投資家が選ぶおすすめの海外取引所ランキングはコチラ

仮想通貨ApeCoin(APE)とは?特徴や今後の将来性おすすめの買い方を解説!

類人猿をモチーフとする仮想通貨「ApeCoin」が、2022年3月にBinanceなど複数の海外取引所に上場されたことで話題となっています。

「今話題のApeCoinだけれども、どんなコインなの?」

「ApeCoinの将来性はどうなの?」

この記事を読んでいる方はこのような疑問をお持ちのことでしょう。

そこで今回は、ApeCoinの特徴や将来性について徹底解説していこうと思います。

この記事をざっくりまとめると
  • ApeCoin(APE)は文化、ゲーム、経済活動に活かされるトークンとして利用されることを目的として開発されたコイン
  • NFTゲームや「TIME」のデジタル版購読費支払いに使えるなど様々な分野での活躍が期待できる
  • ApeCoin自体の価格も数年位渡って上昇していくことが見込まれており、少額保有しておいてもいい
  • ApeCoinを購入するならBinanceがおすすめ
binanceバナー

取扱通貨500種類以上!草コイン取引に最適!

Binanceの公式サイトはこちら

目次

ApeCoinとは?

出典:https://apecoin.com/
通貨名ApeCoin
ティッカーシンボルAPE
ローンチ2022年3月17日
現在の価格(2022年4月現在)¥1,420
時価総額(2022年4月現在)¥384,814,628,632
時価総額ランキング(2022年4月現在)39位
取扱取引所(2022年4月現在)BINANCE、Bybit、FTX、Gate.io
公式サイトhttps://apecoin.com/
SNSTwitter
出典:コインマーケットキャップ

ApeCoin(APE)は文化、ゲーム、経済活動に活かされるトークンとして利用されることを目的として開発されたコインです。人気NFTである「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」に関連する仮想通貨で、「ApeCoin DAO」という自立分散型組織が運営しています。

トークンの保有者は、DAOにおける「Ecosystem Fund」の運営を左右する投票権を取得します。ガバナンスを決める評議会はまだ開催されていませんが、ApeCoinは大きな注目の的となっています。

NFTゲームで使用できたり、米有名ニュースマガジン「TIME」のデジタル版購読がApeCoin支払いに対応していたりするなど、すでに利用できる媒体も複数存在しており、今後様々な分野で活用方法が広がっていくと予想できるでしょう。

ApeCoinの特徴

それでは、ApeCoinの特徴について見ていきましょう。ApeCoinの特徴は主に以下の3つがあげられます。

ApeCoinの特徴
  • Bored Ape Yacht Clubによって開発
  • BAYCの所有者にエアドロップされる
  • NFTゲームで使用できる

それぞれ順番に見ていきましょう。

ApeCoinの特徴①Bored Ape Yacht Clubによって開発

ApeCoinの特徴1つ目は、Bored Ape Yacht Club(BAYC)によって開発されたということです。

BAYCはプロフィール画像向けにデザインされた1万点のサルの画像のNFTコレクションとして有名なNFTです。友人4人の開発者チームによって制作がスタートし、プロジェクトの発起人であるGARGAMEL氏とGORDON GONER氏が2021年にNFTプロジェクトのブレインストーミングを開始しました。

BAYCは、プロフィール写真として利用できるアバターのようなもの作成し、独自のアルゴリズムプログラムによってランダムにレア要素などを組み込むなどユニークな画像を生成していきました。レア要素を取り入れたことでコレクターが注目したこともあって、BAYCは最初にリリースしたNFTが数日で完売するほどの人気でした。

徐々にBAYCをTwitterのプロフィール写真に利用する人も増え、類人猿のプロフィール写真はSNSで話題となりました。オークションにより価格が急騰し、現在ではBAYCはすぐに購入することが難しいNFTとなっています。

そんな話題のBAYCを運営するYuga Labsの動き次第で、ApeCoinの値動きも変わってくることが予想されます。

ApeCoinの特徴②BAYCの所有者にエアドロップされる

ApeCoinの特徴2つ目は、BAYCの所有者にエアドロップされるということです。

2022年3月17日にYuga LabsがApeCoinのエアドロップ(無料配布)を発表しました。ApeCoinの発行数、10億トークンの15%が2022年3月18日21時30分(日本時間)に、BAYC、MAYC、およびBored Ape Kennel ClubとBAYCまたはMAYCのNFTが一緒にウォレットに入っている保有者に配られています

また、発行数の62%はApeCoinコミュニティに分配され、8,000万APEはYuga Labsの創設者らに配布されることになり、最初の12ヶ月は配布なしで、その後の36ヶ月間では毎月2,222,222.22APEがアンロックされていくそうです。

ApeCoinがエアドロップしたことで、BAYCやMAYCの価格も合わせて高騰しています。

ApeCoinの特徴③NFTゲームで使用できる

ApeCoinの特徴3つ目は、NFTゲームで使用できるということです。

Benji Bananasというモバイルゲームでは、ゲーム内通貨の一種としてApeCoinが採用されています。

今後はNFTゲーム「Play-to-Eam」でもApeCoinが使用できるようになるということも発表されており、ApeCoinはNFTゲーム市場での注目度も高まっていくことが予想できます。

ApeCoinの今後は?価格・将来性について解説!

2022年4月現在、ApeCoinは9.54~15.49ドル間での価格推移を展開しています。

2022年3月18日には直近最高値16.47ドルを記録、2023年までにはどこまで価格を伸ばすのでしょうか?

各専門メディアは以下のような価格予想を公開しています。

ApeCoin2023~価格予想まとめ

各主要メディアとも数年間にかけて徐々に上昇していくと予想しています。
※予想は必ず当たるものではありませんので、最終的な投資判断は自分の判断で下すようにしましょう。

ApeCoinはもう既に世間から十分価値を認められているので、少量から買ってみてもいいかもしれませんね。

ApeCoinが購入できるおすすめ取引所はBinance

ApeCoin(APE)は日本の取引所に上場してないため、現状では海外取引所で入手する他ありません。複数の海外取引所でApeCoinが取り扱われていますが、中でも特におすすめの取引所はBinanceです

CoinMarketCapの24H取引高ランキングで圧倒的1位を誇る世界最大級の取引所で、取引量が多いので流動性が高く、スムーズに希望価格で取引をすることができます。

また、ユーザー数は1000万人を超えており、TwitterなどのSNSにも日本人ユーザーが多く見受けられます。海外取引所ではありますが日本語完全対応しているので、英語が苦手な方でも使いやすいです。ApeCoin(APE)を購入するならバイナンスを使ってみてはいかがでしょうか。

binanceバナー

取扱通貨500種類以上!草コイン取引に最適!

Binanceの公式サイトはこちら

ApeCoinに関するQ&A

ApeCoinの価値がゼロになることはある?

ApeCoinの価値がゼロになる可能性は極めて低いでしょう。、ApecoinはBAYCのDAOのガバナンストークンです。ApeCoinの価値がゼロになることがあれば、それはBAYC自体の終わりを意味します。NFT業界の最先端にいるBAYCが急に破綻するということは考えにくいです。

ApeCoinは日本の取引所で購入できる?

ApeCoinは日本の取引所で購入できません。Binanceなど海外取引所で購入するほか方法がありません。

ApeCoinの使い道は?

ApeCoinはBenji Bananasというモバイルゲームでのゲーム内通貨の一種として採用されています。他にも米有名ニュースマガジン「TIME」のデジタル版購読のApeCoin支払いに対応していたりするなど、すでに利用できる媒体も複数存在しており、今後様々な分野で活用方法が広がっていくと予想できるでしょう。

ApeCoinまとめ

この記事をざっくりまとめると
  • ApeCoin(APE)は文化、ゲーム、経済活動に活かされるトークンとして利用されることを目的として開発されたコイン
  • NFTゲームや「TIME」のデジタル版購読費支払いに使えるなど様々な分野での活躍が期待できる
  • ApeCoin自体の価格も数年位渡って上昇していくことが見込まれており、少額保有しておいてもいい
  • ApeCoinを購入するならBinanceがおすすめ
binanceバナー

取扱通貨500種類以上!草コイン取引に最適!

Binanceの公式サイトはこちら

いかがだったでしょうか?

今回は、話題沸騰中の仮想通貨ApeCoinの特徴や将来性について徹底解説していきました。

ApeCoinは今後、様々な分野での活躍が期待されています。価格も数年間で上昇していくと予想されており、今保有しておくのにもってこいの仮想通貨と言えるでしょう。

日本の取引所ではまだ上場されていないので、BigBossなど海外取引所で購入する必要があります。このサイトでは、仮想通貨や仮想通貨取引所についての情報を発信しているので、興味のある方ぜひ参考にしてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる