使って日本円で入金することも可能です。

ただし、日本円の入金は高い手数料がかかってしまうため、国内取引所で仮想通貨を購入してからBinanceに送金することをおすすめします。

通貨取扱500種以上!草コイン取引ならココ

Binanceの公式サイトはこちら

追証なしで使える海外取引所!注意点は?

追証なしで使える海外取引所の注意点

追証なしとはいえ、仮想通貨FXで海外取引所を利用するときはいくつか気をつけるべき点があります。

注意点を知らずに取引をすると大きな損失につながりかねません。

メリットだけでなく注意点もきちんと把握して、安全な取引を楽しみましょう。

証拠金のラインを決めておく

証拠金のラインを決めておく

海外取引所にはゼロカットシステムがあるため、ユーザーは損失分を支払う必要はありません。

しかし、証拠金はユーザーの損失になります。

許容できない金額を証拠金として入れてしまうと、その分はマイナスとなってしまいます。

仮想通貨FXにおいて注意すべきことは、為替FXよりも価格変動の度合いが大きいという点です。

安定性が低いため、一気にマイナスに転じることも珍しくありません。

まずは証拠金のラインを決めておきましょう。

証拠金は許容できる金額に留めておくのが無難です。

高すぎるレバレッジは危険!初心者は国内FXがおすすめ

高すぎるレバレッジは危険

高レバレッジを設定すれば大きな利益を狙えますが、その反面、大きな損失を被る可能性もあります。

ゼロカットシステムがあるため借金のリスクは減りますが、ハイリスク・ハイリターンの取引であることに変わりありません。

仮想通貨自体の値動きが激しいため、予想とは異なる方向に価格が動いたときは損失も膨らみやすくなります。

最初は少額かつ低レバレッジで取引を始めましょう!

国内は規制もあるため、レバレッジは最大でも25倍までとなっています。

そのため、レバレッジをかけすぎてしまう心配はありません。

まずは国内FXで取引に慣れるところから始めましょう。

海外取引所は日本円の入金ができない場合も多い

日本円の入金ができない

海外取引所は日本円を直接入金できないケースが多いです。

事前に国内取引所で仮想通貨を購入してから海外取引所へ送金する必要があります。

日本円を入金できる海外取引所もありますが、手数料などが高くついてしまいます。

余計な費用を支払う必要がないように、安い手数料で仮想通貨を購入できる国内取引所を利用しましょう。

ロスカットで強制決済される可能性はある

強制決済される可能性がある

海外取引所にはゼロカットシステムがあるとはいえ、絶対安全というわけではありません。

相場が極端に暴落した場合や、取引所が許容できないほど大きな負債が発生した場合は、ロスカットで強制決済される可能性があります。

借金のリスクが完全にゼロになるわけではないことは、心に留めておきましょう。

まとめ 海外仮想通貨FXの追証なし取引所について

今回は仮想通貨FXの追証なしの海外取引所について紹介しました。

海外取引所の多くは「追証なし」のゼロカットシステムを採用しています。

そのため、高いレバレッジを設定して取引しても多額の借金を背負ってしまうことはありません。

今回紹介した「Bybit」と「Binance」は日本語に完全対応しており、追証なしのゼロカットシステムを採用しているため、初心者も高レバレッジの取引を安全に楽しめます。

とはいえ、絶対安全というわけでもないので、初心者の方は少額かつ低レバレッジで取引を始めることをおすすめします。

海外仮想通貨FX取引を始める際の参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる